ファイナンシャルプランナー3級の合格率

ファイナンシャルプランナー3級の合格率

ファイナンシャルプランナー3級の合格率

FP3級は簡単!と言われているけど、「どれくらい簡単なの?」「合格率はどれくらいなの?」と気になっている方は多いはず。
この記事では3級FP技能検定を運営している2つの団体「日本FP協会」と「金融財政事情研究会(以下金財)」とで分けて、2019年9月実施分までの過去3年分の合格率をまとめました。
それでは、FP3級試験のそれぞれの合格率を詳しく見ていきましょう。

➡FP3級の難易度はこちら
目次

FP3級の合格率

2019年9月に行われた「日本FP協会」の3級合格率は72.43%です。
以下の表が「日本FP協会」の学科試験と実技試験の同時受験者に関する合格率および、学科試験と実技試験それぞれの合格率に関する過去3年分の推移となります。

FP3級の合格率

年度 受検者数 合格者数 合格率
2019年9月 19,747人 14,303人 72.43%
2019年5月 16,095人 11,364人 70.61%
2019年1月 21,148人 15,544人 73.50%
2018年9月 18,158人 13,998人 77.09%
2018年5月 14,790人 11,700人 79.11%
2018年1月 19,154人 15,275人 79.75%
2017年9月 15,679人 11,658人 74.35%
2017年5月 13,313人 9,591人 72.04%
2017年1月 17,051人 11,559人 67.79%

FP3級 学科試験の合格率

年度 受検者数 合格者数 合格率
2019年9月 22,266人 17,388人 78.09%
2019年5月 17,865人 12,340人 69.07%
2019年1月 23,270人 17,240人 74.09%
2018年9月 19,987人 15,715人 78.63%
2018年5月 16,405人 12,947人 78.92%
2018年1月 21,305人 17,114人 80.33%
2017年9月 17,902人 14,048人 78.47%
2017年5月 15,609人 11,218人 71.87%
2017年1月 19,165人 12,878人 67.20%

FP3級 実技試験の合格率

年度 受検者数 合格者数 合格率
2019年9月 20,332人 16,159人 79.48%
2019年5月 16,771人 14,493人 86.42%
2019年1月 21,950人 18,303人 83.38%
2018年9月 18,707人 16,182人 86.50%
2018年5月 15,416人 13,947人 90.47%
2018年1月 19,936人 17,756人 89.07%
2017年9月 16,222人 13,848人 85.37%
2017年5月 13,810人 11,902人 86.18%
2017年1月 17,988人 15,303人 85.07%

日本FP協会3級の合格率は、学科試験が70~80%、実技試験は80~90%ほどです。
学科試験、実技試験ともに、合格率はとても高いことがわかりますね。
なお、日本FP協会が実施している実技試験の科目は、資産設計提案業務です。金財に関する実技試験の科目は、後ほど説明します。

2019年9月に行われた「金財」の3級学科試験の合格率は62.77%、実技試験の合格率は44.38%です。
以下の表が「金財」の過去3年分の学科試験、実技試験の過去3年分の合格率となります。

金財3級 学科試験の合格率

年度 受検者数 合格者数 合格率
2019年9月 27,677人 17,374人 62.77%
2019年5月 22,258人 9,518人 42.76%
2019年1月 26,256人 13,631人 51.91%
2018年9月 25,297人 15,594人 61.64%
2018年5月 22,070人 12,767人 57.84%
2018年1月 30,692人 20,055人 65.34%
2017年9月 32,635人 22,830人 69.95%
2017年5月 29,734人 16,390人 55.12%
2017年1月 34,856人 16,800人 48.19%

金財3級 実技試験の合格率

年度 受検者数 合格者数 合格率
2019年9月 27,426人 12,174人 44.38%
2019年5月 24,322人 11,981人 49.25%
2019年1月 29,766人 14,215人 47.75%
2018年9月 26,176人 11,236人 42.92%
2018年5月 23,229人 12,363人 53.22%
2018年1月 29,587人 16,707人 56.46%
2017年9月 30,467人 21,847人 71.70%
2017年5月 24,821人 12,494人 50.33%
2017年1月 30,403人 19,396人 63.79%

金財のFP3級の合格率は、学科試験が40~70%、実技試験は40~70%であることがわかります。 金財は学科試験と実技試験の合格率はほぼ同じ推移で、受験回によって合格率にばらつきがあるのが特徴です。
また、金財の試験については、日本FP協会と比較して、合格率が低いです。金財は法人申込の受検者が多いことや、実技試験での専門性の高い出題により、合格率がやや低くなっているものと考えられます。
なお、金財が実施している実技試験の科目は、FP3級では、

  • 実技(個人):個人資産相談業務、
  • 実技(保険):保険顧客資産相談業務
の2種類です。 金財の受検者は、これらの中から実技試験の1科目を選択します。

FP3級の合格率の年度別推移

次のグラフは、学科試験と実技試験の過去3年分の合格率の推移です。
前述の通り、FP3級の試験は「日本FP協会」と「金財」の2つの団体で実施されていますので、それぞれの合格率の推移を掲載しています。

学科試験の推移

学科試験の合格率は、日本FP協会では75%前後、金財では55%前後で推移をしています。
学科試験の内容は日本FP協会と金財と全く同じにも関わらず、日本FP協会の合格率(75%前後)と金財の合格率(55%前後)とでは、実に1.5倍近くの開きがあります。 この合格率の差の理由は、前述通り金財の受験生は、法人申込みが多いため、勉強意欲が少ない人の割合が高いからだと考えられます。
それでも55%前後で推移していますので、半分以上は合格することができると思えば、合格しやすいことがわかりますね。
なお、両団体を合算して考えた場合の学科試験全体の合格率は65%になります。

実技試験の合格率は、日本FP協会では80%~90%と安定をしていますが、金財は40%~70%と試験で合格率に大きな差があります。
やはり実技試験においても日本FP協会と金財では日本FP協会の安定して合格率が高いというのが目立ちます。

実技試験の推移

FP3級の合格者の年齢や業種

FP3級の試験における受験者の年齢層などに関するデータは残念ながら発見できませんでしたが、日本FP協会が公表しているAFP・CFPの認定者に関するデータでは、40歳代、50歳代が31%と最も多く、次いで30歳代が16%、60歳代が14%となっていました。
一方で10代~20代の認定者は8%に留まっていました。
また、資格認定者の業種は金融や不動産が多く半分以上を占めていますが、その他にも様々な業種の方がいます。
FP2級は取ったけどAFP・CFPの認定は受けていない場合がありますので何ともいえませんが、おそらくFP技能検定自体の受験者も30代以上が多いかと思われます。

※参考:日本FP協会 データで見るFP資格

まとめ

FP3級の合格率をみてきましたが、日本FP協会では毎回70%前後で推移しています。合格率が高くて安心した人もいるでしょう。FP2級の合格率は40%前後であることと比べてもFP3級は易しい試験です。
3級学科試験の内容は、マルバツの正誤式の問題が30問、そして残りの30問が三肢択一式となります。
2級試験は60問全てが4つの選択肢から答えを選ぶ四肢択一式なので、選択肢の少ない3級は難易度が低いといえます。
FP3級の試験は決して難しくありません。毎日少しずつでも学習し、合格を勝ち取りましょう。

関連記事