駅から会社までの、歩く間にも勉強 | FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格体験記

文字サイズ 

駅から会社までの、歩く間にも勉強

( 男性 /  30代  / 会社員 )

 フォーサイトを選んだのは料金です。FPの通信講座をインターネットで検索し調べると、価格の低さに目が止まったのです。安くて受かれるなら、それに越したことはありません。

 フォーサイトの講座は「こんなに安くて大丈夫か?」と思いましたが、教材が届き、講義が進むにつれて、そんな不安はどこかに消えてしまいました。


 会社勤めをしていると勉強のために時間を割くのは非常に難しいと思います。私の場合は、朝5時頃に起床し1時間半ほど問題集を解いたり、教材の講義CDを聴いたりしていました。しかし、それも毎朝というわけにはいかず、冬の寒い時期には布団から抜け出せずにそのまま寝てしまったり、二日酔いでダウン、なんてことも度々でした。

 土日は朝6時頃から講義CDを2〜4枚分聴き、問題集を解いていました。

 とにかく時間を見つけ有効に使うことです。会社への行き帰りの電車の中、家から駅、駅から会社までの歩く間にも計約60分は、問題集を解いたり、講義CDを聴いていました。


 私にとって最大の難関は、提案書の作成でした。3月にはいってから取り掛かったのですが、通常の講義と並行して提案書を作成するのは正直しんどかったです。もっと早くから少しずつでも取り掛かるべきだったと後悔しています。最初の頃は、「完璧な提案書を作る!」と意気込んでいたものの締切り間近になると「もうどうにでもなれ」って感じでした。
 
 提案書提出後、「修了証明書」を受け取った時は本試験に合格したのと同じように嬉しかったです。やはり提案書の作成には余裕を持って臨むべきだと思います。
 

 最後の講義を聴き終え、試験までの期間は、とにかく『過去問』や模試を何度も解くのみでした。『過去問』は、FP協会のホームページから直近3回分をダウンロードしたものを使っていました。何度も繰り返し解いていると自分の不得意な分野がはっきりと分かるので、不得意分野の講義CDを聴き直したり、テキストを読み直したりして、徹底的に復習しました。
 
 『過去問』を解く際は、必ず時間を計って行うことをおすすめします。時間を計ることで、ペース配分をつかむことができるからです。もし試験で解答につまっても自分ペースをつかんでいれば、焦ることなく余裕を持って後の問題に取組めると思います。
 

 私が合格できたのは、浮気をせずにフォーサイトの教材を信じて取り組み、時間を有効に活用できたからだと思います。皆さんも、フォーサイトで合格目指してがんばって下さい。

.

よく見られている合格体験記はこちら