2015年(平成27年)宅建の「過去問」‐第49問(その他の法令)

⼟⽇祝もOK!受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883 (受付時間 11:00〜19:00)
平成27年度 問題一覧へ
平成27年

その他の法令 > 土地及び建物 > 土地

難易度
解答時間
1.5
Q49

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどである。
臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要である。
台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して安全である。
都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要がある。

ヒント

土地の性質を問う問題です。一般知識ではありますが、考えればわかる問題も多いので諦めずに挑戦しましょう。
選択肢 1 × 適当
解説
我が国の低地は、ここ数千年の間に形成され、湿地や旧河道であった若い軟弱な地盤の地域がほとんどです。

ワンポイントアドバイス

江戸城の付近も、徳川家康の造成の前は湿地帯であったといわれています。しかし、利根川を関東平野から遠ざけたことで、土地の乾燥が進み現在のような地質になっています。
選択肢 2 × 適当
解説
臨海部の低地は、洪水、高潮、地震による津波などの災害が多く、住宅地として利用するには、十分な防災対策と注意が必要です。

ワンポイントアドバイス

現在では、埋め立て地などの防災対策が必至となっており、沿岸部では東京湾においても自立矢板式防潮堤、緩傾斜式防潮堤などが造成されるようになっています。
選択肢 3 ○ 不適当
解説
台地は一般的に安全ですが、台地上の池沼を埋め立てた地盤は、液状化に対して注意が必要です。

ワンポイントアドバイス

液状化現象とは、地震の際に、地下水位の高い砂地盤が振動により液体状になる現象のことです。地震などの振動によって、水分を多く含んだ砂が水分と分離し、それによって比重の軽い水分が地表へと流れ出ます。1964年の新潟地震や2011年の東日本大震災でも液状化現象が発生しました。
選択肢 4 × 適当
解説
都市周辺の丘陵や山麓に広がった住宅地は、土砂災害が起こる場合があり、注意する必要があります。

ワンポイントアドバイス

土砂災害には、(1)落石・崩落、(2)地震による崩壊・地すべり、(3)流木による被害、(4)山体崩壊・岩屑なだれなどの種類があります。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る