合格体験記 「悩まされるのを避けるため、「友人断ち」」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

悩まされるのを避けるため、「友人断ち」

( 女性 /  30代  / 無職 )

 以前から宅建に興味があり、本でフォーサイトの広告を見つけた時、「これだ!」と思い通信講座を申し込みました。


 教材は届いた翌日から、まず講義CDを昼と夕方に1枚ずつ、テキストを参照しながら1日2枚のペースで、全枚ひと通り聴いて、大体の学習の予定を立てました。

 時間はたくさんありましたけど、無理やり勉強するのではなく、根を詰めてしまわないよう大体決めた時間に学習し、あとは自由に普段通り過ごしました。昼は30分から1時間くらいで、夜は7時過ぎから8時40分まで学習し、精神面を保つために、毎週水曜日は学習を休みにしました。

 試験までの間、ケンカをしたり、愚痴を聴かされたり、悩まされるのを避けるためにも、友人とのつきあいも断ちました。

 4月から6月は、確認テストを提出する範囲ごとに学習し、6月の末には、全提出分が終わっていました。

 確認テスト前半は、範囲ごとにテキストを繰り返し黙読し、チェックテストを2回やり、演習問題を2問ずつ抜粋してやって、確認テスト、と繰り返しました。

 確認テスト後半は、範囲ごとにテキストを1、2回黙読し、チェックテストを1回やり、演習問題を1問ずつ抜粋してやり、確認テスト、と繰り返しました。まず、演習問題AとBの所だけ全冊やり、それから、演習問題CとDの所を全冊やりました。それが終わったら、間違えた問題だけをもう一度、ABから先にやって、CDをやりました。

 10月に入ってからも学習する時間はほとんど同じで、試験の1週間前から学習する時間を増やし、休みもなくしました。

 試験前の1週間は、届いた模擬試験とレジュメをやり、苦手な計算問題の練習をしました。

 試験当日にリラックスして試験に臨むために、試験の前日は昼と夕方に少しだけ学習し、夜はのんびりして過ごしました。

 最初から一発合格を目指していましたが、学習していくうちに、あまりの難しさに「無理かな」と思いましたけど、一発合格してしまいました。


 とても学習しやすい、いい教材にめぐりあえて本当に良かったです。大変お世話になりました。
 ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら