簿記について

簿記について

簿記2級の「圧縮記帳」とは?仕組み・仕訳をわかりやすく解説!

簿記2級、圧縮記帳とは?仕組み・仕訳をわかりやすく解説

「日商簿記2級」試験は、平成28年度から3年間にわたり、試験範囲の大改訂が行われました。この大改訂により、これまで1級の試験範囲だった「圧縮記帳(直接減額方式)」が、2級の試験範囲に下りてきました。ここでは、新たに追加された固定資産の新論点「圧縮記帳」に注目して、「仕組み」「仕訳」「出題傾向」を中心に解説していきます。

簿記2級、圧縮記帳(直接減額方式)って何?

簿記2級試験、平成29年から追加された新論点「圧縮記帳」とは?

圧縮記帳とは、国などから補助金をもらって、機械や設備などの固定資産を購入したとき、税金がかからないようにする処理のことです。

圧縮記帳の処理方法には、「直接控除方式」「積立金方式」の2種類がありますが、日商簿記2級では「直接控除方式」による処理のみが試験範囲となっています。

直接減額方式
助成金受取時 「国庫補助金受増益」(収益)
「工事負担金受増益」(収益)の計上
助成対象資産購入時 資産購入の処理
「固定資産圧縮損」(費用)の計上(固定資産の減額)
決算時 圧縮後の金額にもとづく「原価償却費」の計上

圧縮記帳って何? わかりやすく具体的に教えて!?

例えば、ある企業が国から助成金をもらって、機械(固定資産)を購入しました。この際、もらった助成金に税金がかかってしまったら、せっかくの助成金が減ってしまいます。そうするとなんだか、損をしたような気持ちになりますよね。

そこで、「固定資産圧縮損」という勘定で損失を計上し、補助金に税金がかからないようにすることを「圧縮記帳」といいます。ただ、注意しておきたいことは「圧縮記帳」は税金が免除される制度ではないということ。免除されるのではなく、「課税が翌年度以降に繰り延べられる制度」ということを頭に入れておきましょう。

圧縮記帳の助成金は3種類ある?

助成金に該当するものは「国庫補助金」「工事負担金」「保険差益」の3種類があります。

  • 国庫補助金……国や地方公共団体からの補助金
  • 工事負担金……電気・ガスなどの公益事業会社が、利用者から施設や設備の建設資金として受け取った資金
  • 保険差益……企業が所有する固定資産が、災害で滅失したときに受け取る保険金が、被害直前の簿価を超える場合における差額

圧縮記帳の問題を簡単に解くコツを教えて!?

圧縮記帳の問題を解くコツは、以下のようになります。ちなみに、日商簿記2級の出題範囲となっている圧縮記帳の問題は「直接減額方式」のみのため、それほど難しくはありません。基本をしっかり理解しておけば、問題演習で十分に対応できるレベルと考えてよいでしょう。

  1. 受け取った補助金をいったん、収益(国庫補助金受増益、工事負担金受増益など)として処理する。
  2. 税金を回避するため、収益として処理した金額と同額分を「固定資産圧縮損(費用)」として計上する。
  3. 圧縮記帳をしたときの固定資産の減価償却費は、減額された固定資産簿価をもとにして計算する。

簿記2級、圧縮記帳の仕訳をチェックしてみよう!

それでは早速、圧縮記帳の仕訳をしてみましょう。

問題(フォーサイト『簿記2級 商業テキスト』より)

以下の取引について、仕訳を示してください。

  • X1.4/1 当社は国から国庫補助金600,000円を現金で受け取った。また、国庫補助金の対象になっている備品3,000,000円を現金で購入した。なお、圧縮記帳は直接減額方式によることとした。
  • X2.2/31 決算日。定額法(残高価値ゼロ、耐用年数3年)、間接法により減価償却を行った。

解答

借方 貸方
X1.4/1 現金 600,000 国庫補助金受増益 600,000
備品 3,000,000
固定試算圧縮損 600,000
現金 3,000,000
備品 600,000
X2.2/31 減価償却費 800,000 減価償却累計額 800,000

解説

直接減額方式により圧縮記帳を行った場合には、固定資産の取得原価3,000,000円で減価償却の計算を行うのではなく、圧縮後の工程資産の価値(3,000,000円-600,000)で原価償却の計算を行います。

簿記2級の「圧縮記帳」ではどんな問題が出るの?

日商簿記2級試験では、下記のような圧縮記帳の問題が出題されます。

問題(フォーサイト『簿記2級 問題集』より)

次の取引の仕訳を示しなさい。

備品の取得を助成するため国より交付された補助金¥500,000を受け取り、当座預金とした。また、上記補助金と自己資金により、対象となる備品¥2,000,000を購入し、代金は月末に支払うこととした。なお、この備品について、直接減額方式による圧縮記帳を行った。

解答

借方科目 金額 貸方科目 金額
原価償却費 5,400,000 車両減価償却費累計額 5,400,000

生産高比例法による減価償却費は(取得原価-残存価額)×当期利用料/総利用可能量で計算します。
減価償却費=(30,000,000-3,000,000)×80,000km/400,000km=¥5,400,000

まとめ

今回は、平成29年度から追加された「圧縮記帳」に注目し、その「仕組み」「仕訳」「出題傾向」についてご紹介しました。
圧縮記帳は、日商簿記1級の試験範囲から下りてきた論点のため、慣れるまでは少し難しく感じられるかもしれません。しかし、仕組みを理解してしまえば、それほど難しい内容ではありません。
最近の「日商簿記2級」試験では、新論点が必ず出題されているので、問題演習を繰り返すことで理解を深めておきましょう。

簿記試験に合格するには圧倒的合格率・スピード合格・低価格のフォーサイト 詳しくはこちら

こちらの記事もオススメ

簿記2級「返品調整引当金」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 簿記2級は、本当に仕事(就職・転職)に有利ですか? 簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい? 簿記1級、2級、3級、初級の違いとは? 日商簿記2級の「本支店会計」の仕訳と処理をわかりやすく解説! 工業簿記を学べる簿記2級とは? 簿記3級とはどんな資格なの? 勘定連絡図をわかりやすく解説!簿記2級(工業簿記) 簿記3級の試算表とは?解き方をわかりやすく解説! 簿記2級の資格取得のメリットは?就職や転職で役立つ? 簿記2級の「圧縮記帳」とは?仕組み・仕訳をわかりやすく解説! 簿記2級の過去問・出題傾向を徹底分析!効果的な勉強方法は? 簿記2級の試験概要!簿記2級の合格率や難易度、勉強時間は? 簿記2級試験に初心者が3か月で「一発合格」するための正しい勉強方法 高校生は簿記2級,3級の「全経・日商」どちらを受ける? 簿記2・3級の受験者を悩ませる「損益勘定」とは?  「簿記2級」取得後、私の年収はどのくらいになる? 簿記合格者に人気の資格「中小企業診断士」とは?ダブルライセンスのメリットは? 【必読!】簿記資格は未経験でも転職に有利?求人情報から徹底分析! 簿記2級試験は、初心者でも「独学」で一発合格できる? 簿記2級の財務諸表とは?問題・作成方法・出題傾向をわかりやすく解説 簿記2級「伝票会計・仕訳日計表」の書き方を分かりやすく解説! 日商簿記・全商簿記・全経簿記の違いを教えて!就職にはどの試験が役立つ? 簿記2級と建設業経理士のダブルライセンスのメリットは? 日商簿記2級「標準原価計算」とは?直接原価計算の違いは? 簿記2級の「精算表」とは?清算表の問題・解き方を分かりやすく解説! 簿記2級「日商簿記」「全経簿記」「全商簿記」の難易度の違いは? 日商簿記1級の覚えておくべき「仕訳内容」!出題傾向とは? 簿記検定試験の魅力を知ろう 簿記試験の受験について詳しくご説明 他の資格と難易度を比較してみよう 他の資格と良さを比較してみよう 簿記検定の合格率・難易度は?