不動産会社に就職したくて宅建に挑戦。3か月で一発合格を目標に

性別女性
年代20代
試験年度2018年(30年度)
エリア静岡県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業その他職業
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,問題集,道場破り
受験回数初学者(1回目)
試験科目法令上の制限,権利関係
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
「きっかけ」



前の夫と離婚する事が決まり、2人の子供を養い育てる覚悟をしました。

そんな時、シングルマザーである私の友人が資格の勉強をして合格した話を聞きました。

私も何か資格を取ろう!

これが第一のきっかけでした



「業界未経験のど素人がなぜ宅建なのか」



たくさんある職種の中で気になる所をチェックするうちに、どれも家に関する事だと気づきました。

小さい頃から家に関する広告をみるのが好きでした。

間取り図をみるのが大好き!

休日にどこへ行きたい?と聞かれると「マイホームセンター」と答えるほどでした。

不動産会社で働きたいな。とここで初めて思い、宅建と言う資格がある事を知り、自分の中でやるべき事が明白に見えてきました。

「一発で必ず合格する」と心に決め一発合格に向け動き出しました。



「未経験でも一発合格するために選んだフォーサイト」



私の場合、決まった勉強時間を確保する事が難しい状況だったのもあり、教室に通うのは無理だと思い通信教育に目を向けました。

一発合格したい!と強く思っていた私は、未経験の私でも分かりやすく、抵抗無く勉強を続ける事ができる教材選びたいと思い色々な通信教育を比較したところ、こちらのフォーサイトが目に付きました。

白黒の文字ばかりの教材を想像していたら、カラーで文字の大きさも丁度良く、これなら私でも続けられるかも!と思いました。



「私の勉強法」



講師の窪田先生のアドバイス通り、項目ごとにDVDで流れを掴みテキストにポイントを記入。その後精読、半分ほど理解したところですぐに過去問に移りテキストに記載が無いような箇所はテキストに書き込みながら進めました。

最後に道場破りで確認し、間違えた問題はスクショし時間がある時に見直すようにしました。

過去問は全て5周ずつやり、後半はテキストはみず、道場破りや直前に送られてきた問題集、過去問、模擬試験をひたすら解き、試験1.2ヶ月前はあやしい問題にマークをつけピンポイントで勉強しました。



「模擬試験を受け対策」



普段家でしか勉強しませんが、模擬試験は試験当日を想定し図書館で時間も決め挑みました。

結果は39点、正直これだけやってきたのだから高得点を取れる!と自信があったのに、間違えてもおかしく無いような問題も多々あり納得いく結果にはなりませんでした。

宅建や法令上の制限には自信があったので、ここからは主に権利関係に力を入れるようにしました。



「試験直前」



今まで問題ばかり解いていましたが、試験1週間前はテキストの精読をし、勉強時間も30分ほどに減らし体調管理に努めました。

前日は全く勉強せず、即寝でした!



「最後に」



通信教育では、自らが机に向かわなければ進む事はなく、強い意志とそれを支えてくれるたくさんの存在が必要なんだと強く思いました。

私の場合、自分1人では途中で投げ出していたと思います。

身近な存在もそうですが、講師の窪田先生の講義、特に私はコーヒーブレイクが大好きでした!

そして、試験直前最後の質問箱で答えてくださった方の一文ですが試験に向けての応援メッセージが本当に嬉しかったのを覚えています。

最初に掲げた目標、「一発合格」が達成でき皆さんに感謝します。

これから受ける方々もフォーサイトの教材を信じ、強い意志と支えてくれるたくさんの存在を忘れずに合格へ向けて頑張って下さい!
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る