宅建の勉強時間を卒業後にどうやって確保したか

宅建の勉強時間を卒業後にどうやって確保したか

性別男性
年代20代
試験年度2017年(29年度)
エリア沖縄県
勉強時間200時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は大学4年生の時にフォーサイトに申し込みました。きっかけは就職先が不動産業務に携わっていることでした。建物取引士という資格があることは就職先が決まった際に初めて知りました。2016年度の試験に1度は独学で取り組みましたが、勉強時間が足りなかったのかはたまた勉強方法がわからなかったのかで30点前後の点数しか取れませんでした。その際に来年度は合格を確実なものにしたいと考え、受験終了からすぐに勉強を開始いたしました。学生の時は毎日1日2時間、勉強時間を確保しインプットや過去問の読解に取り組んでいました。学生時代は勉強時間を確保するのはさほど難しいことではなかったのですが、問題は就職してからでした。新卒で会社に就職してからは朝から晩まで仕事三昧で休日も特にない状態ではたらき詰めでした。その中で勉強時間を確保するのは非常に難しいことで、通勤の時間帯に耳で講義を聞いたりスマートフォンの道場破りのアプリで過去問を解いたりまた風呂に入っている時間帯に講義ビデオを見たりしていました。その成果もあり過去問の点数も徐々に上がって行きまして夏頃には35前後取れるようになってきました。しかしそれだけでは不安をかんじる部分が多かったため、残り1ヶ月を切ったころから徹底的に過去問に取り組みました。12年分の過去問を用意し、1日3年分のペースで過去問に取り組んでいました。勉強量も半端ではなかったため、スターバックスで勉強し終わりは深夜2時に届くことも珍しくありませんでした。法改正の勉強も行い準備万端の状態で試験に臨みました。緊張しながらも勉強した知識が生きて順調に問題が解け1時間近く時間が余りました。見直しをやっていると2択で迷っている箇所が問題になりました。宅建独特の言い回しによって正解の選択肢から間違いに書き直した問いもありました。逆に見直すことによってマーキングミスを修正することもできました。結果的に余裕をもって取り組んだことで試験でケアレスミスがあっても合格点に届く形になったのが今回の勝因であったと考えております。初期当初、知識が薄い中で先生の講義がわかりや入門に躓かなかったのも大きな要因でした。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る