フォーサイトの資料は試験に本当に出ることを教えてくれる

性別男性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア山梨県
勉強時間700時間
勉強期間8ヶ月間
職業転職(求職中),主婦
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私が宅建の資格を取りたいと思ったのは、女性でも活躍できる場があるものをと考えた時に、宅建は有利だと思ったからです。

私は5月ごろにフォーサイトに申し込みをしましたが、なんとなく日々を送ってしまい、真面目に勉強を始めたのは、8月末からでした。

初めは、とにかくインプットのために講義を聞きながらテキストを集中して流し読み、その後過去問に取りかかりました。そして、過去問で分からないところはテキストに戻って復習をするという繰り返しの勉強法でした。

過去問を何度か解いていると、重要な部分が分かってくるので、その部分をさらに重点的にテキストで覚え直しました。フォーサイトのテキストは、重要なところがAからDのランクで分けられていたのが、学習にあたって参考になりました。

私はギリギリに勉強を始めてしまったので、重要では無さそうな部分については、ほとんど流し読み程度で終えています。特に民法は、範囲が広かったので、捨てて良い部分がはっきり書かれており、とても参考になりました。

もちろん余裕を持って勉強し、知識を身につけることが最も大切だとは思いますが、私にとっては、実際の試験内容を振り返ってみても、捨てて良いところは潔く捨てて正解だったと思います。そして、私が試験直前に特に重要視したのが、宅建業法です。

宅建業法は、ほぼ暗記をすれば誰でも点数が取れるところだと、学習を進めるうちに分かってきたので、得意科目として完璧に得点できるようにがんばりました。実際の試験では、20問中17問正解することができました。

また、私は、今まで法律について学んだことはなかったですが、フォーサイトの先生の理解しやすい講義のおかげで、法律の、特に民法部分についてもスムーズに学習することができました。法改正の資料も大変役に立ち、試験でも実際に出た部分がいくつもありました。

おかげさまで、初受験、主婦という立場ながら無事合格することができました。本当にありがとうございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る