最初は知らない言葉を覚えることに専念 | FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格体験記

文字サイズ 

最初は知らない言葉を覚えることに専念

( 男性 /  40代  / 会社員 )

 1日2〜3時間の勉強をほぼ毎日約6ヶ月間行いました。テキストは、本テキストと市販本の2冊、問題集はフォーサイトの問題集のみです。

 最初は漠然と文宇を読み、内容を深く突き詰めず、知らない言葉を覚えることに専念し、一通りテキストを読みました。2順目は、項目毎にゆっくり読み、その都度暗記するようにしました。だから、進むペースはものすごく遅くなりました。3回目は、問題集をひたすら読んで解くこととしました。問題集は、間違っても何が間違っているか解説があるので、よく理解できました。


 試験で学科は、読解力が問われますので、いかに問題集を回答したかが結果に左右されます。問題は4択で、2択までは何とか絞り込めますが、その後の2分の1が問題となります。その2分の1を正解すれば合格です。微妙なニュアンスの違いを問われることが多いので、1文字が鍵となることは少なくありません。

 学科合格の極意は、問題集をひたすら読むことです。何問かは、全く同じような試験問題と選択肢がありましたので、それらは簡単にクリアできます。また、さらに何問かは、似たような試験問題と選択肢がありましたので、これも楽にクリアできるはずです。これで学科は合格です。

 実技は自分で計算するので、その理解度が問われます。学科と実技とどちらが難しいと言えば、学科が難しいと思います。試験当日は、学科が良ければ、その流れで実技もうまくいくでしょう。

 実際の計算問題の実技は、1つ1つを確実なものとしなければなりません。しかし、個人資産業務の問題は、給与、退職金、年金、貯蓄、株式、建物の6種類ぐらいですので、計算方法を覚えれば問題ありません。


 ともかく辛抱強くこつこつとやっていけば、知識は自然と身に付き合格します。
 フォーサイトの通信教育のおかげで合格できました。ありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら