宅建の模擬試験20点からの大逆転!

性別男性
年代30代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア栃木県
勉強時間500時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問
商品テキスト
受験回数初学者(1回目)
ダブルライセンスFP,簿記
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
気づけば37歳、会社がもしなくなったらどうしようと考えるようになりました

ネットで転職に有利な資格を探し、宅建が良さそうだとということに

資格探しをしているときに、やたらと合格率○倍のフォーサイトという広告を見かけ、フォーサイトについても調べ、良さそうだったので早速申し込みました

資格試験は10年前にP検2級と日商簿記2級を取った時以来だったので、最初はなかなかやる気が出ませんしたが、昨年登録販売者の資格を取った妻が何を思ったのか、私に教材見せてと言い出し、勝手に勉強を始めました

登録販売者の試験で勉強癖が付いていた妻は、あっという間に私を追い越し先へ先へと進みだしました

焦った私の追いかける受験生生活が始まりました

5歳と3歳の子育て中のため、妻は16時までのパートでしたので、勉強時間は私よりも多く取ることができ、結局試験1か月前になっても妻との差は広がるばかりでした

これは模擬試験で私より点数取ってくれるだろうと期待し、妻に先に受けさせたのですが、結果はまさかの20点…私の倍は勉強した妻が20点…

私はショックのあまり半日寝込みました

これは私も相当ひどい点数になるだろうと思いながら模擬試験を受けてみたところ、35点取れました(フォーサイトすごすぎ・妻あほすぎ)

そのころにはダブル合格したら、ご褒美に豪華客船で旅行しようと決めていたのですが、妻の合格は絶望的な状況に思えました

私はあと1ヶ月勉強すれば何とか合格できるだろうと見込んでいましたので、私の勉強時間を少し削り妻の追い込みに全面協力することとなりました

洗いものとゴミ出しは私がやり、過去問もテキストも妻が優先的に使用、妻の分からないところは私が語呂合わせを作って教えるなど、全力で馬鹿神輿を担ぎました

昨年の合格点が37点でしたので、妻は最悪受からないまでも33点くらいは取ってほしい!来年の再受験につながる点を取ってもらいたい!そんな思いで妻の追い込みのため身を削りました

そんな試験直前の無理がたたったのか、試験当日に私は風邪で我慢できないほどの頭痛のため、頭痛薬を飲みながらの受験となりました

※妻は体調万全

私はぼんやりした頭で何とか試験を終えましたが、手ごたえはありました

妻に試験の感想を聞くと『手ごたえ無し!』とのこと

私はたぶん受かったが妻はぎりぎり落ちているかもねと話しながら帰りました

帰宅後、早速フォーサイトの解答速報を見ながらマル付けしたところ、私は37点・妻は何と38点、くぼ宅建の予想は37点…私は合格発表まで生きた心地がしませんでした

しかし妻は豪華客船クルーズのパンフレットをすごい勢いで読み始めました (あの…ダブル合格でないとクルーズいけませんよ奥さん)

12月4日9時30分、合格発表をお互いの職場で確認し、無事二人とも合格!合格客船に乗り込むことができました!

模擬試験20点からの大逆転 諦めないで本当によかったです

窪田講師ありがとうございました!
16おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る