合格体験記 「難しい資格に手を出してしまったなぁー」

宅建・宅地建物取引士通信講座合格体験記

文字サイズ 

難しい資格に手を出してしまったなぁー

( 男性 /  40代  / 会社員 )

宅建主任者の資格を取得するにあたって
最初に悩んだのは、どの通信講座にするかということでした。

真っ先に手掛けたのは、インターネットでの検索です。
いわゆる「評判」とか「ランキング」調査です。
費用はどうなのか?教材はどうなのか?
そして講師はどうなのか?などなど。
しかし、初学者である私は、判断基準をもっていないため、
人の意見に流されるばかり…。

最後の決め手は、DVDがあること、テキストがカラーであること、
そして費用の負担が少ないこと、
この三点のみでフォーサイトにお世話になることになりました。

実際に勉強を始めた頃は、
「難しい資格に手を出してしまったなぁー」と後悔したこともありました。
ただ、講義とテキストの構成が、業務の流れに沿って解説してあり、
全体像が把握し易い内容となっていることから、
テキストと問題集を一、二回やり終えた辺りでは、
むしろ自ら疑問を抱き色々と調べるようになりました。

よく行った方法は、インターネットの検索です。
時には、「物権変動を詳しく知りたい」と思い司法書士のHPを読んだり、
「ラーメン構造って何?」と思い写真を探したりして
理解を深める努力をしました。

しかし、それでも理解出来ないときは、先生に質問です。
ところが面白いことに、合格のために必要な質問については、
丁寧に回答をして頂けるのですが、合格への道のりから外れている質問には、
「そこまで勉強する必要はありませんよ。」と、
ばっさりです(笑)こうやって、学習する方向性を矯正しておられるのでしょうね。

最後の仕上げとして行ったのが、市販されている他社の模試です。
これには4回分の模試が付いていたのですが、
すべて35点から40点!この時点で、
漸く勉強の方向性は間違っていなかったと確信しました。

あとは本試験に備えるばかり。

試験の結果は、自己採点で40点。
悔しいのは、「誤っている選択肢は幾つあるか」という問に、
正しい選択肢の数を解答してしまったことです。
何を問われているかよく確認しなければいけませんね。

合格発表の翌日に届いた合格証書、
とても立派に見えました。

先生、色々とお力添えを頂きありがとうございました。

.

よく見られている合格体験記はこちら