合格体験記 「「勉強癖」をつける」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

「勉強癖」をつける

( 男性 /  30代  / 自営業 )

私がフォーサイトの講座を受講しようとした決め手は、DVDの講義内容が充実していたところです。
7月上旬にサンプルを送付頂き、同月下旬に受講申込、そして8月1日(出願締切日)に出願と、決して本試験まで時間に余裕はありませんでしたが、私の仕事柄、車を運転する機会が多いので、まずはDVDをエンドレスで再生して講義にひたすら耳を傾けることから始めました。
講義を耳に慣らした後は、改めて自宅で落ち着いてDVDを見ると、すでに耳では内容を覚えているせいか、難しそうな項目でも理解するのに時間はかかりませんでした。
また、講師歴25年の重鎮・先生の一言一句には説得力があり、これは難しい内容だなと不安がっていると、「これは出たら解けません」や「肢をなるべく絞って最後はエイヤーで」等、先生から数々の名言?を授かったお陰で、精神的に凄く楽にそして前向きに勉強に取り組むことができました。
過去問は、8月はひたすら宅建業法、9月は前半に法令上の制限、中盤にその他の法令、後半に権利関係の学習を集中して取り組みました。難易度A・Bの問題だけですが、迷い無くほぼ全問正解ができると、それまでの努力が報われた気分になって嬉しかったです。
先生も講義で何度も仰っていましたが、過去問は、「解ける問題を完璧に解けるようになるまでこなす」ことに尽きると思います。
10月に入ると、本試験も近づき、何をしたらいいか迷ってしまいましたが、主に本番を意識してプリントアウトした年度別の過去問を解いてみたところ、直近10年分の過去問全てで合格ラインを超えることができるようになりました。
そして本試験を迎え、緊張もあって自分では決して納得のいく手ごたえではありませんでしたがそれでも自己採点39点となって先日、合格証書が自宅に届きました。
嬉しいのは勿論ですが、一番は目標を達成できてホッとしました。
自分の場合、1日に何時間という細かい目標は設けずに(ただし、必ず1日1回は数分でも勉強に取り組む)、休みの日に机に向ったら時計を見ずに行けるところまで行くと心に決めて、日によっては朝の10時から夜の12時まで食事もせずに勉強していたこともありました。
仕事や家事と勉強を両立することは大変ですが、一度、「勉強癖」をつけることができれば、必ず少しでも時間ができた時真っ先に、「勉強したい・勉強しなくちゃ」と身体が勝手に反応してくれると思います。
自分もせっかく培った勉強癖を今後も活かしたいと思い現在、マンション管理士・管理業務主任者資格試験合格を目指してまたフォーサイトで受講を検討しています。
まず、宅建合格をさせて頂いたことに感謝・御礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら