覚えておきたい金融用語!「キャピタルゲイン」とは?

覚えておきたい金融用語!「キャピタルゲイン」とは?

「キャピタルゲイン」とは?

「キャピタルゲイン」という言葉を聞いたことがありますか?投資に興味がある人は知っているかもしれませんね。

今回は「キャピタルゲイン」の概要、そしてメリットやデメリットについて解説していこうと思います。

目次

「キャピタルゲイン」とは?

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。要するに保有している資産の価格変動によって得られる利益ということですね。

例えば100万円の株価で購入した株式を株価が110万円になった時点で売却した場合、差額の10万円が儲けとなります。この差額として得られたお金が「キャピタルゲイン」です。

ただし、この差額が全て儲けとして手に入るわけではありません。資産運用には手数料や税金が発生します。正確に利益を計算したい時はここから手数料や税金を差し引く必要があります。

株式や債券だけでなく、不動産や金、プラチナなどの貴金属もキャピタルゲインを得られる資産です。また反対に売却時に損失が出た場合、その損失を『キャピタルロス』といいます。

「キャピタルゲイン」のメリット・デメリット

「キャピタルゲイン」最大のメリットは大きな利益を得られる可能性を秘めていることです。価格変動によって利益が得られるので、大きく価値が上昇すれば短時間で大きなリターンが見込めるのです。非常に魅力的ですがその反面、デメリットも存在します。

株式投資でキャピタルゲインを狙う場合は、株主優待や配当といった安定的な利益より、株価の値上がりを重視します。そのため、相場の動向を的確に読むスキルが必要になってきます。

もし保有株が大きく値下がりした場合、そのまま保有し続けて配当をもらいながら株価の回復を待つという選択肢もあります。株価が戻らない場合は配当での損失補填が追いつかない可能性もあります。さらに諦めて売却するとキャピタルロスが発生してしまいます。

状況によっては非常に浮き沈みが激しくリスクのある投資方法です。そのため安定した利益を得ることが難しい場合があります。

まとめ

「キャピタルゲイン」について見てきました。「キャピタルゲイン」は投資によって得られる利益で、短時間で大きな成果を挙げることが可能です。非常に魅力的ですが、ハイリスクハイリターンであるケースもあるということを頭に入れておく必要がありますね。