宅建の勉強はたいへんなこともあったけど全体的に楽しくできた

性別女性
年代20代
試験年度2015年(27年度)
エリア福井県
勉強時間1000時間
勉強期間7ヶ月間
職業転職(求職中)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
何か資格を取ろうといくつか悩んだ末、宅建に決めた理由は、まず再就職が有利な資格であることに注目しました。40代、50代になり正社員として再就職する際に資格があると役立ちます。

また、不動産等の住宅関連に興味があり、今後マイホームを考えた上でも知識を活かせられると考えたからです。フォーサイトの宅建講座に決めた理由は、まず資料請求して届いた資料が他社と比べ2倍以上の量で、CDとDVDのサンプルまで届いたことに驚きました。

親切さと合格率の高さが決め手となり、フォーサイトの宅建講座を申し込みました。宅建初挑戦のため、勉強をはじめる前にマンガから入ることで分かりやすく、勉強へのモチベーションも上がりました。

宅建業法から権利関係のテキストを読み終え、一番苦手だと感じたのは「法令上の制限」でした。法令上の制限のテキストの途中からなかなか捗らず、テキストを開くのが億劫になりました。

それを乗り越えられたのは、やはり挑戦したからには宅建の資格を取りたいと強い意志があったからだと思います。また、周りの人に宅建の資格に挑戦していることを話したことも大きかったと思います。

だんだんと理解を深めていき、勉強が楽しくなっていましたが、過去問講座に入って問題を解くと、暗記できている内容もありつつまだまだ知識が身に付いていないことを痛感し、焦りました。

ラストスパートをかけたのは、9月からで、とにかくひたすら過去問を解きました。先生の教えの通り、「過去問を解いて、分からなければテキストに戻る」作業を繰り返しました。

暗記できていない部分を再認識でき、理解できている問題と理解できていない問題も把握でき、効率よく進められました。

試験日一週間前から権利関係をほとんど勉強せず、宅建業法と法令上の制限、その他の法令を集中して勉強しました。暗記しにくい語呂合わせは、テキストを参考にしながら自分が頭に入れやすい単語を加えたり工夫して変えることですぐに暗記できました。

試験日当日は、試験に落ちてもこれまで勉強した知識はどこかで活かすことができるから大丈夫と気を楽にして受験しました。落ち着いて試験を受けられたのも合格できたのもフォーサイトのスタッフさんのおかげです。

毎月届くメールでは、背中を押してもらっていました。分かりやすい教材で本当にフォーサイトさんに決めて良かったです。心から感謝します。ありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る