8月下旬から宅建の試験直前まではひたすら過去問を学習

性別女性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア埼玉県
勉強時間600時間
勉強期間5ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
商品テキスト,道場破り
受験回数初学者(1回目)
試験科目宅建業法
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
■申込みの決め手は講座テキストの分かりやすさ!

最初は合格率の高さに惹かれてサンプル教材の請求をしましたが、届いたサンプル教材を見て、カラーで非常に分かりやすい内容に驚きました。

こういう教材=【白黒で文字がぎっしり書かれたもの】というイメージが覆りました。



■講座の内容についての感想

サンプル教材の通り、講座のテキストは全体的にカラーで、膨大な試験範囲がわかりやすくまとめられています。

学習の順番も、何からどうしたらいいか分からない状態の初学者でも取っ付きやすい『宅建業法』から始まり、最後に『民法』を学ぶ方式だったので、頭に入りやすかったです。

また、テキストだけでは理解しきれない部分も、動画で素人でもわかるよう噛み砕いて解説してもらえるので、分からないままになることもありませんでした。



また、講座テキストの章ごとの確認テスト・

『道場破り』の確認テスト・過去問と、

問題も充実しているのも良かったです。

『道場破り』の確認テストについてはゲーム感覚でできたので、

趣味の携帯アプリをやるのと同じ感覚で、楽しくできました。



■自身の学習のポイントについて

私は初学者で、7月下旬からテキストを始めましたが、

1日2~3時間(休日は5~7時間くらい)の勉強で、

8月下旬には講座のテキストを見終わりました。



インターネットで宅建必勝法を調べると、大体『ひたすら過去問をやる』旨の内容を見かけていたため、

8月下旬から試験直前まではひたすら過去問をやっていました。

フォーサイトさんの過去問テキストは、

膨大な量の過去問が抜粋されて掲載されているので、

ひたすら1から10まで過去問をやるより、効率的に試験のポイントを押さえることができました。



過去問には、講座テキストには登場しなかったような内容も出てきますが、そこは過去問解説の動画を見ればある程度すっきりできます。



分かりやすい講座テキストで基盤となる知識をざっくり付け、

ひたすら過去問テキストをやって、知識の肉付けや試験の問題に慣れたことが、合格できた要因かと思います。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る