フォーサイトは講義動画のような教材がいいんで宅建に合格できた

性別女性
年代20代
試験年度2017年(29年度)
エリア愛知県
勉強時間800時間
勉強期間9ヶ月間
職業学生
受験回数初学者(1回目)
eラーニング使用回数
※eラーニングの使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
宅建の勉強を始めた理由は就職に有利だと言われていたからでした。

大学での勉強内容も全く異なり、本当に知識がゼロの状態から始めました。ですが、教材を開いてみると色遣いや文字の大きさなどが見やすく構成されており、重要なところ、試験に出るところがわかりやすかったです。

講義動画もただ教材に書かれていることを読むだけでなく、理解しやすいように追加の説明を加えたり、ちょっとした小話もしてくれたりして、見ていて飽きのこないものでした。

私の勉強のやり方は、まずは講義動画を見てチェックテストを解くという流れで全範囲を一周しました。当たり前ですが理解できない内容は多々あり、そこは後回しにしてとりあえず全体の内容をなんとなくつかむことにしました。

その際に、新たに加える知識ばかりなので前にやった内容を忘れてしまうため、教材に軽く目を通すなどしてなるべく頭にとどめておくようにしました。

一通り講義動画を見終わったら、次は二周目に入り、ある程度のところまで見たら、その見た範囲内の過去問を解きだすようにしました。やはり問題を解いてみないと入れた知識の使い方がわからないため、早めに問題に取り掛かることをおすすめします。

この際、私は教材を見ながら問題を解き、復習も兼ねていました。そのサイクルも一通り行ったら、過去問を解くことに集中し、理解ができないところがあれば講義動画に戻って再び知識を定着させました。

解説を見て思い出した知識、教材に書かれていない知識は、教材に線を引いたり直接書き込むなどして次やるときに解けるようにしました。

過去問は、一周目は当然できない問題ばかりでしたが、積み重ねていくことで徐々に解けるようになっていきました。

私は本試験までに模擬試験で一度も合格点を取ったことがなく、かなり焦っていました。ですが、どうしても今年で合格したかったため、あきらめることなく不安だった気持ちをすべて勉強にぶつけていました。

そして、本試験で35点を取ることができ、ギリギリ合格を果たしました。うれしかったのと同時に、1点の重みを強く感じました。あの時あきらめずに勉強して本当に良かったと今では思います。

また、一度これだと思った回答はよほどのことがない限り変えるべきでないという言葉は本当だったと思います。フォーサイトでなければ合格は成しえなかったと思います。本当に感謝しています。
5おめでとう

宅地建物取引士の合格体験記


※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る