宅建1ヶ月前の模試でも合格基準に届かず慌てて取り戻そうと頑張りましたね

宅建1ヶ月前の模試でも合格基準に届かず慌てて取り戻そうと頑張りましたね

性別女性
年代30代
試験年度2013年(25年度)
エリア埼玉県
勉強時間300時間
勉強期間4ヶ月間
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
とりあえず振り返ってみて、よく合格できたなぁと。

DVDは最低2回は。DVDをかけながら寝たりしたときもありました。

道場破りで不合格と成績がサイト上表示されることになっても解答したりと、とにかく時間が空けば道場破りに出向いたり、記憶力のいい就寝直前にテキストを開いて図をイメージできるよう顔にのせて寝たり問題を解いたりもしました。

過去問は民法は捨てたも同然だったので他の分野を徹底的に各3回以上はしたかもしれません。

他の人なら仕事をして寝る時間を削ってといったところなのでしょう?でもわたしは実家の手伝いで出かけないときはフリーなんだからこれで合格しなかったら一体どうしたら合格できるの?と自分を奮い立たせるようにして。

でも実際受講開始とラスト1ヶ月のその間の中間はどうにかなるさと甘えた自分がいたのは間違いはないのですが。

さすがにラスト1ヶ月は他校の有料模試で力試し。でも合格基準ラインには到底及ばず。のんびりした時間を過ぎて後悔。自分の実力がここまで散々だったとはと焦り、一般に販売しているのを二冊ほど解きまくり、フォーサイトの過去問をまたひたすら解きまくりました。

このくりかえしで試験当日まで何度も何度も繰り返し自信に繋げようと努力しました。自分がどこでどの言い回しに引っ掛かっているのか書き出したりしたのが良かったと思います。何度も繰り返しているうちに解き方がわかったような。

宅建を受けようとしたのは6月下旬。嫁いで早いもので8年が経とうとしたとき、前から不安だった自分の精神面と体が悲鳴をあげていました。

その時に実家に休養で帰省したのですが、自分は二級建築士の免許を学生の時に取得しても社会人経験ゼロで無力な自分を何とかしなければと考えさせられる機会がありました。

土地家屋調査士はさっぱりついていけずに手をあげてしまったのですが、マークシートならと二級建築士をちょっとでも活かせたらと、以前から気にしていた宅建を調べてみたら受験には何とか間に合いそうなこのフォーサイトと出会いました。

合格したら実務経験ゼロの私は受講しなければなりませんが、それでもたった1カ月で実務経験2年と同等ならば頑張らなければと現在前向きな自分に合格した現在会えました。

このフォーサイトに出逢っていなければ今の私はいないと言ってもいいほど、他の受講者や講師に励まされ、心強かったからこそ乗り越えて合格できて本当にほっとしました。感謝しています。ありがとうございました。

この先の人生に活かさなければこの数ヶ月が無駄になってしまうので、無駄にならないよう次のプレッシャーに圧されながらも前進していこうと思います。

最後に、心細くて質問箱の質問に直ぐ回答してくださってありがとうございました。大変感謝しています。今の私は前向きだと言い切れるほど、この数ヶ月で変われた気でいます。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る