挫折しない教材を使って宅建に受かった自分は幸運だった

挫折しない教材を使って宅建に受かった自分は幸運だった

性別男性
年代20代
試験年度2014年(26年度)
職業学生
私が宅建資格を受けようと思ったきっかけは、就職活動において資格がほしい。どうせ受けるなら有名な資格がいい。友達が宅建を受けるといっていた。というなんとも適当な理由でした。

最初はどうせ受けるなら受かりたいけど、難しい試験と聞いていたので、落ちても別にいいという考えでした。

しかし、フォーサイトの教材を頼み、勉強をしていくうちに、どんどん内容がわかっていき勉強がとても楽しくなりました。

試験まで1ヶ月をきると、絶対合格してやる。という気持ちで必死に勉強をしていました。

私が教材をフォーサイトに決めたのは量でした。フォーサイトの教材は教科書がそこまで分厚くなく、これなら俺でも勉強できるんじゃないか?という気持ちでフォーサイトに決めました。

友達は他社の教材を利用し勉強していたので、教材を見せてもらったところ、正直フォーサイトの教材よりも分厚く、そして文字ばっかりで見辛かったです。

その点フォーサイトはわかりやすいイラストが所々に書かれており、文字も適度でとても勉強しやすかったと私は感じています。

もし、他の会社の教材を頼んでいたら途中で勉強することに挫折していたのではないかと今では思っています。本当にフォーサイトに出会えてよかったです。

そして試験当日、正直テストが終わった後、だめだったかもしれない、もっとわかると思っていたのに自信がまったくでないという状況でした。しかし、自己採点をしてみると37点という合格出来るであろう数字でした。

3つの選択肢を消して答えがわかった問題だけでは到底合格点におよばず、2択まで絞り、勘で選んだ問題がたくさんあっていました。

37点という数字は例年の平均点からしても絶対合格できる点数でしたが、しかし試験中時間があまりなく、問題用紙とマークシートの確認をする時間がなく、マークミスの可能性があるので合格発表まで正直とてもとても不安でした。

しかし、見事合格することができました。勉強が得意ではない私がこのような難しい資格を取得できたことも、わかりすい講師と、フォーサイトの教材のおかげです。ありがとうございました!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る