宅建1回目は2点、2回目は1点不足で落ちた私が合格できた理由

宅建1回目は2点、2回目は1点不足で落ちた私が合格できた理由

性別女性
試験年度2013年(25年度)
エリア東京都
勉強時間200時間
勉強期間3ヶ月間
受験回数3回目
3度目のチャレンジで無事合格することができました。

1回目と2回目は他社の通学講座に通っていましたが、1回目は2点、2回目は1点足らず不合格でした。さらに、昨年は妊娠・出産のため試験を受けられず、今年こそはと思い試験に臨みました。

子供がいるので今年は通学講座をあきらめて、通信講座の受講を決めました。どこにするか悩みましたが、リーズナブルで口コミの評判が良かったので、フォーサイトを選択しました。

DVDなら日中子供がいても勉強できるかと思い申し込んだのですが、結局全然集中できず、主人と子供が寝静まった夜12時から2時までを毎日勉強時間にあてました。

だいたい9月頃から本格的に勉強を始め、最後の方は間に合わないかと思い焦りましたが、直前対策・模擬試験も含め、なんとか一通り終わらせることができました。

前回、前々回はテキストを中心に暗記していましたが、結果が出なかったので、今回は反省も踏まえて繰り返し過去問を解くよう努めました。

今思えば、通学講座は受講するだけで勉強した気になってしまい、トータルの勉強時間、特に過去問への取組みが足りていなかったように思います。

あとは、定期的にフォーサイトから届くメールではっぱをかけられ、焦って勉強したのが結果的に合格につながったような気がします。

仕事もそうですが、誰かにはっぱをかけられないと、なかなか真剣に取り組めないものですね。

最近では時間をかけずに合格するような謳い文句の参考書が多いですが、先生にDVDの中で何度も何度も、なるべく時間をとってたくさん勉強するように言っていただいたのも良かったと思います。

私は法律を勉強したことがほとんどないため、本試験でも民法はボロボロでした。しかし、DVDの中で宅建業法を完璧にするようアドバイスをいただいていたので、それを信じて取り組んだ結果、3度目の正直で合格できました。

育児休暇中ではありますが、今後今の仕事を辞めざるを得ないことになったとしても、この資格を活かして次の仕事に就ければと思いますし、育児をしながらでも資格を取ることができ、自分自身に自信がつきました。

今年、産まれたばかりの子供がいても諦めずに勉強し合格できて本当に良かったです。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る