合格体験記 「効率がいいのは「テキスト読み」→「CD聴講」」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

効率がいいのは「テキスト読み」→「CD聴講」

( 男性 /  30代  / 会社員 )

30歳になることを機に、自分の中で何かに挑戦したいという気持ちがあり、4月の連休明けに講座に申し込みました。やはり何か結果として残せるものがよかったし、また宅建は役に立つものだったので、迷わず宅建にしました。

 働きながらの通信講座でしたが、今の部署は夕方に結構時間が取れるところだったので、時間の確保はしやすいほうだったと思います。

 働きながらだと、なかなか時間がとれない方が多いこととは思いますが、そのような方は隙間時間の活用をお勧めします。通勤時や営業時の車中での講義CD学習がお勧めです。


 ちなみに私は、通勤時間は常にCDを聴いていたため、先生が次に何の話をされるか、次はこんな冗談を言うということをほとんど記憶していました。電車通勤だとどのような学習も可能ですが、車中ではCDを流すくらいしかできないので、いかにその時間を有効に使えるかで学習効率は違ってくると思います。


 車中学習における私なりのアドバイスですが、講義CDはただ単純にBGMのように流しているだけでは、ほとんど効果がないものと思って下さい。まずは一度机上でテキストを見ながらCDを聴いて学習してからでないと、車中でCDを聴いても何を言っているのかが理解できないため、家で学習した次の日にすぐ車中でCDを聴くという癖をつけたほうがいいと思います。


 これにより昨日の学習内容が思い出され、理解と同時に暗記もできるのです。また、これを繰り返すことによってCDのみでの学習が徐々にできるようになり、家で学習する時間がとりにくい方でも結構な学習時間を確保できると考えます。


◆直前期

 最低でも試験日の3日以上前からテキストと問題集のおさらいをすることです。何度も学習してきている箇所であっても、忘れている箇所は多々でてくるものです。この直前期の見直しは、試験当日の「この問題は一度やったから分かるはずなのに」という最悪の事態を避けるために重要だと思います。実際、この作業なくしては5点ほど落とすこととなり不合格になっていただろうといった感想をもっています。やっていないところは仕方ないが、やったところを落とすのは、自分自身が情けなくて、きっとやりきれない気持ちになるはずです。


◆モチベーション維持

 「何で自分は宅建の資格が欲しいのか?」、苦しいときは常にこの原点に戻ることです。より強烈な動機を自分自身の中に持っている人の方が頑張りは強いと思います。


 最後は、フォーサイトを絶対的に信用し努力し尽くすことです。これは重要です!

◆フォーサイトの長所

 1.受講料がほんとにありえないほど激安。
 2.テキストが必要最小限で、無駄がない。権利関係が納得できるだけの勉強時間を確保できませんでしたが、それでも合格レベルに達することができました。9月に一度だけ他社の模試は受けましたが、他社のテキスト類は一切使用しませんでした。フォーサイトのテキストと問題集を完璧にこなそうとすると、他社のテキストを勉強する時間はないはずです。
 3.質問すると、その日または2日中には解答がもらえる。
 4.大手企業研修を担当している。時間のない社員を効率よく合格させるノウハウがある。


 合格して思ったことですが、頑張って本当によかったなというのが正直な感想です。法律系資格としては入門レベルの宅建ですが、それでもないよりは絶対に有利だし、自分の将来の幅を広げるためのツールに十分なりうるものだと感じています。


 動機は人それぞれだと思いますが、やると決めたら楽しみましょう。頑張っている自分をカッコいいと思い込み、自己満足させてあげましょう。私は常にそうでした(笑)。


 これがほんの少しでも皆さんの一助になればうれしい限りです。頑張って合格をつかんで下さい。


 フォーサイトを信用し、先生とスタッフの方たちと一緒に努力し続けたなら必ず報われるはずですから……。

.

よく見られている合格体験記はこちら