宅建合格のため500時間の目標設定。先生を信じてよかった!

性別男性
年代50代
試験年度2018年(30年度)
エリア京都府
勉強時間800時間
勉強期間9ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,問題集
受験回数初学者(1回目)
試験科目法令上の制限
学習スタイル通信講座
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
まずは、フォーサイトの社長様、窪先生、関係者の皆様に感謝致します。フォーサイトの通信講座を受講して良かったと思います。53歳にして初めての受験でしたので、不安がある中、フォーサイトを信じて、窪先生を信じて、フォーサイトの教えの通り、学習を続けました。

最初は全く知識がなかったので、兎に角一生懸命熟読し、ノートに書き写し(ノートは10冊使いました)、繰り返し学習しました。最初の頃の確認テストは間違いだらけで、冷や汗を何度も書きながらも、めげることなく頑張ることができました。

①テキストの熟読・書き写し、②DVD講義の受講、③過去問の実施を繰り返し繰り返し続けることで確実に実力が付いたと思います。宅建の合格には320時間程度の学習が必要であるとインターネットで確認しましたが、初めてのため不安があったので、人の1.5倍の500時間学習することを目標に2月から学習を始めました(月平均60時間をノルマとしました)。

2月、3月、はがむしゃらに上記ルーティンを繰り返しました。3か月必死に努力し続けた結果、5月のゴールデンウィークが終わるころには、合格できるという自信が芽生えました。そのころから、確認テストや過去問の結果は飛躍的に向上したと思います。6月は天狗になってしまい、少し中だるみしたのですが、これではいけないと思い、7月初旬には窪先生の目標設定通り、40点以上取って余裕で合格するという目標を立てました。

その甲斐もあり、7月が終わるころには、合格に確信が持てるようになりました。8月からは実践力を高める必要があると思い、平成29年度から平成17年度までの過去のテストを、試験日の時間通り13時開始で行いました。結果は各年で多少上下するものの平均45点でした。この結果は過去問を何度も解きましたので、回答を覚えてしまっていることに起因すると思い、市販の直前問題集・模擬試験を買い込み(計7冊、24回分のテスト)、解答にチャレンジしました。癖のある問題が多くありましたので、3回は基準点に達しない結果となってしまい、少し自信を無くす期間もありました(8月下旬)。

しかし、フォーサイトを信じて、奮起し続けました。9月から10月にかけては、もう一度過去の試験を解答し、解答の精度を高めてゆきました。9月以降は明日が試験日でも構わない、早く試験日が来てほしいという気持ちで日々を過ごしました。

結果は43点でした。詳細は業法19点、法令上の制限7点、その他の法令7点、民法10点。業法・法令上・その他法令でイージーミスをしてしまい、勿体ない3点を失いました。集中しておれば46点は確実に取れていたので、受験後猛省しました。

昨日の合格発表では嬉しいというよりもフォーサイトさん、窪先生に感謝の気持ちが先にたちました。本当にありがとうございました。フォーサイトに出会えたご縁および幸運に感謝いたします。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る