2016年(平成28年)宅建の「過去問」‐第7問(権利関係)

受講前のお問い合わせはこちら
0120-966-883
受付時間 11:00〜19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
平成28年度 問題一覧へ
平成28年

権利関係 > その他 > 不法行為

難易度
解答時間
2
Q7

AがBから賃借する甲建物に、運送会社Cに雇用されているDが居眠り運転するトラックが突っ込んで甲建物の一部が損壊した場合(以下「本件事故」という。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはいくつあるか。なお、DはCの業務として運転をしていたものとする。

AはBに対し、甲建物の滅失した部分の割合に応じ、賃料の減額を請求することができる。
Aは、甲建物の残りの部分だけでは賃借した目的を達することができない場合、Bとの賃貸借契約を解除することができる。
Cは、使用者責任に基づき、Bに対して本件事故から生じた損害を賠償した場合、Dに対して求償することができるが、その範囲が信義則上相当と認められる限度に制限される場合がある。

一つ
二つ
三つ
なし

ヒント

賃貸借において、賃借物の一部の滅失は有過失・無過失によって賃借人が減額請求できるか、できないか決まります。またこのような問題では賃貸借契約の解除の条件として目的達成の可否についても覚えておかなければなりません。
賃貸借契約における減額請求と賃借物の契約解除
事故の状況
選択肢 正しい
解説
賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失したときは、賃借人は、その滅失した部分の割合に応じて、賃料の減額を請求することができます(民法第611条第1項)。
賃借物の減失と減額請求

ワンポイントアドバイス

賃借物の一部が消失した場合、賃借人が無過失であれば賃料の減額請求をすることができます。本問のような事故の他に、天災などによって消失した場合にもこの法律が援用されます。
関連する条文
(民法第611条)
賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失したときは、賃借人は、その滅失した部分の割合に応じて、賃料の減額を請求することができる。
2 前項の場合において、残存する部分のみでは賃借人が賃借をした目的を達することができないときは、賃借人は、契約の解除をすることができる。
選択肢 正しい
解説
賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失し、残存する部分のみでは賃借人が賃借をした目的を達することができないときは、賃借人は、契約の解除をすることができます(同法第611条第2項)。
減失により賃借の目的を達成できない場合、賃借人は契約を解除できる

ワンポイントアドバイス

賃借物の一部が消失し、賃借人が賃借の目的を達成することできなくなった場合、賃借人はその建物の賃借契約を解除することができます。この選択肢は実際に建物を想像し、考えてみると理解しやすくなります。
関連する条文
(民法第611条)
賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失したときは、賃借人は、その滅失した部分の割合に応じて、賃料の減額を請求することができる。
2 前項の場合において、残存する部分のみでは賃借人が賃借をした目的を達することができないときは、賃借人は、契約の解除をすることができる。
選択肢 正しい
解説
使用者責任に基づいて、使用者が被害者に対して損害を賠償した場合、使用者は被用者に対して求償権を行使することができます(同法第715条第3項)。そして、求償できる範囲は、信義則上認められる限度とされています(最判昭51.7.8)。
使用者責任に基づく損害賠償と被用者に対する求償

ワンポイントアドバイス

Cは使用者責任に基づき、Bに対して損害賠償をすることができます。しかしCがBからDへの損害賠償請求を全額払ったからといって、CがDに対して全額を求償できるとは限りません。
関連する条文
(民法第715条)
ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
2 使用者に代わって事業を監督する者も、前項の責任を負う。
3 前二項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。
※掲載している問題および解説は、必ずしも最新の法改正に対応したものではありません。直近の試験に向けて法改正に対応している問題および解説については、フォーサイトの過去問講座(有料)にてご提供しております。

過去問TOPへ戻る