宅建の合格宣言をするとやる気がみなぎるという効果があります

宅建の合格宣言をするとやる気がみなぎるという効果があります

性別男性
年代50代
職業正社員(サラリーマン)
受験のきっかけは、住宅業界に出向となり専門知識の必要性を痛感したからです。フォーサイトに決めたのは、インターネットで講義の考え方、価格に惚れたからです。【モチベーションを持続するには】1.宅建試験合格宣言しました。2.先生の教えどおり自室の壁に合格証書に名前を記入し掲示。3.宅建合格と掲示。毎日、合格を信じこませる。4.スケジュールを作成。毎日(ページ数)、毎週(テキスト、問題集)毎月(分野別)で予定を入れていく。【スケジュールは】

4月教材到着



5日間で講義CDを聴きながらテキスト精読しました。内容全く不明。記憶力減退で読んでも覚えられない。



記憶術の方法を試みるが、記憶術の方法を覚える間に宅建試験が終わることに気づき、テキストの反復精読し問題集を解くことに集中。



全体をこまぎれでやるより、1冊のテキストを集中して1ヶ月やる。



6月は、業法、テキスト、問題集を1週間毎に反復。



7月は、法令上の制限、その他の法令を週毎に反復。



8月は、権利関係、週毎に反復。



9月は、週毎に各テキスト、問題集反復。



10月は、毎日各テキスト反復。



休日はほとんど図書館ですごしました。
【模擬試験は】他社を3回、フォーサイトの模試を受けました。会場での模試は、模試会場での気持ち、時間配分に役立つとおもいます。結果、本試験では時間の余裕は全くありませんでした。学生時代も含めて、短期間でこれだけ勉強したのは初めてでした。
受験のプロ(先生)を信じ、ひたすらフォーサイトのテキストをマスターすることに全力を傾注しました。他社の受験本が気になりましたが、まずフォーサイトのテキストをマスターしてからやれば良いと自分に言い聞かせました。結局、他社をやる余裕はありませんでした。いざ、合格証書に自分の名前が入っているのを目にすると、よく試験に合格できたなと不思議な感覚です。先生ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る