子供2人が幼稚園に行く午前中に宅建の勉強をしました

性別女性
年代30代
試験年度2016年(28年度)
エリア埼玉県
勉強時間500時間
勉強期間10ヶ月間
職業主婦
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
子供二人が幼稚園に入園したのを機に、午前中の時間を有効利用したいと思い、宅建受験を決意しました。独身時代に不動産会社の事務をしていたので馴染みがあった為です。

五月下旬頃に教材が届き、勉強を始めました。勉強時間は、子供達の登園後家事を終えた十時か十一時頃から一時頃まで。子供達が帰宅しておやつを食べている三時頃から一時間も勉強しました。

最初はテキストを一読し講義を聴き、再度テキストを熟読しチェックテストをしていました。ながら勉強は専ら、家事をしながらスマホにイヤホンを付けて、道場破りの講義を聴いていました。

何度も繰り返し聴いているうちに、不思議と今まで何気に聞き流していた内容がふと理解できる瞬間があったりして、飽きる程聴く事は大事だと思いました。

それから寝る前に記憶した事は記憶の定着につながると伺ったので、合格カードで勉強しました。一通りのテキストと講義の勉強を終えた七月上旬頃、子供達が夏休みに入り、ほとんど勉強時間が取れない状態になりました。

深夜か早朝にと思いましたが、意志の弱い私・・・起きている事が出来ませんでした・・・焦る中時間が過ぎていき八月に入る頃、同じ境遇の方の合格体験記を読み返し励まされ、その頃から主人が夏休みに入ったり、その後も園の預かり保育が始まったりして勉強を再開する事ができました。

そこからはひたすら過去問を解き続け、ながら講義はずっと続けていました。テキストに載っていない過去問の内容は、赤字でテキストに書き込みました。権利関係はAとBしかやりませんでした。

私が合格できたのは、主人の助けとフォーサイトからのメールやモチベーションの保ち方まで講義して頂いた先生のお陰です。合格グッズやシャープペンなどの文房具まで用意して頂いて、なかなかここまできめ細かな通信教育はないと思います。

意志の弱い私が通信教育で諦めずに頑張れたのは、フォーサイトを選んだからに他なりません。本当にありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る