会計の基本!「減価償却」とは

会計の基本!「減価償却」とは

会計の基本!「減価償却」とは

「減価償却」という言葉を聞いたことがありますか?
事業を経営する上で避けて通れないのが「減価償却」です。経営者はもちろん、中小企業診断士にも企業を診断していく上で重要になるもので、財務や税務などで必要となる会計のルールの一つです。今回はこの「減価償却」について解説していきたいと思います。

➡中小企業診断士についてはこちら!
目次

「減価償却」とは?

「減価償却」とは会社で使うものを購入した際、その費用を1度に計上するのではなく、何年かに分けて計上することをいいます。簡単に説明するならば「長く使用するものは、長い時間をかけて費用にしていく」という考え方ですね。

なぜ「減価償却」というルールがあるのでしょう?
高額なものを購入した際、購入費用をその年の経費に全額計上してしまうと、それまで黒字だった経営が急に赤字になる可能性があります。そうなると銀行からの融資を打ち切られてしまうかもしれません。通常は、その投資の効果で徐々に売上が立っていくことが考えられ、出来るだけ費用と収益を対応させていくことが必要となってきます。これを「費用収益対応の原則」と言います。「減価償却」はとても大切な会計のルールなのです。

「減価償却」は経営診断の際も要注目!

中小企業診断士は経営診断をする際、必ず財務諸表を見ます。財務諸表というのは、資産と負債、収益と費用などの状況を見極めるための書類です。

財務諸表は企業の状態を知るための健康診断書のようなものとも言われます。中小企業診断士は別名「ビジネスドクター」や「企業の町医者」とも呼ばれ、企業の健康診断表でもある財務諸表とは深い関わりがあります。

中小企業診断士は財務諸表などのデータに基づいて助言や提言を行います。
財務諸表を読み解くことで、様々な要因によって変動する企業の収益、費用、利益などの現状を知ることができます。経営診断で企業のキャッシュフローを見る際にも「減価償却費」の項目には必ず注目します。

「減価償却」についてもっと詳しくなろう!

購入費用を何年かに分けて計上するのが「減価償却」の基本ですが、何でも計上していいわけではありません。そこには法律で決められたルールや規定があります。

減価償却できる資産のことを「減価償却資産」といいます。これは主に業務で使用するもの、時間が経つにつれて劣化するものが対象です。そして、それをさらに細かく仕分けし、計上します。
建物や車両、パソコンやプリンターなど形があるものを「有形固定資産」ソフトウェアや商標権、特許権など形が無いものを「無形固定資産」といいます。

これ以外の土地や借用地、電話加入権など時間が経っても劣化しない固定資産は「減価償却」の対象になりません。稼働休止中の資産も動いていないので原則に則れば減価償却しないことになります。

また「減価償却」の期間は税務申告の際に必要となり、税務上の期間が決められています。 それらの期間は「法定耐用年数」と呼ばれます。法定耐用年数は「だいたいこのくらいの期間は使用するはず」と予想された期間のことです。

例えば金属の事務机、事務椅子は15年、パソコンは4年となっています。耐用年数に応じて減価償却費を計上すればいいのです。耐用年数は国税庁や東京主税局のページにある「耐用年数表」を見ればすぐに分かります。

では、会社で長く使うものであれば何でも「減価償却」していいのでしょうか?
答えは「ダメ」です。ルールで決められており、金額やその資産がどんなものかをきちんと見て、減価償却資産として計上していくことになっています。

まとめ

「減価償却」について見てきました。
中小企業診断士は会計についての理解が必須です。1次試験でも2次試験でも単独の科目があり、重要視されていることが伺えます。より具体的な説得力のある経営アドバイスをするためには会計の知識が必ず必要なのです。

eラーニング無料体験