簿記について

簿記について

簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい?

「日商簿記2級」に合格するには、一体どれほどの勉強時間が必要なのでしょうか?

このページでは、「簿記初心者」と「3級保持者」それぞれに必要な勉強時間を、「独学・通学・通信講座」の視点から詳しく紹介していきます。

仕事や家事で忙しい社会人にとって、合格までにかかる時間は、必ず把握しておきたい大切なポイントです。必要な勉強時間をしっかりと把握し、効率的なスケジュールを組んで、最短&一発合格を目指しましょう!

簿記2級に必要な勉強時間(学習時間)を教えて!?

簿記2級の勉強時間は?

簿記3級保持者が、2級に合格するまでに必要な勉強時間は、独学なら4~6カ月(250~350時間)通学・通信講座なら2~4カ月(150~250時間)といわれています。

ですが、勉強時間には個人差があり、「使用する教材」や「勉強の質」によって大きく変わってきます。

前述の勉強時間は一つの目安として捉え、できるだけ余裕のある学習計画を立てるようにしましょう。

簿記3級+2級の勉強時間は?

簿記初心者が、簿記2級に合格するまでに必要な勉強時間は、独学なら6~8カ月(350~500時間)通学・通信講座なら3~6カ月(250~350時間)といわれています。

学習の流れとして、まず簿記3級で基礎を固めたあと、2級の学習を行うスタイルです。勉強時間は、3級で1~2カ月(100~120時間)、2級で2~4カ月(150~250時間)が目安となります。

簿記1級の勉強時間は?

簿記1級の勉強時間は2級レベルの知識がある人で500時間~700時間といわれています。

これまでの試験科目は、3級が商業簿記、2級が商業簿記・工業簿記でしたが、1級は商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4教科です。

圧倒的なボリュームとなるため、1年ほどかけてコツコツと知識を深めていく方法が最適です。

簿記2級、独学に必要な勉強時間は?

簿記未経験者の場合

簿記初心者が独学で2級に合格するには、前述したように6~8カ月(350~500時間)かかります。

独学では「教材(テキスト・問題集)の選び方」や「勉強の進め方」の良し悪しによって、勉強時間が左右されるため、事前にしっかりと情報を集め、正しい勉強法で進めることがポイントです。

また、独学では疑問点に直面した場合、自分で調べ解決しなければなりません。もし周囲に簿記経験者がいればアドバイスをいただくことも可能ですが、それが難しい場合は、説明が丁寧な教材や用語集を取りそろえ、学習がスムーズに進められる体制を整えておきましょう。

簿記3級保持者の場合

簿記3級保持者が、2級に独学で合格するまでに必要な勉強時間はおおよそ4~6カ月(250~350時間)です。すでに簿記の基礎知識はあるため、「簿記2級、初心者でも独学で一発合格できる?」を参考に、自分に合った学習ペースで進めていけば、無理なく合格が狙えるでしょう。

ですが、簿記2級では新たに工場で使われる簿記「工業簿記」が試験範囲に加わります。工業簿記は、体系的に理解をしていくことが大切なので、初心者がつまずきやすい論点をしっかりとカバーしているテキストを選ぶようにしましょう。

簿記2級の独学は教材(テキスト・問題集)選びがポイント

簿記2級の独学では教材(テキスト・問題集)選びが、合否を分ける大きなポイントとなります。「簿記2級、初心者でも独学で一発合格できる?」でも詳しく書いていますが、自分に合ったテキストを選ぶときポイントは、以下の5点です。

  1. 自分のレベルに合っていて、読みやすくわかりやすい
  2. 頻出ポイントに絞った、なるべく薄いもの
  3. 難しい用語にフリガナがふってあり、解説がついている
  4. イラストや表でわかりやすく説明している
  5. カラーで見やすい

そして問題集を選ぶときのポイントは以下の3点です。

  1. 平成28年6月以降の過去問をなるべく多く収録している
  2. 解説が丁寧なもの
  3. 試験によく出る問題に印がついている

このとき、気をつける点は「合うテキスト・合わないテキストは人によって異なる」ということです。インターネットの口コミ情報だけで決めるのではなく、実際に大型書店へ足を運び、自身で教材を見比べてから購入するようにしましょう。

簿記2級の勉強時間、社会人は「数分単位のスキマ時間」がポイント!

毎日、仕事や家事で忙しい社会人が、簿記2級合格を目指す場合は、勉強時間の確保がとても大切です。1日2時間、机に向かって勉強をすることは難しいので、通勤時間・お昼休み・休憩時間・待ち時間などのスキマ時間を学習にあてるようにしましょう。

人の脳は、数分単位の学習を繰り返すことで、短期集中の神経回路が鍛えられ「すぐに集中できる脳」へと変化していきます。電車の移動時間や、病院の待ち時間、仕事や打ち合わせの合間など、ちょっとした空き時間は、1日に何度も訪れます。スキマ時間を上手に使って、勉強時間を稼いでいきましょう。

簿記2級、勉強時間とスケジュールの深い関係

簿記2級に合格するためには、ただがむしゃらに勉強をするのではなく、しっかりとしたスケジュールの作成が必要です。実際にどのようなスケジュールを立てるかは、「1日に確保できる勉強時間」「勉強量」「試験日までの日数」「勉強法(独学・通学・通信講座)」によって変わってきます。

簿記の知識は「〇時間やれば身につく」というものではありません。大事なのは「勉強量」。つまり「どのくらい進み、理解したか」です。学習スケジュールを作成する際は、「今日はテキストを30ページ読む」といったようにまずは勉強量を決め、次に「だいたい〇時間かかるだろう」と勉強時間を考えるようにしましょう。

社会人にとって、簿記2級は「試験1週間前」が大事!

「日商簿記試験まであと1週間」を控え、忙しい社会人にとってこの直前期の「過ごし方」はとても重要になります。試験1週間前に行うことは、以下の5つです。

1. 過去問演習を中心に行う。

実際に時間を計り、試験の時間配分をしっかりと身につけておきましょう。

2. 新しい教材に手を出さない。

新しいテキストに手を出すと、これまでにインプットした知識が混乱してしまう可能性があります。使い慣れたテキスト・問題集で総仕上げをしましょう。

3. 難しい問題に手を出さない。

簿記2級の試験は70%以上の得点で合格できますが、頻出問題を中心に学習していけば合格ラインに必ず到達できます。

4. 睡眠をしっかりとって体調を整える。

仕事量を調整し、体調を崩さないよう気をつけましょう。特に睡眠は大切です。

5. 交通手段・所要時間・持ち物を確認する。

余裕をもって早めに確認をしておきましょう。

まとめ

今回は「日商簿記2級」の試験勉強を始める前に、知っておきたい勉強時間(学習時間)についてご紹介しました。

忙しい社会人が、効率的に学習を進めるコツは、しっかりとした勉強スケジュールをつくり、頻出問題にポイントを絞った密度の濃い学習と、スキマ時間を上手に使うことです。無駄を省いた勉強法で、最短&一発合格を目指しましょう!

簿記試験に合格するには圧倒的合格率・スピード合格・低価格のフォーサイト 詳しくはこちら

こちらの記事もオススメ

簿記2級「返品調整引当金」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 簿記2級は、本当に仕事(就職・転職)に有利ですか? 簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい? 簿記1級、2級、3級、初級の違いとは? 日商簿記2級の「本支店会計」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 工業簿記を学べる簿記2級とは? 簿記3級とはどんな資格なの? 勘定連絡図をわかりやすく解説!簿記2級(工業簿記) 簿記3級の試算表とは?解き方をわかりやすく解説! 簿記2級の資格取得のメリットは?就職や転職で役立つ? 簿記2級の「圧縮記帳」とは?仕組み・仕訳をわかりやすく解説! 簿記2級の過去問・出題傾向を徹底分析!効果的な勉強方法は? 簿記2級の試験概要!簿記2級の合格率や難易度、勉強時間は? 簿記2級試験に初心者が3か月で「一発合格」するための正しい勉強方法 高校生は簿記2級,3級の「全経・日商」どちらを受ける? 簿記2・3級の受験者を悩ませる「損益勘定」とは?  「簿記2級」取得後、私の年収はどのくらいになる? 簿記合格者に人気の資格「中小企業診断士」とは?ダブルライセンスのメリットは? 【必読!】簿記資格は未経験でも転職に有利?求人情報から徹底分析! 簿記2級試験は、初心者でも「独学」で一発合格できる? 簿記2級の財務諸表とは?問題・作成方法・出題傾向をわかりやすく解説 簿記2級「伝票会計・仕訳日計表」の書き方を分かりやすく解説! 日商簿記・全商簿記・全経簿記の違いを教えて!就職にはどの試験が役立つ? 簿記2級と建設業経理士のダブルライセンスのメリットは? 日商簿記2級「標準原価計算」とは?直接原価計算の違いは? 簿記2級の「精算表」とは?清算表の問題・解き方を分かりやすく解説! 簿記2級「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」の難易度の違いは? 日商簿記1級の覚えておくべき「仕訳内容」!出題傾向とは? 簿記検定試験の魅力を知ろう 簿記試験の受験について詳しくご説明 他の資格と難易度を比較してみよう 他の資格と良さを比較してみよう 簿記検定の合格率・難易度は?