簿記2級の独学での勉強時間は?適切な計画の組み方も紹介

簿記2級の独学での勉強時間は?適切な計画の組み方も紹介

簿記2級の勉強時間は、独学で約250~350時間以上とされます。簿記3級以下よりもレベルが高いため、その程度の学習は必要です。仕事や家事をしながら学習を進める場合は、効率的な工夫を考えれば問題ありません。

今回は簿記2級合格を目指す方のために、独学での勉強時間を解説します。以上を踏まえて効率的に勉強をこなす方法もまとめました。これを読めば、簿記2級合格に向けた学習のヒントがわかります。

目次

簿記2級に必要な勉強時間は?

簿記2級合格に必要な勉強時間は、独学なら約250~350時間以上です。簿記3級よりもレベルが高いため、それぐらいの学習量が必要です。3級を簡単にクリアできても、2級で苦労する可能性に気をつけてください。

ただし通信講座を使えば、約150~250時間以上で済むでしょう。授業動画の視聴により要点をつかみやすいからです。コンテンツの有効活用によって、効率的に学習を進められます。理解の進行が早ければ、余裕のあるスケジュールで試験範囲をマスターできる点に注目です。

簿記2級の学習時間が3級より長くなる要因として、新しい科目の工業簿記があります。科目数が多いほど、学習量も増えるしくみです。以上から簿記2級は、3級よりも緊張感を持って勉強に励むのが望ましいといえます。

簿記2級で独学に必要な勉強時間をケース別に紹介

簿記2級合格に必要な勉強時間は、初学者と学習経験者によって異なります。初学者なら独学で約350~500時間は必要です。一方で3級の知識があれば、それより短い学習時間でも合格が見えてきます。学習時間の詳細を以下にまとめました。

簿記の初学者の場合

簿記の初学者がいきなり2級に挑む場合、独学だと約350~500時間は必要です。1日平均2時間とすると、約6カ月~8カ月はかかります。簿記の初学者が2級をクリアするには、それだけの苦労が想定されるのです。

独学の場合は、テキストや学習計画がカギになります。難しいポイントも自己のリサーチによって解決しなければなりません。難問をこなすのに手間取った結果、当初の計画より大幅に時間がかかるケースにも注意してください。

このような事態を防ぐには、初心者向けのわかりやすい教材と過去問を揃えてください。以上の取り組みによって、要点理解を進められる環境になります。このように簿記3級ではなくいきなり2級から挑む場合は、慎重な準備が必要です。

簿記3級合格者の場合

簿記3級合格者なら、独学で約250~350時間で2級取得の可能性があります。ワンランク下の合格によって、一定の予備知識が想定されるからです。3級の基礎知識があればこなせる問題も考えられます。

1日の平均勉強時間が2時間なら、4~6カ月で準備を整えられます。半年足らずで資格をもらえる可能性があれば、精神的に楽になれる人もいるでしょう。簿記の予備知識は、それだけ上級資格の学習を助けるのです。

簿記3級合格者にとってのポイントは、3級にはない工業簿記です。体系的な理解が重要なので、ここに多めの時間を割きましょう。このような注意点はありますが、簿記3級合格者は最長でも半年で2級取得の可能性があります。

簿記関連の実務経験者の場合

簿記関連の仕事を経験している場合、3級合格者と同じスタンスで臨むとよいでしょう。つまり必要な最短学習時間は、約250~350時間です。準備期間として4~6カ月を見込んでください。

実務経験があれば、簡単に解ける簿記の問題もあるかもしれません。しかし実力過信からの油断は禁物です。未知の題材で取りこぼす可能性に気をつけましょう。

このように簿記2級では、実務で遭遇したことのない問題が想定されます。仕事での経験を信じすぎてはいけません。資格試験をきっかけとした知識のブラッシュアップが大切です。実務経験でこなせる問題も考えながら、要点を押さえる工夫をしてください。

簿記2級で独学合格は可能か?

結論から述べると、簿記2級でも独学合格する人はいます。ただしその場合、効率的な学習やモチベーションの維持が課題です。以上と向き合えなければ、独学で合格を目指すのはおすすめできません。

効率的な学習は、限られた時間にたくさんの情報を覚える意味で大切です。たとえばわかりやすいテキストを手に入れれば、要点を覚えやすくなります。このように独学での資格試験挑戦は、テキスト選定からが勝負です。

一方でモチベーションの維持も、難しいポイントです。独学では専門家によるサポートがありません。一人で取り組んでいると、難しい問題の解き方がわからず挫折する可能性もあります。

独学は通学のようなスケジュールの制約がないぶん、自分のペースで勉強できるのがメリットです。しかし多忙やモチベーション低下を理由に、後回しのクセがついてはいけません。

このように日々において、生活習慣のコントロールを求められるのが、独学者の特徴です。効率的な学習を長期間続けられるように、独学では意志の強さが重要になります。

簿記2級の独学勉強のメリットは?

ここでは簿記2級の学習について、独学のメリットを紹介します。主な理由としてコスト節約やマイペースでの学習が挙げられます。このようなアドバンテージを活かして、独学合格を目指しましょう。一人で勉強するメリットの詳細を、以下にまとめました。

コスト節約が可能

簿記2級における独学のメリットは、コストの節約です。節約できるのは通学や通信講座費用、スクールに通う際の交通費などです。このように余分な費用をカットできれば、生活にも余裕ができるでしょう。

必要になるコストは、テキストの購入費や受験料程度です。一発合格なら、ローコストで資格取得を果たせます。収入アップを狙って簿記資格を取りたい人も多いでしょう。収入の少ない状況でも、独学なら予算を抑えた戦略で合格を目指せます。

このように独学のメリットは金銭的なアドバンテージです。無駄なお金をかけないで合格できれば、達成感もあるでしょう。コストを節約しながら、簿記2級の一発合格を狙ってみませんか。

自分のペースで勉強できる

簿記2級の独学では、自分のペースで勉強できる点も大きいといえます。自由時間の範囲が広く、そのなかで創意工夫をすすめられるからです。通学講座では、かえって自分のリズムで勉強しにくい人もいるでしょう。そうした方なら、自分のペースで学習できる独学がおすすめです。

加えて独自の勉強方法を確立しているなら、簿記2級でも独学がおすすめです。簿記3級のような他の資格を独学でクリアした場合は、引き続き簿記2級でも、独自戦略で合格を目指してみましょう。

一方で仕事や育児と両立しながら独学を目指す人もいます。この場合は、勉強にまとまった時間を取りにくい日もあるでしょう。そこで通勤や家事の合間に、少しだけ時間が空く状況を想定してください。そのぶんをすべて勉強に回せばよいのです。このようにちょっとした空き時間も勉強に回せるのが独学のメリットです。

以上のように独学なら自分のリズムを貫いた学習によって、簿記2級の合格にも近づけます。

簿記2級の独学のデメリットは?

簿記2級取得を目指す場合、独学におけるデメリットにも気をつけてください。独学によって、かえって学習時間が長くなる可能性があります。さらにモチベーション維持にも気をつけましょう。このような注意点を以下で解説します。

学習時間が長期化する可能性

簿記2級の独学では、学習時間の長期化に気をつけましょう。非効率な勉強によるタイムロスが想定されるからです。一人で勉強をしていると、そのやり方が間違っている可能性に気をつけましょう。

とくに初学者は、学習前に置いて簿記自体を知らない状態です。要点を見間違え、頻出ではない題材に多くの勉強時間を割いてしまう可能性があります。このような学習のノウハウがわからない状態でも、一人で進めなければなりません。

また独学者は、暗記中心の学習になりやすいのが難点です。簿記2級のように専門知識を求められる問題では、論理的な理解を問われる場合もあります。暗記中心の学習では、そうした問題をうまく理解できません。このように簿記2級を独学で合格しようとすると、思わぬ課題が生まれる可能性があります。

モチベーションの維持が課題

簿記2級の独学のリスクとして、モチベーションの維持も課題です。一人では困難を乗り越えられない可能性があるからです。挫折の結果、勉強に前向きになれない人もいます。独学では原則として勉強を見てくれる人がいないため、自己責任だけで強い意志を持たなければなりません。

以上から独学で簿記2級合格を目指すなら、ストイックな努力姿勢が大切です。初期費用が安いぶん、あきらめるためのハードルも低いからです。仕事の疲れやモチベーションの低下などの理由で、ついつい勉強を後回しするクセも想定されます。これを繰り返してしまうと、準備不足のまま試験本番に臨むことにもなるでしょう。

このように独学では、試験本番までモチベーションをキープし続けなければなりません。

独学のモチベーションを保つ方法は?

独学のデメリットとしてモチベーションを保ちにくい点があります。しかしどうしても一人で勉強しなければならない場合、これを乗り越えなければなりません。そこで独学時の意欲を保つための対策を、以下にまとめました。

勉強に最適な環境を作る

独学のモチベーションを保つには、学習環境が重要です。勉強道具以外のものを、なるべく机の上からなくしましょう。余分なものを見えなくすることで、学習に集中しやすくなるからです。

以上を実践するなら、普段から整理整頓の習慣をつけるとよいといえます。清潔感のある環境によって、精神的にスッキリとできるからです。きれいな環境であるほど、勉強もはかどるでしょう。

学習環境の整備は、精神衛生面でも重要です。きれいな場所によって、勉強がはかどる人もいるでしょう。以上を考えても、勉強に合った環境づくりは見逃せません。

最短でも10分間やってみよう

勉強に前向きになれないときも、少しぐらいは取り組もうと一歩を踏み出してみませんか。そこで最短でも10分間だけは勉強しようというスタンスを持ってください。一歩を踏み出すことで、学習に対して前向きになれる可能性があるからです。

勉強には義務感がともなうため、始めるまでの一歩をうまく踏み出せない人がいます。そこで10分間だけやってみようと考えてみましょう。そのひとつだけで、学習に対するハードルが下がります。少しだけという意識が、義務感に対する苦しみを和らげるのです。

以上の結果、10分間と決めて勉強するだけで、自然と集中力が上がります。さらにページを進めたり、別の分野に取り組みたくもなるでしょう。このように少しだけチャレンジしてみようと思う精神が、簿記の学習へ前向きになるきっかけです。

通信講座に頼ってみる

効率的な勉強方法がわからない場合は、通信講座に頼ってみませんか。コンテンツがしっかりしていれば、学習の助けになるからです。完全な独学ではわからなかったことが、通信講座で初めて理解できるかもしれません。

通信講座によっては、ひとつ15分のように短時間の授業動画を設けています。長時間の授業を聞くのが面倒と感じている人にとって、短時間の動画は合理的でしょう。集中力を切らさずに内容をインプットできる可能性があるからです。加えてテキストがわかりやすければ、勉強へ前向きになれます。

独学でわからない問題を解きにくいと思ったら、通信講座の利用も選択肢です。コンテンツや講師からの後押しによって、勉強がはかどる可能性があります。完全な独学では苦しいと思ったときは、通信講座の利用を考えてみませんか。

簿記2級の独学における正しい準備は?

簿記2級の独学では、学習準備も大切です。ここでは独学用テキストや過去問、電卓などを揃えておきましょう。それぞれの重要性を、以下にまとめました。

独学用テキストを準備する

まずは独学用のテキストを揃えてください。簿記関連で、なるべくわかりやすい内容が臨まれます。参考書や過去問解説などの記述がわかりやすければ、勉強を楽しめるでしょう。

さらなるポイントとして、最新版のテキストを買うように努めてください。出題区分について改正があるからです。古いテキストだと法改正に対応しておらず、間違った知識を覚えるおそれがあります。

いちばん重要なのは、独学用テキストはひとつに絞り、何周にもわたって学ぶことです。受験者によっては複数冊を揃えたり、定期的に買い換えたりする人がいますが、これらはおすすめできません。テキストによって強調点が違うために、学習内容をうまく理解できない可能性があります。

以上をまとめると独学者は、簿記2級についてわかりやすいテキストを、一冊に絞って買うのがおすすめです。

過去問は欠かせない

簿記2級の独学で、過去問は欠かせません。過去問を解くことで、本番の雰囲気を疑似体験できるからです。模擬試験を受けたくても、当日まで時間が空いている可能性があります。しかし過去問なら、自宅ですぐに本番の疑似体験が可能です。実際の本番であった問題構成をそのまま写しているので、回答の練習に理想的といえます。

過去問は最低でも直近の5回分に取り組んでください。1回あたりで2~3周解いていくと、要点をつかみやすくなります。

また過去問も、購入時は一冊に絞りましょう。以上によって荷物のかさばりを防げるからです。一冊の参考書と一冊の過去問を繰り返すだけでも、簿記2級の要点をマスターできます。

電卓を使いこなそう

簿記2級では、電卓の使い方もカギになります。数字が答えになる問題があり、解くために計算が必要だからです。試験時間も有限なので、素早く電卓をさばく術も覚えておきましょう。

試験勉強では、本番を意識した電卓の使い方が重要です。また機材選びにも気を使ってください。初心者は早打ちができて押しやすいタイプがおすすめです。

スマートフォンによっては電卓機能もありますが、試験本番では使えません。また電卓でも印刷やメロディー、辞書などの余計な機能があると使用を認められないので注意です。

電卓を選ぶときは、試験本番で使えるかどうかを確かめてください。簿記2級の試験で認められている電卓の様式を覚えておきましょう。それにしたがって、自分に合った種類を選ぶことが大切です。

簿記2級の独学ではスケジュールの組み方が重要

簿記2級の独学では、学習計画も重要です。計画は余裕を持って組むこと、無理のない生活で学習を進められます。また週ごとの細かい計画を立てれば、時期に応じてやるべきことがわかります。このような計画を組むときの要点を、以下にまとめました。

余裕を持った学習計画が大切

簿記2級の試験勉強では、余裕のある計画が大切です。計画を組んでも、予定どおりに学習を進められないことがあります。しかし予備日を設けることで、勉強の遅れをカバーできるでしょう。

休息日や予備日を含めながら学習計画を組むと、不測の事態へのフォローが可能です。仕事や子育てによって勉強できない日があることが想定されます。そこで予備日があれば、学習計画の乱れを取り戻すチャンスです。

また休息日を設けることで、自分へのごほうびを楽しむ時間も作れるでしょう。勉強漬けの日々で疲れたくないと思ったら、なるべく休息日や予備日も入れ、余裕のあるスケジュールを作ってください。

週ごとの目標を立てよう

学習計画では週ごとの目標を作りましょう。半年で試験範囲の全チェックのような漠然とした計画では、何から手をつけていいかわからなくなります。

具体的には1週間~2週間ごとの目標を立てることが望ましいといえます。週ごとに取り組む範囲や、マスターしておく分野を明確にしておきましょう。それにより、目標に向かって一直線に取り組めます。

週ごとの目標として、工業簿記の特定分野の理解や、過去問の成績アップなどが挙げられます。学習時期にも応じた適切な目標設定が、簿記の効率的なマスターにつながるのです。以上から学習目標は1~2週間ごとに作れば、時期に応じてやるべきことがわかり、効率的な学習を進められます。

勉強は朝と寝る前を含める

簿記2級の勉強時間には、朝と寝る前を含めてください。たとえば1日2時間勉強の場合、朝と寝る前に1時間ずつ分ければ、無理なく取り組めます。こう考えると、毎日の勉強を苦痛と思うリスクも減らせるでしょう。

朝と寝る前の学習は、記憶にもよいとされます。たとえば寝る前の勉強なら暗記中心の学習によって、記憶定着につながるのです。加えて起床直後の勉強は、復習による記憶強化がおすすめです。とくに前日に覚えたことを復習すれば、忘れにくくなります。

勉強時間として朝と夜を有効活用すれば、簿記2級の専門知識の習得にも役立つでしょう。

簿記2級を効率的に勉強するポイント

簿記2級で合格に近づくコツを紹介します。ここでは試験1週間前の過ごし方が大切です。加えて工業簿記に多めの勉強時間を割きましょう。全般的にはスキマ時間の活用や、頻出の題材に対する入念な学習が重要です。効率的な勉強の進め方をまとめました。

試験1週間前の過ごし方が重要

試験1週間前は、本番を意識した過ごし方に変えましょう。まず演習は過去問中心にしてください。過去問を解くときは、試験本番に即して時間計測をしておきましょう。本番で正しい時間配分をするきっかけのためです。

また新しい教材には手を出さないようにしてください。教材によって重要点が異なるためです。これまでインプットした内容と違うことを求められると、頭が混乱します。そうすると勉強が手につかなくなるおそれがあるのです。

試験本番直前は、難しい問題に手を出さないようにしましょう。とくに頻出でない題材の勉強に、たくさんの時間を割くのはおすすめできません。そうした部分に気を取られている間に、要点を忘れてしまうおそれもあります。頻出問題を確実に押さえておくことで、得点力を上げる戦略に専念しましょう。

体調管理面も重要です。早めに寝ることで睡眠時間をしっかりとってください。試験本番が近づいたら、会場までのアクセスや持ち物も確認しましょう。本番の準備は試験前日までに済ませておくことが望ましいといえます。

このように試験本番直前は、勉強方法や体調管理を入念をしておくことが大切です。

工業簿記が重要

簿記2級の試験では、工業簿記が重要です。3級にはないカテゴリーで、ここでつまづく人もいます。簿記2級のような上級試験へ臨むときは、下級との問題構成の違いに気をつけてください。

簿記3級の基礎知識が整っている場合は、工業簿記に力を入れるのがおすすめです。勉強時間を多く割くことで、新しい分野の理解を進められるからです。以上から簿記の予備知識がある方にとっては、工業簿記の理解度がポイントになります。

スキマ時間の活用

簿記2級の勉強を進めるなら、スキマ時間を使いましょう。スキマ時間とは、予定と予定の間に生じた空き時間を意味します。こちらをうまく使うことで、学習量を増やしていけるでしょう。

たとえば通勤時間や昼休み、寝る前などのスキマ時間を活用してください。通勤時間なら電車に乗っている間、昼休みなら昼食後が代表例です。寝る前のちょっとした時間などもスキマ時間と考えられます。

このように少しの空き時間でも学習を進める習慣で、勉強時間を稼げます。一度に少しずつ勉強を重ねたとしても、その回数が多ければ最終的な学習量が豊富になるのです。

頻出知識の定着を優先する

簿記2級の試験勉強を始めたら、頻出知識の定食を優先してください。頻出知識は資格試験の基礎とされるからです。

過去問を数回分解くと、頻出の要点をとらえられます。本番で何回も問われる題材は、次の試験本番でも取り上げられる可能性があるからです。

ちなみに予想問題集からも頻出知識のマスターが可能です。資格スクールによっては、予想問題集を出版するところがあります。過去問以外ではここから要点を押さえて、模擬試験や本番に役立てるとよいでしょう。

以上から簿記2級の勉強では過去問のように、本番に即して解けるテキストが重要になります。

簿記2級を学ぶなら通信講座がおすすめ

簿記2級を学ぶ場合は、通信講座がおすすめです。自宅にいながら通学講座の要領で学習を進められます。通学講座を利用せずに簿記2級をマスターしたいなら、通信講座が味方になるでしょう。

そこでおすすめの通信講座がフォーサイトです。わかりやすいフルカラーテキストや動画授業などによって、要点をつかめるでしょう。講師からのアドバイスによって、通学講座に相当するレベルアップを望めます。以上から簿記の知識を整えたい場合は、通信講座のフォーサイトを受けてみませんか。

まとめ

簿記2級の勉強時間は、独学だと約250~350時間以上になります。3級よりも難しい問題があるため、学習時間の間は慎重な取り組みも重要です。

簿記2級は独学合格も可能ですが、効率的な学習とモチベーション維持が課題になります。最初に学習計画を組み、そのとおりに進めることが大切です。また通信講座のサポートを受ければ、要点をつかみやすいでしょう。

入念な学習スケジュールを組み、それを徹底的に実践する形で、簿記2級の知識を学んでください。