子供の夜泣きに対応しながらも勉強し宅建に合格!

性別女性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア熊本県
勉強時間600時間
勉強期間5ヶ月間
職業無職
勉強法過去問
商品DVD,テキスト
受験回数初学者(1回目)
試験科目権利関係
学習スタイル通学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
■宅建を受けようと思った理由



私は、4年前まで、NHK地方局のキャスターとして働いていました。一人目の妊娠出産を期に退社。そして、2年後の今年5月に二人目を出産し、現在3才と0才の母です。

子供が大きくなるにつれ思うのは、仕事復帰について。アナウンサーの仕事も楽しくやりがいがありましたが、復帰するならば、長く現場で活躍できるような仕事がしたい。また、仕事と家庭が両立できる仕事をしたいと思うようになり、宅建取得を決心しました。



■フォーサイトを選んだ理由

通学も考えましたが、0歳の子供もいるので、無理だと考え、通信教育にしました。フォーサイトは、合格率が他社より高くて、テキストが薄そうだったので、効率的に合格できると思い、選びました。



■スキマ時間は、単語帳を活用

常に単語帳を手放さないようにしていました。例えば、上の子供をスイミング教室に連れてったときにも、空いた時間に単語帳を見るようにしました。また、自宅のトイレの中では、常に単語帳を見るように心がけました。



■DVDを見てテキストに書き込む

DVDを見て、窪田先生が補足したところは、テキストに書き込むようにし、自分で記憶しやすいオリジナルのテキストに仕上げていきました。過去問をするときも、間違えたところは、必ずテキストに戻って、何度も見返しました。



■勉強する時間帯を工夫してみた

試験月に、0歳7ヶ月だった下の子は、夜泣きを夜中3回くるいするので、睡眠時間の確保がなかなか大変でした。夜の勉強はどうしても眠くなります。



ですので、早朝や午前中に新しい知識を入れるようにし、夜の勉強は、頭の動きが鈍いので、その日学んだことの復習のみにしました。



子育ては、夫や母、に手伝ってもらい、勉強時間の確保に努めました。



■直前対策講座が地味に効く

申し込むときに、直前対策講座を申し込むか悩んだのですが、本当にやってて良かったです。過去問だけでは見落としていた箇所を、直前対策講座で、再確認することができました。この講座を受けたことで、2~3点アップしたと思います。





■窪田先生を信じ、自分を信じる

窪田先生が「過去問は5回はしてください。」おっしゃっていたので、その通りにしました。また、権利関係は、点数を取りやすい問題と捨て問題を教えてくださったので、大事と言われたところを重点的にしました。試験当日、かなり緊張しましたが、「窪田先生の言われた通りにしたのだから、大丈夫。」と心に言い聞かせ、心を平静に保ちました。



少し不運だったのが、捨て問と言われた所で、山勘で書いた所がすべて外れだったこと。

しかし、それでも、合格できました。窪田先生の作戦勝ちだと思います。おかげで、0歳と3歳の子供の子育てをしながら、一発合格することができました!



本当にありがとうございました??
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る