宅建業法からの勉強でスラスラと知識が入ってきました

性別女性
年代20代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア北海道
勉強時間800時間
勉強期間8ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問,模試
商品テキスト
受験回数初学者(1回目)
試験科目宅建業法,権利関係
学習スタイル独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私が宅建の試験を受けようと決めたのは2年前のことでした。仕事の関係で取らなければならなかったというわけでもなく、たまたま上司が資格を持っていて勧められたため。宅建の資格の内容や難易度について全く知識がなかった私は「独学でもいけるでしょ」といった軽い気持ちで本屋のテキストを買い勉強に取りかかりました。ところが、これまで法律関係などほとんど勉強をしたことがなかった私にとって物凄くとっつきにくいもので、頭に全く入ってこず、結局勉強することが嫌になり、非常に勿体無いですがせっかく申し込んだ宅建の試験を流してしまいました。その後、今年の3月に一念発起し、私の上司もフォーサイトで勉強して宅建の資格を取ったということだったので、私もフォーサイトで本気で合格を狙いに行こうと申し込みました。一番驚いたことが、本屋のテキストとは段違いの分かりやすさ。独学でやろうとしていた時はテキストの一番最初に載っている権利関係から勉強していたのですが、宅建業法から勉強しなさいといったような、窪田先生から教えられる勉強方法で取り組んでいると、前年のことが嘘のように頭にスラスラと知識が入ってきました。また、カラーのテキストは頭に画像として残りやすく、「あそこにこんなことが書いていたな」とすぐに思い出すことができました。授業を受けたらとにかく過去問を解きまくり、間違いがあればノートに書き、それを音読して頭に入れるという方法で勉強した結果、本番ではしっかりと実力を発揮することができました。宅建の資格を取られた方の中には、学校に通ったり模試を受けたりと多額の投資をして取られた方もいると思います。私はフォーサイトを始めてからはフォーサイトのみで一発合格することができました。お金をかけず、自分の武器となる資格を取ることができたことは本当にありがたいことです。宅建の資格を取った今、次はもう少しレベルの高い資格を取りたいという思いで、またフォーサイトの別講座を申し込みました。宅建を遥かに超えるボリュームの多さに驚いていますが、また資格を取れるよう勉強に励みます。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る