忙しい人ほど、フォーサイトを選べば合格できます

試験の種類2級
性別女性
年代40代
試験年度2級試験2020年(令和2年度)9月
エリア茨城県
職業公務員
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,問題集,道場破り
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンス宅建
学習スタイル通信講座
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
1.フォーサイトの教材で合格できました。

 FP取得にあたり、通信講座のサンプルを取り寄せてを比較検討結果、カラフルなテキスト、合格主義のテキスト構成、DVDやeラーニングシステムなど、飽きずに続けられることが魅力で、フォーサイトに決めました。通信講座は、申し込みするまではやる気いっぱいなのですが、途中で挫折することの多かった私ですが、フォーサイトでは途中挫折することなく最後まで続けられ合格できました。それは、カラフルなテキストで、テキストを開くのが楽しかったこと、講義がわかりやすかったからだと思います。市販の問題集は使わず、フォーサイトのテキスト、過去問を解いて頑張りました。試験では、前日に解いた問題が出題されました。難しい問題でしたが、フォーサイトの問題を解いておいたことで得点につながりました。毎日仕事が多忙なのですが、重要事項は黄色の枠組みなど、工夫いっぱいのテキストは、重点的に学習すべきことが分かりやすので、効率よく学習ができます。

2.フォーサイトのDVDと講義音声をフル活用で合格できました。

 仕事をしているため、朝の時間が一番学習できる時間だと考えました。そこで、フォーサイトでの学習を始めてからは、毎朝4時に起きてDVDを視聴しました。毎朝1時間視聴しました。通勤時間は、道場破りからダウンロードした講義の音声講義を聴きました。隙間時間を有効活用することの積み重ねで知識を習得し、仕事から帰宅後は、じっくりとテキストを広げてDVDを視聴してテキストにメモをとったり、問題集を解いたりするという学習を、1日最低2時間は目標にして頑張りました。これを、2月から試験日の9月まで続けました。

3.eラーニングで合格できました。

 道場破りの確認テストのゲーム版は、幕下から横綱に上がっていくことが楽しみで、必死で学習しました。横綱、大関の人達が多い中、最下位の自分が恥ずかしくて、必死に頑張りました。試験前には横綱に昇進できました。eラーニングのライブスタディもとても励みになりました。受講したばかりの時は、分からない問題ばかりで、問題は不正解でしたが、試験1か月前のeラーニングのライブスタディでは、内容も理解でき、正答数が増えていて、自分はこんなに力がついていたんだなと実感しました。伊藤先生や、他の受講生の声がチャットで表示され、励みとなりました。こういうシステムがあるのが、他の通信講座にはないフォーサイト独自の魅力だと思います。

4.最後に

 9月試験の自己採点では、合格点に達しておらず気落ちしていたのですが、どうやら自己採点の配点基準が違っていたようで、合格発表の日、ネットで検索したら、合格していました。学科は合格点より20点、実技は10点も上の点数で合格できました。本当にフォーサイトで学習してきてよかったと、心から思っています。今思えば、過去問を解く回数は2回ほどだったので、もっと過去問を解くことに時間を使えば余裕で合格できたのかなと思います。

 伊藤先生をはじめ、フォーサイトのスタッフの皆様、本当にどうもありがとうございました。次は、宅建合格目指して頑張ります。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る