合格体験記 「短期間で合格を目指す人にはお勧めです」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

短期間で合格を目指す人にはお勧めです

( 男性 /  30代  / 会社員 )

会社で宅建を取るように進められて、7月から勉強を始めました。

7月は、DVDの講義を一通り見るだけで概要をつかむようにしました。
この時期は、休みの日くらいであまり勉強をしていませんでした。

8月に入り、次に過去問を解説を見ながら覚えていきました。
DVDだけでは意味が分からず、過去問の解説をみてわかるようになりました。
フォーサイトの過去問は、非常に使いやすかったです。
講義で基礎を固めてから過去問で応用といった形です。

解説を2回くらい読んでようやく理解が出来ました。
結局、講義、過去問のDVDは、1回しか見れませんでした。
理想は、2回は、見るのが目標でしたが、
勉強を始めるのが遅かったので時間がありませんでした。

8月の1ヶ月間は、休みの日に、
過去問のDVDと問題集を一通りやることで終わりました。
この時期は、暇な時は、勉強するくらいでした。

9月に入って勉強量の少なさに焦り、勉強量を増やすようにしました。
この時期から、暗記をするようにしました。
同じ問題を何回しても間違いました。

10月は、先生も勉強量を2倍にするように言ってたので、
10月に入ってからは、見たいドラマもすべて録画して、
仕事から帰って家で2時間くらい勉強し、休みの日は、4,5時間は勉強しました。

フォーサイトの過去問をひたすら解きました。

結局、ひとつの問題は、最低5回はやりました。

試験前は、インターネットの無料模擬試験をやり、
分からないことが出てきたので、他のテキストに手をつけようか迷いましたが、
今更やっても時間がないと思い、テキスト、過去問を繰り返しやりました。

結局、フォーサイトと無料模試1回しかやりませんでした。

試験は、25問目以降、全問正解で、自己採点で37点でした。

宅建は、試験範囲が広く全部を理解しようと思ったら
とんでもない勉強量が必要になります。

試験を終えて思うのが、浅く広く勉強すれば受かると思いました。

宅建業法は、満点近くとらないと難しいので
宅建業法を中心に勉強すれば、良いと思います。

民法は、勉強しても難しい問題が多いので、
半分正解を目指して勉強した方が良いと思います。

法令上の制限とその他の法令は、何回やっても覚えれませんでした。

自分で紙に書いて、寝る前に見て覚えたり、
電車の中で単語帳を何度も繰り返して覚えました。

「フォーサイト」さんは、要点だけが載っているので、
短期間で合格を目指す人にはお勧めです。

.

よく見られている合格体験記はこちら