宅建の権利関係はDVD講義での学習箇所のみ集中的に勉強

性別男性
年代40代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア茨城県
勉強時間1000時間
勉強期間9ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法暗記,過去問
商品DVD,テキスト,道場破り
受験回数2回目
ダブルライセンス中小企業診断士
試験科目権利関係
学習スタイル独学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
独学での合格はかなりモチベーションを維持しなければできないと考え自分に投資をする意味でフォーサイト宅建講座を受講しました。宅建試験受験のきっかけは、不動産会社に出向をしていてその時に登録講習を受け5問免除資格を手に入れました。令和元年試験で5問免除は切れてしまうことから、宅建試験を受験しようを強く思い試験勉強を始めました。





宅建講座には平成31年2月に申込をしていましたが、現在金融機関に勤めており令和元年6月に銀行業務検定法務2級の受験をするため、6月までは宅地建物取引士の勉強は中断しました。6月上旬から本格的に勉強を始めました。過去問題は1回のみでしたが、択一対策編は間違えた問題をチェックし、正解するまで問題を解いていきました。

モチベーション維持のために図書館で集中的に勉強をしたことにより短期間勝負で合格につながったと思います。図書館では、宅建試験が近くなると、宅建受験者も勉強している方を見ていてライバル心も同時に芽生えました。



 道場破り内のスケジュールを組み立て遅れがないように進めていきました。

 具体的な戦略ですが、権利関係は窪田講師の言う通り、DVDでの学習箇所のみ集中的に勉強し大幅な時間短縮につながったと思います。

また、数字の暗記は語呂合わせがテキストに書いてあり大変参考になりました。また、合格カードを利用しながら、ノートに数字を書きあせらず着実に覚えていきました。時間がない中での勉強でしたので、勉強できる時間を大切に集中的に勉強したと思います。





お陰様で努力が報われた結果となり大変感謝しております。

教育訓練給付金の対象講座でありましたので、給付が受けられるように道場破りの全問を解かなければならない後押しもありました。

初期投資は多少かかりますが、他社の通信に比べれば約半額での受講ができるのはとてもお勧めです。

次は中小企業診断士試験の受験をしたいと考えており、フォーサイトの受講をしたいと考えております。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る