合格体験記 「これがラストチャンス」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

これがラストチャンス

( 男性 /  40代  / 会社員 )

お恥ずかしいですが、8回目の挑戦で合格させていただきました。
今年46歳です。

会社の人事制度が変わり、今回資格を取らなければ
降格、減給という瀬戸際でした。

これまでいい加減な独学でしたので、通学か通信教育を検討しました。
ネットで色々と調べていると、フォーサイトのテキストは
カラーでわかりやすいというレビューがありました。しかも値段も手頃。

張り切って申し込みましたが、教材が届いて数回だけDVDを見て
そのままになっていました。

7月に急遽、単身赴任となり時間を
自分でコントロール出来るようになりました。

これがラストチャンスだと思い、残り3ヶ月あまり、
出来る限りやろうと思いました。

DVDを最初から丁寧に見ながら、サブノートを作りました。
綺麗なノートというより、印象に残ったフレーズや
山田講師が強調したフレーズを書き留めました。

8月から過去問を解くと決めていたので、過去問を解いて、
解説を聞いての繰り返しでした。

慣れてくると、問題のパターンがわかり、楽しくなってきました。

10月から市販の模試や予備校の有料模試を受けました。
散々な結果で、諦めかけたときに、山田講師のメルマガで
「みんな模試はひどい点数だと思いますが気にしないで」
という趣旨の内容に励まされました。

フォーサイトは教材もわかりやすいのですが、
宅建受験生の心理を見事に突くメルマガが素晴らしいと思います。

試験当日の山田講師のメッセージにはどれだけ勇気づけられた事か。

試験当日は山田講師に教わった順番で解いた結果、
見直しとマークミスの確認まで出来る余裕がありました。

自己採点は32点。正直、意外に取れたなぁという感想で、
合格などとは全く考えていませんでした。

しかし、合格ライン予測を見ると、可能性がある事がわかり
数日はネットばかり見ていましたが、気持ちの変動が大きいので、
一切ネットを見るのをやめました。

そして昨夜、twitterでボーダーが32点とわかり、
マークミスが気になりました。

今朝、都庁で自分の番号を確認。喜びよりも脱力感が大きかったです。

フォーサイトのみなさま、山田講師、本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら