簿記について

簿記について

「簿記2級」取得後、私の年収はどのくらいになる?

「簿記2級」取得後、私の年収はどのくらいになる?

「日商簿記2級」の受験を考えてはいるものの「本当に年収は上がるの?」「就職・転職には本当に有利なの?」「簿記2級をとった人は、どういう会社に就職しているの?」「高卒・未経験だと就職は難しい?」と、不安に思っていませんか?

今回は、そうした不安を抱いている方に向けて、日商簿記2 級を取得された方の「平均年収(経験値別)」「未経験者の転職状況(男女別)」「具体的な就職先」「資格手当の金額」「高卒・未経験の就職状況」などを徹底的にご紹介していきます。

簿記2級取得後、私の年収はいくらになる?

簿記2級取得後、経験とともに年収アップ!

簿記2級を取得すると、年収はどのくらいになるのでしょうか?

「日商簿記2級以上」を条件としている求人を調査したところ、地域・企業規模・採用年齢により差はありますが、以下のようになりました。

実務未経験者 実務経験あり(1年以上) 実務経験あり(3年以上)
250~350万円 300~480万円 350~650万円

実務未経験者の年収は低く、経験を経るごとに大幅に上昇していくことが分かります。

簿記2級取得者の年齢別の年収を教えて!?

都内で「日商簿記2級以上」を条件としている企業の、社内における「年代別の年収・月収」を調べると、以下のようになりました。

20代 30代 40代
500万円以下 350~600万円 600万円以上

企業の規模によって多少の差はありますが、20代は500万円以下、30代は350~600万円、40代は600万円以上となっています。経験年数と年齢によって、年収が上昇していくことが分かります。

簿記1級取得後の年収は?

参考までに、「日商簿記1級以上」を条件としている企業の求人を調べたところ、意外なことに全国で1社もありませんでした。

また、「日商簿記2級以上」を条件としている企業は全国で107件!
規模に関係なく多くの企業が、日商簿記2級レベルの知識を求めていることが分かります。

簿記2級は転職・就職に有利? 男性・女性の平均年収は?

経理部門の男女の平均年収を教えて!?

大手転職支援サービス会社が行った調査によると、財務・会計部門の男女別の平均年収は、以下のようになります。

男性 女性
20代:408万円
30代:541万円
20代:356万円
30代:450万円

この数字から、年齢とともに男女の平均年収の差が、少しずつ開いてくることが分かりますが、男女ともに100万円アップとなっている点は大きなメリットととらえてよいでしょう。

簿記2級は、「実務経験ゼロ」でも転職・就職に有利なの?

最近の経理部門の求人を見ると、その多くが採用条件に「簿記2級以上の方歓迎」「簿記2級程度の知識または経験者」という文言が目立ちます。

また、企業の採用者からは「未経験でも、簿記2級レベルの知識は持っていてほしい」「簿記を勉強したことのある人を求めている」という声も挙がっています。

簿記は、会計処理のスキルを証明する資格です。どの程度のスキルを有しているかで、入社後の仕事を覚える早さや作業効率が変わってきます。今後、経理部門への転職・就職を考えている方には、取得しておいて損のない資格といえるでしょう。

簿記2級取得後の就職先を教えて!?

簿記2級が生かせる仕事は何?

簿記資格は、会計士や税理士を目指す人の「登竜門」として知られていますが、一般事務や経理・会計・財務など知識を生かせるフィールドは幅広いです。就職先の例としては、企業の経理部門、会計事務所、税理士事務所のほか、営業職、販売職、製造部門、金融、商社、小売り、サービス業、コンサルティング会社などが挙げられます。

「取引先の財務諸表を見ることができる」「自分の会社がどのような状態か把握できる」「数字を根拠にしたプレゼンが行える」など、簿記の知識は業種・業界に関係なく、あらゆるビジネスシーンで役立ちます。

簿記2級取得後、資格手当はつくの?

日商簿記2級取得者に対して、資格手当はいくら支給されるのか?

求人の傾向を調べたところ、以下のような結果となりました。

日商簿記1級 日商簿記2級 日商簿記3級
1,000~7,000円(月) 1,000~5,000円(月) なし

資格手当を支給している企業は多いですが、規模や方針によって金額には差があるようです。

日商簿記2級、高卒・未経験でも就職に有利?

日商簿記2級は、会計処理のスキルを証明する資格です。高卒・未経験であっても、簿記の知識を有しているということは、大きなアピールポイントとなります。

しかしながら、「資格」<「実務経験」であることは、どの仕事にも言えることです。まずは、入りやすいパート・アルバイトや「高卒・未経験可」の企業で経験を積み、ステップアップを望みましょう。

まとめ

今回は、日商簿記2級取得者の「平均年収(経験値別)」「未経験者の転職状況(男女別)」「具体的な就職先」「資格手当の金額」「高卒・未経験の就職状況」についてご紹介しました。

簿記は、ビジネスに直結する知識やスキルを学べる有益な資格です。特に日商簿記2級は企業の評価も高く、求人の必須資格に挙げているケースもあります。日商簿記2級を取得して、応募できる会社を増やし、より魅力的な転職・就職を目指しましょう。

簿記試験に合格するには圧倒的合格率・スピード合格・低価格のフォーサイト 詳しくはこちら

こちらの記事もオススメ

簿記2級「返品調整引当金」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 簿記2級は、本当に仕事(就職・転職)に有利ですか? 簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい? 簿記1級、2級、3級、初級の違いとは? 日商簿記2級の「本支店会計」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 工業簿記を学べる簿記2級とは? 簿記3級とはどんな資格なの? 勘定連絡図をわかりやすく解説!簿記2級(工業簿記) 簿記3級の試算表とは?解き方をわかりやすく解説! 簿記2級の資格取得のメリットは?就職や転職で役立つ? 簿記2級の「圧縮記帳」とは?仕組み・仕訳をわかりやすく解説! 簿記2級の過去問・出題傾向を徹底分析!効果的な勉強方法は? 簿記2級の試験概要!簿記2級の合格率や難易度、勉強時間は? 簿記2級試験に初心者が3か月で「一発合格」するための正しい勉強方法 高校生は簿記2級,3級の「全経・日商」どちらを受ける? 簿記2・3級の受験者を悩ませる「損益勘定」とは?  「簿記2級」取得後、私の年収はどのくらいになる? 簿記合格者に人気の資格「中小企業診断士」とは?ダブルライセンスのメリットは? 【必読!】簿記資格は未経験でも転職に有利?求人情報から徹底分析! 簿記2級試験は、初心者でも「独学」で一発合格できる? 簿記2級の財務諸表とは?問題・作成方法・出題傾向をわかりやすく解説 簿記2級「伝票会計・仕訳日計表」の書き方を分かりやすく解説! 日商簿記・全商簿記・全経簿記の違いを教えて!就職にはどの試験が役立つ? 簿記2級と建設業経理士のダブルライセンスのメリットは? 日商簿記2級「標準原価計算」とは?直接原価計算の違いは? 簿記2級の「精算表」とは?清算表の問題・解き方を分かりやすく解説! 簿記2級「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」の難易度の違いは? 日商簿記1級の覚えておくべき「仕訳内容」!出題傾向とは? 簿記検定試験の魅力を知ろう 簿記試験の受験について詳しくご説明 他の資格と難易度を比較してみよう 他の資格と良さを比較してみよう 簿記検定の合格率・難易度は?