高校生の内に持っておきたい資格

将来のために高校生から資格を持っておきたい人もいるでしょう。実際に簿記やITパスポートなど、 高校生でも狙えるものがあります。こちらを取っておけば、若いうちから社会の役に立てるので注目です。学生時代に資格を持っておくことで、試験合格のような成功体験を覚えられます。

今回は将来の視野を広げたい高校生のために、おすすめの資格を4種類紹介します。簿記やITパスポートなどが挙げられるので、それぞれの特徴を知れば資格の計画に役立つでしょう。

高校生のうちに資格を取るメリット

高校生時代から資格を取っておくと、人生のアドバンテージを得られます。同級生のライバルに差をつけられるだけでなく、将来の視野が広がることがポイントです。

高卒から就職する場合は、有資格者が有利になります。

何よりも資格取得という成功体験が自信につながるでしょう。高校生から資格を取るメリットを以下にまとめました。

ライバルに差をつけられる

高校時代からの資格取得により、ライバルに差をつけられるのが大きいでしょう

高校の同級生は身近なライバルになるからです。しかし高校在籍中から資格を取ろうと考える人は限られているため、成功するだけでアドバンテージになります。

資格を持っていることで、クラスメートにはない強みを手に入れられるのが大きいでしょう。

人によっては大学や短大へ行かず、高卒から就職するケースもあります。就職時に資格を手に入れていれば、優位な人材とみなされるでしょう。

大学でも資格を持っていることで、学費や単位などを優遇してもらえる可能性があります。

このように高校生時代に資格を手に入れれば、将来の希望が見えてくるのです。

将来の視野が広がる

高校時代から資格を取れば、将来の視野を広げられます。資格取得によって知識を得るだけでなく、仕事にも生かせるからです。

勉強した知識のフル活用により、仕事をスムーズに進められるかもしれません。そうすれば働くことに生きがいを見出せます。

金銭面でも有資格者には将来性があります。たとえば給料をもらうときは、基本給に資格手当が追加されるケースに注目です。想定以上の収入で生活が充実する可能性があります。

以上から資格を取ることにより、高校時代から幅広いキャリアを想定できます。社会人になってからは、働きながら資格を取るのは苦労するでしょう。

勉強時間を取れる可能性がある高校生からのチャレンジが重要です。高校時代に資格試験で成果を出せば、将来の選択肢が広がるかもしれません。

高卒からの就職でもやる気を証明できる

高校生の時点で有資格者なら、就職の面接でもやる気を証明できます。資格試験を頑張って合格したという証明があるため、就職面接でも前向きに評価してもらえるのです。

資格勉強には忍耐が必要なので、仕事現場で役に立ちそうだと企業側が評価するかもしれません。

高卒から就職する方は、有資格者なら人材としてライバルに差をつけられます。若いうちから専門知識のある人材は、即戦力として見てもらえるからです。

大学以外にやりたいことがある場合は、まずはひとつ資格試験で素質を試してみませんか。

成功体験でアクティブになれる

資格合格という成功体験は、高校生にとっても重要です。高校生にとって資格試験合格は、普段の学校生活では味わえない特別な体験になります。

資格試験の合格というポジティブな体験により、将来に希望を見出しやすいのがポイントです。

前向きな考え方がストレスを減らすので、成功体験を積極的に得ましょう。良い体験の積み重ねは、将来の生きがいにつながります。

高校生にとっても、特別な成功体験が今後の人生を生きるモチベーションになります。

前向きな考えであるほど、頭も冴えて仕事に励みやすいでしょう。若いうちから基礎的な資格を手に入れれば、次の難しい資格を取るときの自信にもつながります。

このように資格取得という成功体験が、次のチャレンジに対するモチベーションを刺激するのです。

高校生から資格合格を目指すうえでの注意点

高校生から資格を狙ううえで、以下の2つの注意点を覚えてください。本来の学業をおろそかにしないことと、合格率が低すぎない資格を狙うことです。それぞれの詳細を解説します。

本来の学業をおろそかにしない

高校生から資格を取るなら、学業との両立を意識してください。資格試験に夢中になりすぎ、本来の学業の勉強がうまくいかないと意味がありません。

大学進学を考えているときは、とくに気をつけましょう。資格試験に夢中で高校の成績を落とすと、偏差値や大学の進路にネガティブな影響を与えます。

学業に影響を与えない範囲で、資格勉強ができるかを考えてください。

本来の学校生活と資格試験の両立が大切です。高校生は仕事をしない代わりに、宿題やテスト勉強、大学受験勉強などがあります。

全体的な生活スケジュールを考えながら、資格取得を目指すかを決めてください。

合格率が低すぎない資格を狙う

高校生から資格取得の成功体験を得るには、合格率に気をつけてください。合格率相場が1ケタのような難しい試験は、高校生には向かないからです。

たとえば2021年度の社会保険労務士の合格率は7.9%です。難しい資格は、合格に必要な勉強時間も長い傾向があります。

とくに社会保険労務士のような合格率1ケタの資格は難関なので、勉強量も多くなるでしょう。高校生が挑もうとしても、学業との両立が難しいといえます。

一方で2021年11月の日商簿記3級の合格率は27.1%でした。このような資格は、丁寧に勉強すれば初学者でも合格する可能性があります。

20%以上の合格率を示す資格なら、高校生にもチャンスがあるでしょう。このように合格率が高めの資格試験で成功体験を狙うことが重要です。

高校生でも取れる資格試験のおすすめ4選

高校生でも取れる資格のうち、とくにおすすめな4種類を挙げます。合格率とともに確かめてください。

資格 合格率 出典
簿記 1級:10.2%
2級:30.6%
3級:27.1%
(2021年11月)
商工会議所の検定試験
ITパスポート 52.7%(2022年1月度) ITパスポート試験 試験結果
危険物取扱者乙種4類 36.1%(2021年4月~11月) 消防試験研究センター
基本情報技術者試験 41.6%(2021年度春期) 情報処理推進機構

簿記は2級と3級が高校生にとって狙い目です。ほかもまとまった合格率なので、若いうちから取っておくと生活の役に立ちます。上記4資格の詳細を以下で確かめてください。

簿記

正式名称 日商簿記検定
資格種類 公的資格
分野 会計・財務
認定団体 日本商工会議所,各地商工会議所
試験形式 筆記
受験資格 学歴・年齢・性別・国籍に関係なく受験可能
試験日 簿記2・3級:2月・6月・11月の年3回
受験料 簿記3級:2,850円
簿記2級:4,720円
簿記1級:7,850円
受験者数(2021年2月) 1級 6,351人
2級 35,898人
3級 59,747人
合格者数(2021年2月) 1級 502人
2級 3,091人
3級 40,129人
合格率(2021年2月) 1級 7.9%
2級 8.6%
3級 67.2%
フォーサイト合格率(2021年2月) 69.7%
偏差値 2級:58
3級:47
簿記の詳細情報

簿記は事業者の帳簿作成や管理に重要な資格です。帳簿とはお金の流れを記録した台帳や帳面を意味します。

経理で作られる会計簿が代表例です。事業ではお金が出たり入ったりした事実だけでなく、理由や目的もそのたびにつけなければいけません。

取引内容だけでなく、取引先や日時、財産の増減状況などを詳細に記すのが通例です。お金が動いた証拠を証明するために、ここまで記録しなければなりません。そうでなければ経費や収益の事実を証明できないからです。

簿記資格は、企業の運営状況をはっきりさせる意味で大切な役割を果たします。会社の経営状態がわからないと、健全な運営はできません。お金の出どころや行方がわからないようないい加減な経営は、事業者の信頼にかかわるでしょう。

事業者は忙しくて経理の時間を取れない場合もあるため、簿記の有資格者が担当してくれることが重要です。経理担当者のサポートによって、事業者は本来の仕事に集中できます。以上から簿記の有資格者は社会的な使命感を得られ、需要も高まっているのです。

事業者には資金の流れのチェックや、帳簿の内容を株主および税務署に公表することがあります。そのための必要書類を簿記の有資格者に任せる人がいるのです。事業者から見れば、簿記資格があれば一定の知識とコンプライアンスがあると評価できるので、安心して仕事をまかせられます。

確定申告時も、経理担当からデータを受け取り、それをもとに納税を済ませればよいのです。簿記の有資格者が経理担当になれば、資格試験で得た知識をもとに、仕事をスムーズに進められます。ほかの部門の方との連携も取れるでしょう。こうした意味でも、簿記資格の社会的な存在意義は大きいといえます。

簿記がおすすめの理由

簿記資格がおすすめなのは、社会的な需要の高さです。ほかにも企業の経理部門で重要な役割をまかせてもらえるので、使命感を覚えられるのが大きいでしょう。会計業務を担当する人材として、就職戦線でも役に立ちます。以下で簿記資格の重要性を確かめてください。

簿記資格は社会的な需要が高い点でおすすめです。そのため資格といえば最初にこちらを目指す方もいます。どの仕事にもお金の計算は必要で、うまくいけば社会の役に立てるからです。以上から経理や事務をしたい方を中心に、簿記資格を取りにいく方がいます。

事業者にとっても自分が忙しいときは、簿記の有資格者に帳簿作成を任せたいのです。有資格者に帳簿をまかせることで、本業に専念できます。このように事業全体の流れをスムーズにするために、簿記の有資格者が重要視されているのです。

経理で気をつけたいのが使途不明金です。これは支出や収益の事実だけが記録されていながら、お金の使い道がわからないものを意味します。事業者は使途不明金を経費にできず、余分な額を納税することになるのです。お金の出どころや支払先、その目的などをはっきりするのも簿記の役目といえます。

簿記資格は、企業の経理部門で重要な役割を担えることでもおすすめです。経理担当者は、企業活動で起きた収入や支出の情報をまとめます。100円でもお金が動いたときは、その事実を帳簿に記さなければなりません。

経理の仕事には、日常業務、月次業務、年次業務があります。日常業務は売上や交通費、支出など、基本的な企業活動で起きたお金の管理です。

月次業務は売掛金と買掛金の管理や、給与計算を進めます。月々の請求や支払データの把握が重要です。年次業務では1年間の収益状況をまとめた決算書を作ります。決算日の2ヵ月前、株主総会をするなら3ヵ月前までには集計を終えなければなりません。

簿記がおすすめな理由の最後は、就職に役立つことです。どんな仕事も経理や会計が大事なので、人材として重宝される可能性があります。

資格試験の出題範囲も、経理の仕事で大切なことが中心です。3級よりも2級に合格すれば、高卒段階でも経理関係への就職で有利になれます。

簿記の勉強によってお金の動き方がわかるのがポイントです。資格試験の体験から、お金の大切さや、それを扱う仕事の重要性がわかります。

簿記資格に興味を持てば、社会のしくみを知るチャンスです。

簿記の資格を持った経理担当者には、財務状況を把握するという大切な役割があります。地味なイメージに感じる方もいますが、実際は事業を支えるうえで大切なポジションです。

高校生からアルバイトで経理の仕事に関わるなら、簿記資格があった方が有利になれます。

簿記のメリット

簿記のメリットは、勉強によって労働現場におけるお金の流れがわかることです。資格取得によってスキルを生かし、業務改善のヒントまで見出せるかもしれません。

有能なところをアピールすれば、勤務先の事業者にとっても、取引相手から信頼を得やすくなります。簿記のメリットを以下で確かめてください。

最初のメリットは簿記の勉強により、労働現場におけるお金の流れがわかることです。お金の流れがわかれば、実務やビジネスをスムーズに進められます。事業内の資金やその動きを明確にすれば、経営を助けられるのです。

簿記の学習により賃借対照表や損益計算書もわかる点が見逃せません。賃借対照表は財務状況をまとめたデータで、資産や資本、負債などを把握します。

一方で損益計算書は会計期間中の利益と支出を示すものです。これらの扱いがわかれば、経理の基礎を押さえられます。

次のメリットは簿記のスキルを生かすことで、業務改善のヒントがわかる可能性です。

高校生でもアルバイトで経理を担当していれば、資金情報の整理でビジネスを助けられます。情報整理の結果として、事業者が次の業務のために何ができるかを見つけられるかもしれないのです。

簿記の有資格者が務める経理とは、お金の流れを把握するものです。データを整理すれば、余分な支払いに気づく可能性もあります。ここから事業者が支出を改善すべき点に気づくかもしれません。

以上から事業では経理のスキルも重要視されます。その意味で高校生から簿記資格を取る意味は大きいでしょう。

最後のメリットは、本人だけでなく勤務先自体の信頼性を上げられる可能性です。簿記の有資格者として有能なところを見せれば、勤務先の取引相手も信頼してくれるでしょう。

取引相手は、お金の管理がいい加減なところは信用しません。そうした意味で簿記の有資格者による経理マネジメントは重要です。

企業の信頼性を確保するには、経理の役割が大切です。簿記の有資格者は会計の専門知識があるため、信頼できる企業を支えられます。以上から簿記資格を取れば、自身のステータスアップだけでなく、企業や社会を支える一員として使命感を覚えられるのです。

ITパスポート

正式名称 ITパスポート
資格種類 国家資格
分野 IT
認定団体 経済産業省
試験形式 四肢択一式
受験資格 特になし
試験日 随時
受験料 5,700円
受験者数(令和3年度) 211,145人
合格者数(令和3年度) 111,241人
合格率(令和3年度) 52.7%
フォーサイト合格率(令和3年度) 88.1%
偏差値 45
ITパスポート検定について詳しくはこちら

ITパスポートは、ITの基礎知識を証明する資格です。

世界的にインターネットが普及しているため、資格として重要と見る方が多いでしょう。インターネットを学ぶ第一歩としても注目してください。

ITと関係のない仕事でも、インターネットを使うことが多くなりました。近年はデジタル化を通して消費者や従業員の生活を変えるDX化も進んでいます。

そうした意味でITパスポートの社会的意義は大きくなっているでしょう。

インターネットの技術は年々進化しているので、多くの仕事現場でITへの対応力が求められます。

IT技術を使いこなせないと人材として評価してもらえない可能性があるのです。

そうした意味でも、高校生からITパスポート資格を取得すれば、社会的なアドバンテージになります。

ITパスポートはIT志望者に限らず、あらゆる人の役に立ちます。ITの基礎知識を使いこなして、デジタル化に対応できるからです。

パソコンやスマートフォン、タブレットの複雑な機能や、ソフトウェアの活用に有用でしょう。

ほかのIT関連の資格を学ぶ足がかりとしても、ITパスポートは役に立つでしょう。

とくにエンジニアを目指す人にとっては、重要な知識が多いといえます。IT業界で本格的に活躍したい方にとっても、足がかりになるでしょう。

高卒直後は異業種でも、あとからIT系に転職するかもしれません。経験の少なさを資格試験で得た知識でカバーできます。

未経験者を募集した求人に採用される為にも、ITパスポートが役に立つかもしれません。

ITパスポートはテクノロジー系の基本的な資格ですが、取得によって異業種でも生きる可能性があります。

ITパスポートがおすすめの理由

ITパスポートがおすすめな理由は、テクノロジーの基礎知識を得られることです。パソコンやスマートフォン、タブレットなどのコンプライアンスを守るためにも有用でしょう。

ほかにもAIやIoTといったデジタル技術への適応力が上がる点も見逃せません。

IT企業以外なら、ITパスポート資格によるプラス評価にも注目です。それぞれの重要性を以下で確かめてください。

ITパスポートがおすすめな理由のひとつに、テクノロジーの基礎知識を学べるが挙げられます。

近年はIT系ではない職場でもテクノロジーを使うため、器用に使いこなせる人材が注目を受ける状況です。ITパスポートがあれば、ある程度機械に強い人と認識され、テクノロジー系の仕事をまかせてもらえるでしょう。

ITパスポートがおすすめな2つ目の理由は、デジタル技術の使い方だけでなく、悪用やミスを防ぐためのコンプライアンスも学べることです。

現場ではネット悪用を未然に防ぐため、セキュリティを設定したりコンプライアンスを呼びかけたりできます。自分がうっかり法令を犯さないための対策にもつながるでしょう。

3つ目のおすすめな理由は、AIやIoT、ビッグデータへの適応ができることです。

近年はそうしたデジタルシステムの活用例が見られるため、対応できる人材は重宝されるでしょう。

ITパスポート試験も2019年から改定を受け、AIやIoT、ビッグデータが題材として取り入れられています。

合格すれば、こうした技術への対応スキルを証明可能です。このように新しい文明に強いことをアピールできるのが、ITパスポートの魅力でもあります。

少なくともIT以外の職種なら、AIやビッグデータの基礎知識を生かし、機械に弱い従業員を助けられるかもしれません。

最後の理由は、人材としての評価が上がる可能性です。現代社会ではどこにもインターネットがあるので、IT企業以外でも人材として高く評価してもらえます。

最近では金融や流通、電力、農業などでもIT技術が取り入れられているので、こうしたところでITパスポートの資格が生きてくるでしょう。

ITパスポートのおかげで、テクノロジーを取り入れたビジネスモデルに対応できる可能性があります。

経験を積めば、テクノロジーを使った新しい生産方法や働き方の提案もできるかもしれません。ITパスポートをきっかけとして、キャリアメイクの可能性を広げられるでしょう。

ITパスポートのメリット

ITパスポートのメリットは、機械に強くなれることです。とくにIT企業以外では、機械に強いことがアドバンテージになるかもしれません。

また大学や専門学校に進学すると、ITパスポート保有によって学費の一部免除があるように、優遇制度を受けられる可能性もあります。

以下でメリットを確かめましょう。

最初のメリットはITパスポートのおかげで、機械が得意になる可能性です。ITの幅広い知識を手に入れられる点に注目してください。

ITパスポートで基礎知識を鍛えられれば、機械が得意になるでしょう。

またITパスポート取得をきっかけにほかの資格への関心が高まることもあります。

IT系の資格を複数取っていれば、それだけ知識ある人材とみなしてもらえます。優秀な人材になる準備として、高校生からITパスポート資格を狙うのも選択肢です。

ITの基本的な知識を覚えれば、パソコンやタブレットを使う仕事ならどこでも役に立つかもしれません。

ITパスポートの2つ目のメリットは、ほかの資格への足がかりになる可能性です。

基本情報技術者試験のような、上位資格取得のきっかけとしても役に立つでしょう。

IT系にもさまざまな資格があります。エンジニアやプログラマーの道を選ぶ方は、基礎知識を固めるうえでITパスポートから入ってみませんか。

とくにIT企業以外では、ITパスポートを持っているだけでオリジナルの強みとしてアピールできます。

これは国家資格なので、機械に強い証明に使いやすいのです。民間資格よりも国家資格の方が価値が高いと判断されやすいといえます。

3つ目のメリットは、就職で有利になれる点です。ITの求人によっては、未経験者歓迎もありますが、そのときにITパスポートの資格を証明できれば面接で有利になれます。

高校生の段階から有資格者なら、即戦力としての信頼性につながるのです。

最後のメリットは、大学で得する可能性になります。大学や専門学校によってはITパスポートの資格のおかげで学費の一部免除があるからです。

学費免除により、家計にも好影響でしょう。さらに入試優遇制度や単位認定制度を受けられる可能性も見られます。学校によっては推薦入試で有利になれるケースもあるでしょう。

このようにITパスポートを手に入れるだけでも、キャリアの可能性が広がります。

危険物取扱者乙種4類

正式名称 危険物取扱者乙種4類
資格種類 国家資格
分野 工業
認定団体 都道府県知事
試験形式 マークシート
受験資格 特になし
試験日 随時
受験料 4,500円
受験者数(令和2年度) 30,305人
合格者数(令和2年度) 12,629人
合格率(令和2年度) 41.7%
偏差値 45
危険物取扱者について詳しくはこちら

危険物を取り扱える資格のひとつです。具体的には引火の危険がある液体を扱えます。

消防法によって危険物は定められているのが特徴です。第1類~第6類まであり、甲・乙・丙によっても扱える危険物の範囲が決まっています。

たとえば甲種は第1類~第6類まですべての危険物が対象です。それについての定期点検や保安監督も可能と、万能の資格になります。

乙種は第1類~第6類のうち、合格した類だけを扱えます。こちらでも定期点検や保安監督もできるしくみです。

丙種は第4類のうち特定の危険物だけを扱えて、定期点検はできるが保安監督はできません。

そのため甲種や乙種よりも扱える範囲が狭いといえます。

そのなかでおすすめなのが、乙種4類です。こちらではガソリンや灯油など対象が身近なので、需要が高いといえます。

甲種と乙種ではセルフガソリンスタンドなどの営業の立ち合いが可能です。

以上を踏まえたうえで、危険物取扱者の資格を取るべきかを考えてください。

危険物取扱者乙種4類がおすすめの理由

危険物取扱者乙種4類がおすすめなのは、扱うものが身近だからです。一方で対応業種がガソリンスタンドや発電所など幅広いのも見逃せません。

さらに危険物系の資格としては、おしゃれ志向のある女性にも向いています。おすすめの理由を以下で確かめましょう。

資格に対応した業務内容が身近である点で、危険物取扱者乙種4類はおすすめです。

ここでの対象はガソリンやアルコールなどになります。高校生のアルバイトでも扱うことがある種類が含まれているので、有資格者になれば若いうちから役に立つでしょう。

乙種4類の資格がおすすめなのは、ガソリンスタンドや化学会社など、誰もが利用していたり、商品を買ったりしている場所で役に立つからです。

資格のおかげで、そうした機関で正社員として働ける可能性もあります。キャリアメイクの観点からも、危険物取扱者の資格は見逃せません。

2つ目におすすめな理由は、対応業種の幅広さです。ガソリンスタンドや発電所、電気工事などさまざまところで危険物が扱われます。以上から男性に役立つ資格でしょう。

たとえばガソリンスタンドは政令により、屋外給油取扱所に決まっています。

この場合は危険物取扱者の設置義務があるため、関連機関から求人が出やすいのです。正社員として就職するだけでなく、アルバイトとして求人を探すときの参考にもなります。

化学知識の証明により、重要な仕事ができる可能性としても注目してください。知識のフル活用により、社会的なやりがいも見出せるでしょう。

事故を防ぎながら仕事をスムーズに進められる人材として、重要視されるかもしれません。

また危険物取扱者乙種4類は、女性にもおすすめです。調味料や化粧品を作るのに使うアルコールも、危険物取扱者乙種4類で扱えます。

料理や化粧が好きな方も、危険物取扱者の資格を役立てるチャンスです。

女性中心の職場でも、化粧品を作るのに石油系成分を使うことがあります。以上から危険物の有資格者の需要が期待できます。職場によってはそうした資格がないとできない仕事もあるでしょう。

以上から男性と女性問わず、危険物取扱者乙種4類は、社会的な使命感を覚えられる点でおすすめです。

ガソリンやアルコールのように、資格取得で扱える対象が身近なのが大きいでしょう。

危険物取扱者乙種4類のメリット

危険物取扱者乙種4類には、さまざまなメリットがあります。資格取得により、幅広い業種に対応できる点が大きいでしょう。

ほかにも国家資格として資格手当の可能性に期待してください。危険物取扱者資格を条件とする求人もあるため、キャリアメイクをしやすいのもポイントです。

資格取得によるメリットを以下にまとめました。

危険物取扱者乙種4類の資格を持っているだけで、対応できる業種が幅広いのが最初のメリットです。

高卒から就職する場合、この資格を持っているだけで人材として高く評価してもらえる可能性があります。

たとえばガソリンスタンドや石油会社、自動車整備工場、研究所、消防士など危険物を扱う職場は多数です。

ガソリンや化学薬品を扱う機関が多様化しているため、そうした場所で活躍したい方には危険物取扱者の資格がおすすめといえます。

2つ目のメリットは資格手当です。国家資格なので化学メーカーのように資格手当が出るケースもあります。資格手当が出れば、年収アップにつながるでしょう。

資格手当を得られれば、社会的ステータスの高さを実感できます。国家資格のおかげで、人材として重要視されるからです。そのため危険物取扱者資格も高校生から取っておけば社会的なアドバンテージになります。

資格手当のおかげで生涯年収を上げられるからです。

3つ目のメリットはキャリアメイクで優位になれる点です。就職先によっては危険物取扱者の資格を条件としたり、優遇したりすることがあります。

危険物取扱者資格のおかげで、そうした事情にも対応可能です。国が認めているという前向きなイメージから、人材として大切にしてもらえる可能性があります。

事業者から見れば危険物を扱う場合、事故のリスクを最小限に抑えなければいけません。そのため求人を出すときに危険物取扱者の資格を要件とすることがあります。

有資格者なら条件を満たすため、幅広い求人に応募できます。

危険物取扱者乙種4類は、幅広い業種の求人に対応できます。ガソリンやアルコールといった身近な可燃性のものを扱えるという性質があるからです。

基本情報技術者試験

正式名称 基本情報技術者試験(FE)
資格種類 国家資格
分野 情報
認定団体 独立行政法人情報処理推進機構
試験形式 CBT(Computer Based Testing)方式
受験資格 特になし
試験日 5月(上期試験)
10月(下期試験)
受験料 5,700円
受験者数(令和2年度上期) 32,549人
合格者数(令和2年度上期) 13,544人
合格率 41.60%
偏差値 48
基本情報技術者試験の詳細情報

基本情報技術者試験は、ITエンジニアとして必要な基礎スキルを証明する試験です。基本的知識を備えるだけでなく、実践的な応用能力も求められます。

高校生のときから本格的にITで活躍したいと思っているなら、こちらを受けてみましょう。

情報処理推進機構によると基本情報技術者試験では、IT業務に応じた予測や分析、ソフトウェア開発の能力が求められます。

ITパスポートとは違い、エンジニア志望者向けにやや本格的な知識が問われるしくみです。情報処理技術を使いこなすだけでなく、実際にプログラミングを扱える能力まで重要視されています。

ITパスポートはエンジニア以外でも対応できますが、基本情報技術者試験はエンジニアを目指すためのスキルに特化しているのがポイントです。

ソフトウェアの設計や開発能力を求められているためです。以上からエンジニアを本気で目指す覚悟がなければ、合格が難しいかもしれません。

以上から基本情報技術者試験は、ITエンジニアとして役に立つ資格の登竜門にもなります。この試験は、自身のIT適正を試すきっかけにもなるでしょう。

そうした意味では、テクノロジーへの適性を測る機会としても注目してください。

基本情報技術者試験は、将来IT業界で活躍したい高校生におすすめです。大学入試優遇や単位認定などを受けられるケースもあるからです。

高卒で就職しなくても、大学への進学でアドバンテージを得られるかもしれません。

ITパスポートと同様に、高校生から資格を取っても価値が高いといえます。社会人になってさらなる資格がほしくなったときにも有利です。

基礎知識が備わっているので、ほかの資格勉強も比較的はかどる可能性に注目してください。

以上から若いうちに基本情報技術者試験に合格すれば、IT業界での視野が広がるでしょう。

基本情報技術者試験がおすすめの理由

基本情報技術者試験がおすすめなのは、ITパスポートよりもIT業界での就職に有利だからです。

国家資格なので資格手当をもらえる場合もあります。エンジニアとしての基礎知識を整えられる点にも注目です。以下で詳細なメリットを見ていきましょう。

基本情報技術者がおすすめである最初の理由は、IT業界での就職で役に立つことです。

ITパスポートより合格率が低いぶん、同じIT系でも難易度の高い方が資格として重要視されます。

しかし合格率は2021年度春季で41.6%です。高校生からチャレンジに成功すれば、IT業界でのキャリア形成につながるでしょう。

ITエンジニアとしての基礎知識の証明ができるため、未経験者のなかでは優位に立てます。

以上から仕事で即戦力となる可能性があるのです。高校生のうちから基本情報技術者の資格があれば、アルバイトやインターンでも役に立つでしょう。

2つ目におすすめの理由は資格手当です。基本情報技術者試験は国家資格なので、資格手当をもらえる場合があります。

高卒でも資格手当をもらえれば、年収の上昇を期待できます。大卒での就職でもIT業界への関心の高さを買ってもらえるかもしれません。

資格手当のおかげでほかの人より多くの年収をもらえれば、やりがいを感じられます。低賃金をきっかけに仕事を辞めてしまう人もいるでしょう。

しかし特別な手当てがあればやりがいを感じたり、理想の生活に近づけたりします。

最後のおすすめポイントは、エンジニアに必要な知識や心がまえを学べることです。基本情報技術者試験は、ITパスポートよりも難易度が高いといえます。

そのぶんITパスポートしか保有していない方より、豊富な知識を備えられるチャンスです。

充実したIT知識のおかげで、問題解決が早くなるかもしれません。機械に慣れないほかの従業員の手助けができる可能性に注目です。以上から基本情報技術者の知識は、自身や勤務先を助けます。

基本情報技術者試験のメリット

基本情報技術者のメリットは、ITパスポートよりも社会的ステータスを高められることです。エンジニアとしての基礎スキルを身につけられることも見逃せません。

近年は小学校でプログラミングが必修化される影響もあり、社会的にも基本情報技術者資格の需要が高まることが想定されます。

また資格手当による金銭的なアドバンテージもメリットになるでしょう。以下で詳細を記します。

最初のメリットは社会的なステータスです。基本情報技術者はITパスポートの上位資格なので、高校生のときに取得すれば社会的に優位に立てます。

とくに未経験者の求人に応募するときは、面接で注目してもらえるでしょう。

ITパスポートしか持っていないよりも、基本情報技術者の資格を持っていた方が就職でも有利です。

高校生からの取得によりやる気を評価してもらえる可能性があります。パソコンを使った仕事に興味があれば、基本情報技術者試験へのチャレンジできっかけをつかめるでしょう。

2つ目のメリットはスキルの向上です。ITパスポートより専門性が高いので、エンジニアに必要な基礎スキルを身につけられます。

ITパスポートはITの基礎知識を求めるだけで、テクノロジー以外の仕事を志す方でも取れるのが特徴です。

しかし基本情報技術者試験は、エンジニアとしての基礎知識を求めます。ITのプロとしての第一歩を踏み出すうえで、重要な資格です。資格取得をきっかけに、エンジニアの仕事を任せてもらえる可能性が生まれます。

とくに近年は小学校で必修化されるほどプログラミングの需要が高いので、基本情報技術者資格の重要性も上がっています。

小学校でもIT技術が積極的に取り入れられたことで、プログラミングをはじめとしたIT系の仕事の多様化が想定されるのです。

こうした社会的背景から、基本情報技術者の重要性も上がるかもしれません。

3つ目のメリットは、収入を上げられる可能性です。資格手当のおかげで自分へのごほうびを買いやすくなります。

基本情報技術者はITパスポートと同じ国家試験ですが、前者の方が価値が高いので、優遇されやすいでしょう。

知識が収入に結びつけば、やりがいを感じられます。基本情報技術者資格のおかげで、エンジニアとしてのキャリア初期が有意義になるかもしれません。

まとめ

高校生におすすめの資格として、簿記やITパスポートなどがあります。どれもまとまった合格率なので、高校生から狙いやすいでしょう。

資格取得の成功体験を若いうちからすればモチベーションが上がり、将来のキャリア形成にも役立ちます。

国家資格なら資格手当も期待できるので、若いうちからの取得を考えてみてください。

資格に興味がある高校生は、学業との両立に気をつけながらチャレンジしてはいかがですか。同級生がしないような挑戦に成功すれば、大人になったときの自信につながります。