60を過ぎて暗記力が落ちてもFP試験は合格できます

試験の種類3級
性別男性
年代60代
試験年度3級試験2013年(25年度)5月
エリア大阪府
勉強時間600時間
勉強期間3ヶ月間
勉強法暗記,過去問
商品DVD
受験回数2回目
学習スタイル通信講座
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私はいわゆる団塊世代です。

昨年夏まで小売業をしていましたが、業績不振のため閉店せざるを得なくなりました。
その後半日ドックに入って健康診断をした結果特に悪いところもなく、
しばらくは年金生活でぶらぶらしていました。

しかしながら、このまま年老いていくと将来ボケてこないか?
認知症にでもなったら家族にも迷惑がかかる。
そこで、ボケ防止のために何か頭を使うことをしようと思い、
通信講座で資格試験の勉強することを決断しました。

さて何の資格を取ろうかと考えた時、
テレビ番組でFPの方をよく見かけるようになり、これだと思いました。

自分の残り人生を考えたとき、
「やるなら、今でしょ!」となりました。

この仕事なら自分の過去の失敗経験を活かして役立てるのではと思いました。

ネットでいろいろ調べた結果、
受講料もリーズナブルで評判のいい
「フォーサイト」に決めました。

早速3級のDVD講座を申し込み、1月試験の学科・実技の受検申請をしました。

それでもまだ迷いがあり、集中できませんでした。
本格的に勉強しだしたのは12月に入ってからで、少し焦りだしました。

60歳を過ぎると暗記力が落ちてきて数値問題がなかなか覚えられません。

今覚えたと思ったらすぐに忘れてしまいます。
何度も何度も繰り返さないと覚えられません。
机の間で勉強していても1時間もしないうちに眠くなります。

30分ぐらいが限界のようなので、メリハリをつけて勉強するようにしました。

そして、1月の試験日が来ました。
周りの受検生を見渡すとほとんどが若い人たちで少し違和感を覚えましたがやるしかない。

試験を終えて自宅に帰ると、試験問題漏洩のニュースが飛び込んできました。
発表がずいぶん遅れモチベーションが下がってきました。

さて、結果はというと、学科は合格、実技は不合格でした。

すぐに実技の5月試験の受検申請をし、猛勉強しました。

今度は過去問を集中して勉強したので自信たっぷりに受検に臨みました。
そして試験当日、今度は90点ぐらいは間違いなしと確信しました。

試験の後、一人で勝手に合格祝いにビールを飲んで帰りました。

「ああ美味しかった」

そして実技試験は見事に合格!

ありがとうございました。
こんな年寄りでもやれば出来るんです。

FPを目指してるみなさん、頑張ってください。

次は2級を目指します。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る