映像を2倍速で30回見たり確認テストを5回やったりして宅建を勉強

映像を2倍速で30回見たり確認テストを5回やったりして宅建を勉強

性別男性
年代40代
試験年度2015年(27年度)
エリア埼玉県
勉強時間700時間
勉強期間4ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
お陰さまで合格できました。

私は不動産業界とは別の業界で仕事をしておりますが、親が不動産業を営んでおりまして、高齢となり、将来は自分が物件の管理等をしなければならないため今年の7月に宅建の資格をとるように言われたのが始まりでした。

勉強を始めたのが試験日の2.5カ月前の7月末で今年は無理かなぁと思いましたが、ネットで宅建の資格取得のサイトを検索すると、予備校はほぼ適当な講座がなくまた来年という感じで、通信講座ではフォーサイトさんが積極的に宣伝しておられ、値段も格安であったため迷わずフォーサイトの教材を取り寄せて勉強を始めました。

最初は映像ファイルをソフトを使って2.3-2.8倍速に加工して30回位繰り返し見るという方法をとりました。慣れたところで問題を解きまくるというやり方でアウトプットをし弱点を補強して行きました。道場破りの確認テストは4-6回位繰り返しました。

やり始めた時期が遅かったためか、それでも9月末から10月直前の模試では28点位しか取れず、やっぱり今年は無理かなぁとも思いましたが、窪田先生のおっしゃることを信じて直前2週間は睡眠時間を数時間プラス過眠とし、問題演習を中心に映像ファイルを10回以上は繰り返し見ることで試験前日には「落ちない自信」がついたような気持ちになりました。

フォーサイトのデジタルコンテンツが非常に優れているためストレスフリーでサクサク勉強がはかどり、窪田先生のおっしゃる通りにまさに「脳ミソがちぎれるくらい」テキストと映像ファイルを繰り返し見る、直前期は問題を解きまくることで35点(今年は難しく合格ラインは31点)もとれました。

通信講座ですが、教材のクオリティーは業界一だと思います。予備校の授業の録画とは違い、スタジオで滑舌の良い講師の映像ファイルを録画する方法は何回も繰り返し見る者にとって非常に頭に入ってきやすいものだと思いました。

来年はマンション管理士、管理業務主任者の資格をフォーサイトの教材を使わせて頂きとりたいと思います。今後ともよろしくお願いします。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る