FP2級の実技は5種類!実技の選び方と試験対策について

FP2級の実技は5種類!実技の選び方と試験対策について

FP2級の実技は5種類!実技の選び方と試験対策について

FP(ファイナンシャルプランナー)2級の試験勉強において、難関となるのが実技試験となります。実際の相談業務を想定した実践的な内容が問われるので、FPとして働いた経験のない受験者は出題内容に迷うことが多いかもしれません。

このページでは、FP2級実技の選び方や難易度など、実技試験対策についてご紹介していきましょう。

目次

FP2級の実技は5種類

FP2級の実技試験は、一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)で4種類、NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)で1種類の、計5種類が用意されています。実際の試験では、このうちの1つを選んで受験します。

それぞれの実技試験では内容が異なり、より細分化されている上に専門的になっています。また、FP2級は実務で使える資格という位置づけであり、試験ではFPの実際の相談業務を想定したケーススタディが出題されます。

そのため、難易度も上がります。この点が家計管理のためや、自分自身の勉強のための資格という位置づけの3級と大きく異なる点です。

きんざいと日本FP協会、どちらで実技を受ける?

FP2級の試験はきんざいと日本FP協会という2つの指定試験機関により運営されています。これらは、学科試験は同一ですが、実技試験はそれぞれ内容が異なります。以下の試験が用意されています。

きんざいの実技 日本FP協会の実技
個人資産相談業務 資産設計提案業務
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務

実技試験をきんざいと日本FP協会のどちらで受けるべきなのか、迷ってしまう受験は多いのではないでしょうか。しかしながら、実技試験で注目すべきは試験機関ではなく実技の内容です。

実技試験ではそれぞれの特徴を理解し、将来自分がFPとして携わりたい分野の実技試験を選ぶようにしましょう。それがきんざいの実技であればきんざいを、日本FP協会の実技であれば日本FPを選ぶということになります。

では、それぞれどのような内容なのか、順番に見ていきましょう。

きんざい実技①:個人資産相談業務

個人資産相談業務の試験範囲には、以下がすべて含まれます。

  • 金融資産
  • 不動産
  • 相続・贈与
  • ライフプランニング
  • 年金
  • タックス

上記の表を見てみると、項目自体が広範囲に渡り、勉強自体に膨大な時間がかかるように思えます。しかしながら、範囲が広いということは、裏を返せば深掘りした問題が出ないということなので、対策を取りやすいとも言えます。

なお、FP2級受験者の多数がこの「個人資産相談業務」あるいは、この後に出てくる日本FP協会の「資産設計提案業務」を選択しています。そして、「個人資産相談業務」「資産設計提案業務」は多くの参考書が出回っているため、勉強しやすい実技試験となります。

きんざい実技②:中小事業主資産相談業務

中小事業主資産相談業務は、中小事業主へのファイナンシャル・プランに特化した実技試験です。中小事業主の経営状況や所有する金融資産、不動産などに基づき、事業経営や資産運用、タックス対応などの相談に乗るというシーンを想定した実技試験が出題されます。

そのため、FPの資格取得後に中小事業主のファイナンシャル・プランを専門にしようと考えている受験者におすすめの実技試験です。

なお、FP1級の取得を考えている方にも、「中小事業主資産相談業務」はおすすめです。FP1級の試験が富裕層に向けたコンサルティングを前提とするものであるため、「中小事業主資産相談業務」を選べば1級の対策も兼ねた勉強ができます。

きんざい実技③:生保顧客資産相談業務

生保顧客資産相談業務は、生命保険のファイナンシャル・プランに特化した実技試験です。将来、生命保険のファイナンシャル・プランを専門にしようと考えている受験者におすすめです。

なお、年金や相続贈与、タックスなどからも出題されますが、主となるのは生命保険と医療保険であり、保険の配点だけでも40%を占めます。そして、問題については保険に関する経理の内容が出題されます。

生命保険の営業員と話すといろいろ計算をした上で、「月々いくらでこのように処理できますので、こういう風にすればお得ですよ?」というような提案を受けることがありますが、FPとして保険をやるのであればこれができなければならないためです。そのため、簿記3級程度の会計知識は身につけておきましょう。

なお、「生保顧客資産相談業務」では、損害保険の問題は出題されません。

きんざい実技④:損保顧客資産相談業務

損保顧客資産相談業務では、扱うことが損保になるだけで、実技試験の特徴は「生保顧客資産相談業務」とほぼ同じです。そのため、将来的に損保のファイナンシャル・プランを専門にしようと考えている受験者におすすめの実技試験です。

なお、試験範囲は以下の通りとなります。

  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 地震保険
  • 損害保険

損保顧客資産相談業務の試験範囲には、生命保険や医療保険は含まれません。

また、FPとして保険は扱いたいけれども、生保か損保かで迷っている場合は、「生保顧客資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」のどちらにしようか迷うところかもしれません。

その場合は、それぞれの実技試験における過去問を見た上で、自分が取り組みやすそうな方を選ぶのも1つの方法です。

日本FP協会実技:資産設計提案業務

日本FP協会の実技は、「資産設計提案業務」のみとなります。資産設計提案業務は、きんざいの「個人資産相談業務」と内容が似ている実技試験です。

なお、試験範囲には以下が含まれます。

  • 資産運用
  • 年金
  • 保険
  • 不動産
  • 相続・承継

また、内容が似ているとはいえ、異なる機関による別の試験となります。そのため、試験の傾向も異なります。したがって、実際にそれぞれの過去問を解いてみて、あなたが解きやすいほうを選ぶと良いでしょう。

どの実技がおすすめ?

FPの資格を取得し、実際に働き始めると「保険相談」や「中小事業主相談」、「不動産相談」など、何らかの分野を専門に取り扱うことになります。全般的に扱えることが望ましいと言えるものの、お客様は一つの分野に特化したスペシャリストを好む傾向にあります。

そのため、先に専門分野を決めておき、実技試験でその勉強をすれば、実務に入る前の良い訓練になります。したがって、これと決めた分野があるのであれば、その実技試験を選ぶようにしましょう。

一方で、まだどの分野にしようか決めかねている方も多くいます。その場合は、特に分野を特化せず、幅広く技能をブラッシュアップさせられる「資産設計提案業務」または、「個人資産相談業務」を選ぶと良いでしょう。

FP2級の試験内容

FP2級の試験には、学科試験と実技試験があります。学科試験はきんざいと日本FP協会で同一であるものの、実技試験は異なります。

きんざい・日本FP協会の学科試験
試験機関 時間 設問数 解答形式 満点
きんざい・
日本FP協会共通
120分 60問 マークシート 60点
きんざい・日本FP協会の実技試験
試験機関 時間 問題数 解答形式 満点
きんざい 90分 5設問 記述式 50点
日本FP協会 90分 40問 記述式 100点

なお、実技試験については、制限時間は同じですが問題数は異なります。また、問題数に準じて配点も異なります。

FP2級実技の合格点

きんざいと日本FP協会の実技について、合格点はそれぞれ次のようになっています。

試験機関 合格点
きんざい 30点/50点満点
日本FP協会 60点/100点満点

上記の表からも分かる通り、いずれも6割以上正答すると合格となります。FPの試験は絶対評価のため、この合格基準に達すれば合格することができます。この基準は学科試験も同じです(学科試験の場合:36点/60点満点)。

FP2級試験の勉強を考える上で、この6割というのは重要なキーワードです。つまり、 膨大な試験範囲をすべて理解できていない場合でも、半分より少し多く正答ができれば合格となります。

そのため、実技・学科共にFPの勉強する時は、「6割で合格」ということを常に念頭に置いておきましょう。

FP2級実技の難易度

きんざいと日本FP協会の実技試験は異なりますが、難易度は同じです。しかし試験問題が異なれば、受験者数も異なるので、合格率の数値はそれぞれ違ったものが出ています。最新の結果は以下のようになっています。

きんざいのFP2級学科試験 2018年9月
試験科目 受験者数 合格者数 合格率
個人資産相談業務 17,653人 3,614人 20.47%
中小事業主資産相談業務 1,949人 818人 41.97%
生保顧客資産相談業務 6,578人 2,462人 37.42%
損保顧客資産相談業務 390人 213人 54.61%
合計 26,570人 7,107人 26.74%

(一般社団法人金融財政事情研究会公式HPより)

日本FP協会のFP2級実技試験 2018年9月
試験科目 受験者数 合格者数 合格率
資産設計提案業務 16,274人 8,222人 50.52%

(NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会公式HPより)

なお、上の表を見る時には、注意すべき点があります。総合的な内容を問う「個人資産相談業務」と「資産設計提案業務」とで比べると、日本FP協会の「資産設計提案業務」の合格率が非常に高くなります。

このことから、日本FP協会の実技の方が難易度は低いように思えてしまうものの、決してそうではありません。日本FP協会の受験者は、きんざいの受験者と比べて勉強熱心な傾向にあります。事実、両者で同一試験を行う学科試験においても日本FP協会のほうが合格率は高くなっています。

また、もう1つこの表から読み取れることは、「中小事業主資産相談業務」など内容の特化した実技は合格率が高いということです。しかしこれも、難易度が低いためではなく、受験者の意識の高さがそうさせていると見るのが妥当です。

FP2級実技対策

FP2級の実技対策にて、「個人資産相談業務」と「資産設計提案業務」を選ぶのであれば、参考書や問題集が豊富に出回っています。そのため、書店に行ったり資格スクールや通信教育の資料を取り寄せたりして、勉強しやすいものを選びましょう。

「中小事業主資産相談業務」「生保顧客資産相談業務」「損保顧客資産相談業務」については、受験者数が少ないため、参考書や問題集が市場にあまり出回っていません。したがって、きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センターの発行する教材を使って勉強することになります。

FP2級実技の過去問を見てみよう

FP2級の実技においては、過去問がとても良い教材となります。実技経験のない受験者にとって、「実技試験」というのは、非常に難易度の高い試験のように思えます。しかし、実際に過去問を読んで解いてみることで、どのようなことが問われるのかがおおよそイメージできるようになります。

また、FP2級では実技試験が5種類もあり、その実技選びでも苦労する方が多いでしょう。特に、「個人資産相談業務」と「資産設計提案業務」では、同じカテゴリであるにも関わらず試験問題が異なるため、どちらにしようか悩みがちになります。そこで、実際の過去問を見てみれば、どのような違いがあってどちらが自分にとって解きやすいのかが分かってきます。

そして、試験の直前期に過去問を解くことで、学習の足りない部分はどこなのかが見えてくるようになりますこのように、過去問は自分の思いや現状を見つめ直すために役立ちます。そのため、どんどん活用していくことをおすすめします。なお、過去問はそれぞれの公式HPから無料でダウンロードできます。

まとめ

実技試験は学科試験に比べ、実務経験のない受験者にとって、心理的な抵抗が大きい試験となります。しかしながら、見方を変えればFPとして働くことを念頭に、自分の考え方を整理できる良い機会と捉えることもできます。

実技試験対策をする上で勉強したことや苦労したこと、悩んだ経験などは将来の糧となると考えて学習を進めていきましょう。