宅建とFPを並行勉強で合格!アウトプット訓練を重視

性別男性
年代40代
試験年度2018年(30年度)
エリア静岡県
勉強時間700時間
勉強期間4ヶ月間
職業公務員
勉強法過去問,模試
商品DVD
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンスFP
試験科目宅建業法,権利関係
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
宅地建物取引士 合格体験記

■ とにかく勉強する。

 平成30年6月に、CFP試験を受験しました。その後、9月にFP1級の試験がありましたのでその試験対策をして、1ヵ月ほど経過した時に、宅地建物取引士の試験が10月にあることを確認し、受験を決意しました。試験まで、3か月程度で、FP1級の試験もありましたので、とにかく、空き時間を見つけては勉強をしました。

 残された時間が少ないことを自覚しておりましたので、受験を決意したその日に、フォーサイトのホームページから口座の申込をしました。

 

■ FP1級試験との並行勉強

 FP1級の試験勉強を9月上旬まで、並行して行いました。FP1級の晩協が3割程度、宅地建物取引士の勉強が7割程度の割合で勉強をしました。平日は、2から4時間程度、休日は10時間程度勉強しました。

 トイレでは単語帳を読み、入浴中はDVDを流し聞きをしていました。また、問題を解いた際に、誤った内容のみをノートに書き、その日に誤った内容を入浴中に読んでいました。



■FP1級試験後の追い込み

 FP1級試験の終了後は、宅地建物取引主任者の勉強に専念することができましたので、追い込みをかけました。毎週日曜日には、本試験と全く同じ時間帯で、模試や過去問を解きました。

 毎週繰り返し、模試や過去問を解くことによって、時間間隔を体に染み込ませました。

 模試をやってみて、時間が足りなくなることがわかったため、宅建業法から解いて、最後に権利関係を解くやり方で解くこととしました。

 本番では、時間配分がうまくいって、時間が不足すること無く、見直しをする時間も確保することができました。



■まとめ

 今回、短期間で合格することができたのは、アウトプットの訓練に重点を置いて、限られた時間の中で、とにかく問題を解きまくったことだと思います。

 試験本番数日前は、一問一答を制限時間内に解きまくりました。全科目を、限られた時間の中でアウトプットすることができたので、加点効果がかなり高かったと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る