宅建の試験前2週間は、試験日と同じスケジュールで過ごして正解だった

性別女性
年代40代
試験年度2013年(25年度)
エリア東京都
勉強時間600時間
勉強期間1年間
職業主婦
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
試験勉強を始めたのは、ちょうど1年前の試験実施の頃でした。高卒で10年近く働き結婚、15年経過する間に派遣で働くこともありましたが、ほぼ専業主婦の生活。

パートの時給は学生とあまり変わらない現実に、国家資格が欲しい!と思うようになっていました。とにかくお金をかけずに資格を取る!と決めてネットで見つけたのが「フォーサイト」で、不動産の予備知識がゼロの状態で何から手を付けていいか分からない私は、あちこちの教材を資料請求しました。

すると、あきらかに「フォーサイト」の教材だけに違いがあり、「勉強しなくていいことまで勉強させられ失敗する!」ということにに気づかされました。ダントツの安さに不安もありましたが、同封のDVDに登場する講師の先生の正直な発言に大変好感を持ちすぐに決断しました。

届いてからは1年ある!という余裕から、スケジュール通りに学習が進まないこともありましたが、

「残り2か月、過去を悔やんでも仕方ありません。〇〇をしっかりやりましょう!」

というようなメルマガの言葉に、「見てたの?!」と思いながら、「はい、ごめんなさい。サボらず頑張ります!」と反省し、過去問と向き合う日々でした。

その定期的に届くアドバイスは本当に的確で、長年に渡り培われた経験によるものと感じていました。

試験2週間前からは試験当日と同じ行動を心がけ、食事時刻に始まり移動中の過ごし方や試験の残り時間までシュミレーションし、何度もアドバイスの注意事項を読み返しました。

その間、過去問や模擬テストを他社の物も購入し実施したのですが、「フォーサイト」の指導とは全く違う解答もあり正直混乱する場面が何度もありました。

その度に「フォーサイト」の先生を信じよう!と決め、本番に臨みました。

お恥ずかしい話、過去問・模擬テストでは1度しか合格点に達したことがなかったので、全く自信が無い状態で本番を迎えてしまったのですが、「自信が無いのはみんな同じ!」という先生の言葉を胸に、50番から順に解いていきました。

前半の半分は「簡単♪」と思ったのもつかの間、後半は「超難解↓」と一喜一憂して残り5分、確実に得点しなくてはならない問題を見直したところ、3問も間違いに気づかされ慌てて直したところで終了!「絶対に無理だー」とうなだれて帰宅しました。

簡単な問題であれだけ間違っていたのだから、きっと見直し出来なかったところもいっぱい間違えているに違いない!と思ったからです。

その本番から一か月以上経ってからの発表…。

誰にも発表の日を告げずに迎え、こっそり確認したら「合格です。」と画面が出てきたので、受験番号の入力を間違えたかと何度も確認してしまいました。自分を追い込むために知り合いに宅建を挑戦する話をしていましたが、その度に失敗に終わった人の話ばかりを聞いていたので本当に嬉しく思います。

「この勉強で得たいものは何か?合格であって知識では無い!」とはっきりアドバイスして下さったこと。

闇雲に知識を詰め込むにも限度があり、きちんと取捨選択し必要なことはしっかり指導して下さったこと、これが合格につながった1番の要因にあたると思います。本当にありがとうございました。

不動産業に従事しながら宅建を持っていない主人に自慢しちゃいます(笑)
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る