夜型から朝型へ切り替えて宅建の勉強

性別男性
年代40代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア東京都
勉強時間1000時間
勉強期間8ヶ月間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
受験回数3回目
試験科目宅建業法,権利関係
学習スタイル独学,通学
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
これまで独学資格取得を経験し固定意識をお持ちで

一年目の通学受験で失敗してしまった方、

フォーサイトを強くお勧めしたく思います。

これは経験上です。



一年目は、一回の受験で完結しようと通学選択。高額だが大盤振る舞い

豊富なカリキュラム、臨場感あふれる講義、で学習した気になる。

学習量の多さ、本来実践すべき過去問の解法を忘れる、忘れかける

本来の学習スタンスを見失う。



1点足らずで不合格。



二年目は、”一年目1点足りずだから二年目は基礎もあるし大丈夫”

というのもあるが、

資格に受かる手法を教えてくれない。

基礎学習ありきなのは分かるが、直前期になっても”過去問制すものが・・・”

というだけで何もフォローしてくれない。

得点源となる宅建業法が一年目も二年目も伸び悩む、解決手法が見つからず



この時点で一度、貴校へ問合せした記憶有り。

だが、固定意識が変えられず、

一年目と同校にて40%OFFの授業料に手を出す。



一年目で出来ず仕舞いの本来不要の学習を着手し始める

平たく言うと、過去問で見たこともない問題に手を染め始める



---

事後談だが、

”一年目1点足りずだから二年目は基礎もあるし大丈夫”

くぼったけん先生のコラムやYoutubeなどの発信

(現時点で昨年の問題解いたら、合格点にも程遠いはず)

が教訓となった。

---



無用な学習に後悔!2点足らずで不合格



三年目は、このままでは一年目と同じ状況に陥ると思い、原点回帰。

独学に近い、通信学習のフォーサイトを選択。



一年、二年目と異なる点は・・・

・・・・

過去問中心、ストップウォッチ活用、

朝型へ切替:毎日5時起床にて勉強

学習計画、メンタル管理

---

直前期

新しいことに手を出さない

問題演習を中心とした学習

毎日全科目

イメージトレーニングの実践



結果論であるが・・・

最初からフォーサイトにしておけば、早めに合格到達したかと思う。



一年目での学習は決して無駄にはならず、

権利関係の習得が出来たかと思うので、多少の損有りと思い留めたい。



---

三年・・・長いような短いような、

合格すると大したこと無いなと思うこともありますが、

学習に費やし周囲への協力を得た時間を

他のことに使えると考えると反省している日々です。


最後に

くぼったけん先生、ご指導・ご指南、

ありがとうございました。

三年目にして無事に合格出来ました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る