宅建のテキストと講義DVDを1周したのは7月の終わり頃

性別女性
年代30代
試験年度2017年(29年度)
エリア東京都
勉強時間600時間
勉強期間7ヶ月間
職業正社員(サラリーマン),転職(求職中)
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
先生!やりました!今年の7月から勉強を始めて見事一発合格しました!!

30歳を過ぎてから初めての本格的な試験勉強に戸惑いや不安もたくさんありましたが先生の励ましやご協力のもと合格出来ました!本当にありがとうございます!!


【なぜフォーサイトを選んだか】

私は前職は病院の受付をしておりました。仕事を辞め転職を考えていた時に宅建という資格があるという事を知り、良い機会なのでチャレンジしてみることにしました。

数ある通信教育の中でフォーサイトを選んだ理由はやはりテキストの見やすさ、講義DVDの映像の美しさ、そして効率良く合格点を目指す!という発想の明快さからです。


【勉強方法】

教材が届き、7月の頭から早速勉強を始めました。講義DVDを見てテキストに目を通します。当たり前のことですが最初はちんぷんかんぷんです。

これは前職や今現在不動産業に従事していない方は当然のことだと思うのですがやはり最初は不安になりました。

「私にも理解出来る内容なんだろうか?」

それでも講義の合間に入る先生の励ましを信じ、精読を繰り返しテキストと講義DVDの視聴が一通り終わったのが7月末でした。

8月から過去問を始めました。こちらも最初のうちはびっくりするくらい問題が解けません。

分からない所はテキストに戻り、また過去問を解くという作業を繰り返し行いました。この頃から自分がいまいち理解していない内容はルーズリーフなどの紙に自分なりにまとめ、クリアファイルに入れてトイレやお風呂場に置いてすぐに暗記に取りかかれるようにしておきました。

何回も解いているうちに過去問の出題形式にもなれ、解くスピードがどんどん上がって行き嬉しかったです。宅建の勉強方法の要は先生の仰る通り、過去問をいかに繰り返し解くかです。

最初は分からない問題もテキストに戻り精読し過去問を解くという順番を繰り返すうちに不思議と解けるようになります。精読の仕方も声に出して読む、自分なりにメモにしてみる等工夫する事が大事だと思いました。

そして最後まで自分を信じること。出来るかな?落ちるかも…と悩む時間があったら過去問を解くことにしていました(笑)

9月に入り、模擬試験を受けると合格点より遥かに下の28点…。ショックでしたがすぐに頭を切り替えて勉強に取り掛かります。この時に大事なのは自分は何の科目が苦手か、どの科目を勉強したら点数がとれるか見極めることです。

私は宅建業法は満点を取れるよう、法令上の制限とその他の法令は暗記に頼り、権利関係は確実に点数の取れる問題に重点を置いて再び過去問に取りかかりました。

この頃から改めて理解が深まり、試験の全体像が掴めて来ました。やはり繰り返し学習することは大切だと思いました。そして教材はフォーサイトの物で十分だと言うこと。

先生もお話しされていましたがこの頃に焦って他の教材に手を出すと合格が遠のくと思います。結局、10月には過去問は全ての教科を10回以上解きました。試験までの数日間は暗記に当て、ガチガチに緊張しながら試験に挑みました。

試験本番中も絶対に諦めない!という強い意志が大事です。私は一通り問題を解き、不安な問題は後で見直し出来るようチェックをつけながら解き進めました。

とにかく最後の1分まで諦めない、マークシートの記入も間違えていないか繰り返し見直しを行い、試験監督のそれまで!の声が聞こえるまで鉛筆を置きませんでした。

帰宅して自己採点をすると36点でした!自分が思っていたより点数が取れてホッとしました。


宅建の勉強で大切なのは

1過去問を繰り返し解くこと

2暗記をキチンとすること

3最後まで自分を信じること

この3つだと思います。これからフォーサイトを使って勉強を始めようと思う皆さん、大丈夫ですよ!

自分を信じ、先生を信じて勉強を続けたら必ず合格出来ます。どうかチャレンジしてみてください!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る