隙間時間も利用して宅建の勉強を全然しない日をつくらなかった

性別女性
年代30代
試験年度2014年(26年度)
エリア東京都
勉強時間300時間
勉強期間6ヶ月間
職業主婦
受験回数3回目
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
今回は3回目の試験でした。

不動産会社に就職し、初めての試験は独学で1点足りず不合格。2回目からはどうせ宅建がなくても仕事は出来るから…と楽な道を選んで殆ど勉強もせずに不合格。

その後結婚、出産を機に退職。
これからの人生をふと考えた時に自分の働いた経験は不動産会社しかないのに宅建もなくて再就職できるのかと不安になりました。

子どもも3歳になり少し手が離れ、今なら勉強できる!と5月に申し込みました。今までは独学だったのが、DVDを見ながら一つずつ理解をして進めては問題を解くことができました。

業法は何とか仕事の際の知識もあり問題なく進めることができましたが、やはり法令上の制限、民法は先生の解説が大変理解に役立ちました。

テキストが無駄のない必要最低限の量だったこともあり、子どもの寝た後主人の帰宅までのおよそ2~3時間を毎日宅建の勉強時間に費やしました。

子ども中心の生活なので、出かけたりすれば勉強できない日もあります。それでも隙間時間に道場破りを利用し全く宅建に触れない日をなくしました。

9月に入り昨年の試験問題を解くと36点。再度合格体験記を読んで今から何をすべきか確認し、間違ったものを中心にアウトプットを開始。予想問題は34点。まだまだ覚えることはある!とラストスパートにも力が入りました。

そのおかげで試験の日はだいぶ穏やかな気持ちで受けることができました。問題は難問。苦戦したものの、30分は確認時間に当てられたので見直しもじっくりできました。

解答速報にて37点取れたことがわかり、合格だろうな…と喜んで発表の日を迎えることができました。今までは何かと言い訳をしては逃げていましたが、今回は独学ではなく先行投資でテキストを購入したこと、DVDで授業のように勉強できたことで自分の甘えより受かる!受からなければ!の想いが強かったと思います。

主婦でも勉強は出来るし、国家資格だって持てる。これからの人生に対しても自分に自信を持つことができました。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る