マンション管理士試験の難易度は?合格率などから検証

マンション管理士試験の難易度は?合格率や勉強時間から検証

これからマンション管理士試験を受けたい場合、まずは難易度の検証が重要です。合格率から、難しさを想定できます。結論からいうと管理士試験の合格率相場は10%を超えておらず、難関です。高難易度への対処法を今から考えておきましょう。

今回はマンション管理士試験に興味があり、難しさを知っておきたい方のために、難易度の検証をしておきました。以上を踏まえて難しい要素への対処法を解説します。これを読めば資格試験の難しさを知りつつ、乗り越えるためのヒントがわかるでしょう。

目次

マンション管理士試験の合格率

まずはマンション管理士試験の合格率を見ていきましょう。結論から述べると相場が10%を超えていないので、国家試験として難関です。男女別の違いはなく、年代では30代~40代が優勢であるなどの特徴が見られます。以下で合格率のデータを確かめてください。

合格率相場は10%弱

公益財団法人マンション管理センターによると、マンション管理士試験の合格率は10%弱です。以下で詳細なデータを見ていきましょう。

試験時期 合格率
2020年度 8.6%
2021年度 9.9%

出典: 公益財団法人マンション管理センター「令和3年度マンション管理士試験の結果について」


以上のように合格率が限られているため、難関試験とイメージできるでしょう。マンションに住んでいるだけではわからない専門知識が問われるからです。以上から管理士試験を目指すなら要点理解を中心に、入念な学習が必要でしょう。

男女別では互角

男女別で比べてみると、互角です。以下のデータを見ていきましょう。

性別 合格率
男性 9.9%
女性 10.1%

合格率での比較では、女性がわずかに男性を上回る程度です。以上から女性でもコンサルティング業で活躍できる可能性があります。マンション管理士は、性別を問わずに出世のチャンスがあるでしょう。

年齢別では30代~40代がやや優勢

年齢別では30代~40代が優位に立っています。こちらも詳細なデータを以下の表にまとめました。

年齢 合格率
20代以下 9.2%
30代 12.1%
40代 10.9%
50代 9.8%
60代以上 7.8%

以上のように30代と40代が10%を超えています。このあたりの世代は一定の社会経験があり、学習意欲も高いと想定できます。60代以上のシニア世代の活躍も見られますが、基本的には30代以降で、マンション管理士への転身を目指す方が目立つ印象です。

このようにマンション管理士は、一定の社会経験がある方にとって有利でしょう。

試験地別では地方が優勢か

試験地別の合格率では、地方が優勢です。以下の表にまとめました。

試験地 合格率
札幌 7.3%
仙台 11.9%
東京 9.9%
名古屋 12.1%
大阪 9.1%
広島 11.7%
福岡 10.1%
那覇 1.8%

2021年度のデータで見ると、仙台、名古屋、広島、福岡が10%を超えています。東京や大阪のような大都市圏でも9%台ですが、地方の試験地の方が比較的合格しやすい印象です。地方でもマンションの需要が一定数あり、管理運営に関心を寄せる方がいるのでしょう。以上からマンション管理士は、地方での活躍も想定されます。

マンション管理士の難易度が高い背景

マンション管理士試験の合格率が低いことは、それだけ難易度が高いという意味です。背景として受験資格がないことや、難解な法律問題が挙げられます。それぞれの詳細を見ていきましょう。

国家資格だが受験資格が設けられていないため合格率が低い

マンション管理士は国家資格ですが、受験資格が設けられていません。門戸の広さがかえって合格率を引き下げている可能性があります。誰でも受けられることは、受験者のモチベーションの差が大きいことが想定されるのです。一方で入念な勉強をしたうえでマンション管理士試験に臨めば、思ったよりスムーズに問題を解ける可能性があります。

誰でも受験可能な国家資格には、他にも行政書士や司法書士などがあります。しかし各資格試験の2021年度における合格率は、以下のとおりです。

資格試験 合格率
マンション管理士 9.9%
行政書士 11.18%
司法書士 5.1%

国家試験では受験資格がないからこそ、前向きなモチベーションが課題になります。適切な試験計画を立て、毎日丁寧に学習を進めれば、他の受験者と差をつけられるからです。誰でも受けられるからとりあえず受けるのではなく、資格取得を通してやりたいことをはっきりさせましょう。

このように受験資格なき国家試験では、資格取得後の動機も重要です。動機が充分なら、学ぶべき内容を重要と感じやすくなります。資格取得後の実務をイメージしながら、勉強に励むとよいでしょう。以上がマンション管理士の難問を乗り越えるポイントです。

難解な法律問題が難易度を高めている

マンション管理士になるには、一定の法的知識も欠かせません。賃貸物件の管理や、関連の組合を運営するには一定のルールがあります。これに関わる法律にも従わなければいけません。全国のマンションで誰もが安心して暮らすためです。

管理士試験では民放を問われます。他にも区分所有法や建築基準法などの法的知識が必要です。法律を覚えるにはある程度のテクニックが大切といえます。このあたりがマンション管理士試験の難しさにつながっているのでしょう。

マンション管理士は士業である以上、一定の法規に従わなければなりません。法律を学ばなければいけない点で、難しく感じる方もいるでしょう。

このような背景から不動産関係の初学者にとって、マンション管理士試験は難しいといえます。法律を学んだことがない方が士業試験のために勉強を始めると、ある程度の困難を極めるでしょう。理解すべき要点が多く、複雑な知識もマスターしなければならないからです。

一方で不動産や法律に関する資格を保有していれば、マンション管理士試験の難易度にも対処できるかもしれません。たとえば管理業務主任者は、関連の知識の一部がマンション管理士に通じます。宅建士も不動産を扱うため、この資格の保有者はマンション管理士試験の問題を比較的解きやすいでしょう。

不動産や法律の初学者なら、マンション管理士試験の勉強を根気よく進めなければなりません。しかし管理業務主任者や宅建士などの資格があれば、比較的難易度を低く感じるでしょう。予備知識ですぐに対処できる問題が想定されるからです。

マンション管理士試験の難易度を出題内容から検証

マンション管理士試験の科目は、大きく分けて4つです。それぞれの出題内容から難しいポイントを確かめてください。ここでは法令系や会計・管理実務などの科目に分け、難易度や注意点をまとめました。

法令系

法令系の難しいポイントは、民放の出題範囲の広さです。他にもさまざまな法的知識を問われるので、基本的に難易度が高いでしょう。基礎の徹底を通し、応用問題へ対処する準備を整えてください。

特に民法は出題範囲が広いため、法律初学者にとって難しく感じるでしょう。問題によっては、意味の解釈に時間がかかるかもしれません。複雑な事例を取り上げ、法的解釈を求める問題があるからです。

また民法以外でも区分所有法や借地借家法、不動産取引関連の民法などが問われます。以上でも具体的な事例を取り上げ、正しい対応を求める問題が多いのが特徴です。ひっかけ問題も含まれるので、問題文や選択肢を慎重に読み、正しい答えを見分ける練習を重ねてください。

対処法として、最初に基礎の徹底を心がけましょう。民法は総則や物権、債権、親族、相続からなります。それぞれの定義を理解したうえで、契約や債務不履行、抵当権などの細部を覚えてください。基礎の徹底が、応用問題の対処力につながります。

事例を交えた出題があるため、ケースバイケースで対処できるスキルを身に着けてください。過去問にも事例を交えた問題があるため、何周も解いて要点を理解しましょう。以上の徹底によって、本番では複雑な問題にも対処できます。

法令系は出題範囲が広く、応用問題への対応が難しいのが特徴です。基礎を徹底のうえ、過去問を何周も解き、本番への対応力を身につけましょう。

会計・管理実務

会計や管理実務では問題数が少なく、全科目のなかではそこまで難易度が高くありません。基本的に要点理解で対処できるからです。過去問から要点をつかみ、それらを徹底的に覚えましょう。

ただし管理業務分野は、このジャンルのなかで比較的複雑です。区分所有法や標準管理規約にも通じる知識を問われます。他ジャンルとの関連を見出しながら覚えていくと、理解を深められるでしょう。

以上から民法に苦手意識があると、管理業務分野も難しく感じるかもしれません。特に法律の初学者には、複数のジャンルを関連づけて覚えるテクニックが苦手という方がいるでしょう。両方を照らし合わせ、関連性をテキストに書き込みながら覚えていくと、難問への対応力が上がります。

またこのジャンルでは標準管理規約の出題数が比較的多いようです。問題数が多いジャンルほど要点理解に時間がかかるので、難しいといえます。会計や管理実務の勉強をするには、標準管理規約を重点的に学びましょう。

標準管理規約でも、事例問題が出ます。管理組合や理事会の運営などでこのような問い方が見られるのです。以上から過去問を通して、事例解釈に慣れていきましょう。

会計や管理実務は得点を稼ぎやすい科目です。しかし管理業務分野や標準管理規約でつまづくと、合格が厳しくなるでしょう。

設備系

設備系は出題範囲が幅広く、難易度が高いといえます。設備関連の法的知識も多数問われるため、全科目のなかでも多めに勉強時間を割きましょう。体系的な理解を心がけることで、理解度を上げられます。

設備系はマンション管理士試験のなかで、民法に劣らぬほど難易度が高いでしょう。出題範囲が幅広いうえ、複雑な知識も扱うからです。特に建築関連の予備知識がない方には、学習が難しいでしょう。

具体的にはマンション設備は都市計画法、建築基準法などの法的知識が必要です。以上の法律は、賃貸物件の修繕工事や、新たな設備づくりなどに関わります。マンションの問題に対処するうえで、以上の知識は欠かせません。

特に建築基準法や建築設備の問題は、暗記要素が見られます。関連知識では細かい数値が関わることもあり、難しく感じる方がいるでしょう。しかし暗記優先の勉強になると、複雑な知識をたくさん覚えることに疲れ、モチベーションに響きます。

そこで重要なのは体系的な理解です。過去問を見れば正答からその理由を確かめられます。建築や設備関連の知識を仕入れるときは、理由を裏づける背景や、正解にたどり着くまでの流れを意識してください。

設備系は民法とはまた違う形で、複雑な知識を問われます。答えの背景にある流れを覚えることで、理解を深められるでしょう。

マンション管理適正化法

マンション管理適正化法は、試験科目としてそこまで難しくありません。過去問から要点を押さえるだけで、得点を稼げます。この科目での得点確保も、合格の可能性に関わるでしょう。

マンション管理適正化法は、特に難点となるポイントが見られません。出題傾向がわかりやすいからです。数年分の過去問を解くだけで、問われやすい要素がわかるでしょう。以上から過去問に目を通し、要点をとらえることが大切です。

このジャンルは管理士の知識や用語の定義を覚えていれば、ある程度対処できます。特に用語理解はマンション管理士における基礎です。多数の用語を覚えるほど、問題を理解しやすくなります。

ただし注意点として、勉強時間の配分が挙げられるでしょう。マンション管理適正化法は出題数が少ないぶん、配点も小さいといえます。このようなジャンルに勉強時間を割きすぎると、法令系や設備系問題への理解が進まず、かえって得点力を下げてしまうでしょう。

マンション管理適正化法は全科目のなかで難易度が低いといえます。だからこそ多数の用語を効率的に覚えるように心がけてください。

マンション管理士試験と他資格の難易度を比較

マンション管理士試験の難易度が他と比べてどうなのか気になる方もいるでしょう。士業資格には行政書士や社労士など、他にもさまざまです。また不動産系の資格には、管理業務主任者もあります。このような他資格と合格率や勉強時間を比べれば、マンション管理士試験の難しさがわかるでしょう。

公益財団法人マンション管理センター「令和3年度マンション管理士試験の結果について」のデータで、2021年度のマンション管理士試験の合格率は9.9%でした。合格に必要な勉強時間は、独学で約600時間以上とされます。以上を踏まえて、他資格との難易度比較を紹介します。

行政書士

まずはマンション管理士と行政書士の比較をします。2021年度の合格率と、勉強時間相場を比べてみましょう。

資格 合格率 独学での勉強時間
マンション管理士 9.9% 約600時間以上
行政書士 11.18% 約1000時間以上

合格率では行政書士試験の方が高めです。マンション管理士試験が1ケタにとどまっているのに対し、こちらの合格率相場は10%強になります。ただし勉強時間は初学者なら約1000時間は必要です。

合格率では行政書士の方が優勢ですが、試験準備のしやすさではマンション管理士の方が勝っています。準備にかかる時間を考えると、後者の方がチャレンジをしやすいかもしれません。

社会保険労務士

次はマンション管理士と社会保険労務士の比較です。2021年度の合格率と、勉強時間の相場を比べてみました。

資格 合格率 独学での勉強時間
マンション管理士 9.9% 約600時間以上
社会保険労務士 7.9% 約800~1000時間以上

社会保険労務士の合格率は、マンション管理士よりも低い相場といえます。労務管理や保険、年金などさまざまな法的知識を問われるからでしょう。不動産系の問題が主体であるマンション管理士よりも、難易度が高いといえます。

勉強時間も社会保険労務士になるには約800~1000時間は必要で、マンション管理士よりも時間がかかります。以上から後者の方が難易度が低いでしょう。

宅地建物取引士

続いては宅地建物取引士の難易度を、マンション管理士と比べてみましょう。

資格 合格率 独学での勉強時間
マンション管理士 9.9% 約600時間以上
宅地建物取引士 17.9%(10月実施分) 約300~500時間以上

2021年10月のデータで宅建士は、17.9%の合格率を出しました。マンション管理士の2倍近くの数字です。以上から試験問題のレベルは、マンション管理士の方が難しいでしょう。

勉強時間相場も宅建士は約300~500時間以上です。一方でマンション管理士は約600時間は勉強しなければならないため、準備段階でも難しいといえます。

司法書士

司法書士とマンション管理士の難易度比較を見てみましょう。

資格 合格率 独学での勉強時間
マンション管理士 9.9% 約600時間以上
司法書士 5.1% 約3000時間

2021年度の合格率では、司法書士が5.1%と低い数字です。マンション管理士の方が試験に合格しやすいでしょう。司法書士は民法だけでなく不動産登記法、商法、刑法、憲法など11科目が出題され、専門的知識もそのぶん多くなるからです。

以上から勉強時間も司法書士試験だと、約3000時間必要とされます。1年にとどまらず、2~3年かけて準備をする方もいるでしょう。マンション管理士の方が難易度が低く、試験準備も進めやすいといえます。

管理業務主任者

管理業務主任者は、マンション管理士資格の前段階として目指す方がいます。両資格ともマンション管理適正化法によってできた国家資格だからです。それぞれの難易度を検証してみましょう。

資格 合格率 独学での勉強時間
マンション管理士 9.9% 約600時間以上
管理業務主任者 19.4% 約500時間以上

2021年度の合格率では、管理業務主任者がマンション管理士の2倍以上です。勉強時間も前者は最低約500時間にとどまり、後者は約600時間以上必要になります。マンション管理士の方が難易度が高いといえます。

さらに管理業務主任者の資格を取れば、マンション管理士試験において5問免除を受けられます。この流れを考えると、管理業務主任者の資格を取ってから、管理士試験に臨むことも選択肢でしょう。

マンション管理士試験の高難易度への対処法

マンション管理士試験について、難易度が高いと悩む方もいるでしょう。そこで資格試験の高難易度に対処する方法を解説します。管理士資格を得るためにできることを、最大限活用しましょう。

関連性のある資格を先に取る

まずは関連性のある資格を、先に取ってはいかがでしょうか。最初の理由として、マンション管理士試験の予備知識を備えられるからです。加えてダブルライセンスにより、各資格を活かして独自の働き方ができるでしょう。

マンション管理士と関連性のある資格に、管理業務主任者や宅建士などがあります。前者は合格すれば、管理士試験で5問免除を受けられます。試験科目の重複も見られるため、管理士試験の前段階として見据えてもよいでしょう。

宅建士もマンション管理士同様、民法をはじめさまざまな法的知識を問われます。不動産取引における重要事項説明が主な業務なので、賃貸物件に関わる法律も学ぶ形です。以上から宅建士の知識も、マンション管理士に通じるものがあります。

管理業務主任者や宅建士試験の合格によって、マンション管理士試験におけるアドバンテージを得られるでしょう。

5問免除を受ける

管理業務主任者試験に合格すれば、5問免除を受けられます。管理士試験の難易度を下げる方法として最適です。ちなみにマンション管理士資格を先に取った場合も、管理業務主任者試験で5問免除を受けられます。

管理業務主任者試験の合格率は、マンション管理士の2倍以上とされます。以上から管理士試験における5問免除は狙いやすいでしょう。

管理士試験において免除の対象になるのは、マンション管理の適正化の推進に関する法律です。たった5問だけでも、解かなければいけない問題が減るのはメリットになります。そのぶん学習時の負担も減らせるでしょう。

問題の免除を受けても、充分な学習ができなければ不合格のリスクをともないます。このような注意は必要ですが、5問免除があるだけで、難しいという意識が和らぐでしょう。以上からマンション管理士試験の前に、管理業務主任者試験に挑戦してみませんか。

1冊の過去問を繰り返す

1冊の過去問を繰り返し解くことが、高難易度への対処法です。何度も読み返すことで、情報の書き場所とともに知識を覚えられます。過去問なら特定の知識について、出題年や問題番号、記載ページとともに記憶できるでしょう。書き場所と関連づけて覚えられれば、知識として定着しやすいといえます。

過去問は直近10年分を、5回繰り返すことがおすすめです。同じ問題を繰り返し解くことで、要点整理に役立ちます。5回以上繰り返せば、苦手分野の理解も深められるでしょう。

参考書を一周しただけで捨て、別のテキストに切り替えると、かえって理解を深めにくいといえます。テキストによって重要点が異なり、どこが大事なのかがわからなくなるからです。これではマンション管理士の知識をものにできません。

以上を考えても難しい問題を覚えるには、過去問の繰り返しが効率的といえます。この取り組みで定着した知識が、高難易度を乗り越えるコツだからです。

わかる問題から解く習慣を

マンション管理士試験では、わかる問題から解く習慣をつけましょう。簡単なところから始めれば、勉強のモチベーションを保ちやすいからです。一方で最初からわからない問題に向き合い続けると、資格勉強を難しく感じすぎてしまうでしょう。

試験に臨むときは、完璧主義になりすぎないようにしましょう。合格のために高得点を目指すことは大切です。しかし試験範囲全体を完璧に覚えようとしたり、無理に満点を目指したりすると、勉強時間がどれだけあっても足りないでしょう。勉強や試験においてダメな部分ばかりが目についた結果、モチベーションを失ってしまうかもしれません。

マンション管理士試験では、満点でなくても合格できる可能性があります。合格ラインを超えるという意識を保ちつつ、基礎的な部分から理解する習慣をつけましょう。

フォーサイト受講者のマンション管理士合格率

フォーサイト受講者に限ると、マンション管理士試験の合格率は全国平均を上回っています。2021年度のデータを見てください。

合格率
全国平均 9.9%
フォーサイト受講者限定 39.3%

出典: フォーサイト「マンション管理士・管理業務主任者通信講座」


このようにフォーサイトの受講者は、マンション管理士試験に4倍近く受かりやすくなっています。これはフォーサイト特有の受講システムや、教材のしくみが要因でしょう。このような通信講座受講によって、難問攻略のカギも見えてきます。

またマンション管理士試験の勉強時間は約600時間以上が推奨されます。一方でフォーサイト受講なら約500時間以上で合格を目指せるでしょう。以上も踏まえて、フォーサイトの特質を確かめてください。

フォーサイト受講者で合格率が高い理由は?

フォーサイト受講者で合格率が高い要因を紹介します。こちらの通信講座ではフルカラーテキストや上質な講義、eラーニング「ManaBun」など、さまざまな便利ツールが特徴です。それぞれの詳細を見ていきましょう。

フルカラーテキストで要点を理解しやすい

フォーサイトが便利な要因として、フルカラーテキストが挙げられます。さまざまな色をふんだんに使うことで、情報が記憶に残りやすいからです。白黒のページで作られたテキストよりも、目にやさしいでしょう。

近年はデジタルテキストが見られますが、こちらは記憶に残りにくいという指摘を受けています。デジタルコンテンツを見ても、脳の活動範囲が活字よりせまいからです。以上から労力の割に、記憶定着を受けにくい可能性があります。

その意味で、フルカラーテキストは記憶定着に役立つでしょう。情報に割り当てられた色がきっかけで、簡単に覚えられる場面もあるかもしれません。色つきの情報は、効率的な勉強に役立つでしょう。

上質な講義

フォーサイトが便利な理由として、講義のわかりやすさも関わっています。当社調べで、2021年度のマンション管理者試験合格者141名のうち、72%の受講生満足度を得ています。それほど我々は、上質な講義に自信を持っているのです。

受講生満足度が高い要因として、テキストのわかりやすさも挙げられます。フルカラーで見やすいテキストと、動画での明快な解説の組み合わせがポイントです。テキストの詳細をプロの講師から教えてもらえれば、効率的に要点を理解できるでしょう。

このようにフォーサイトでは、スムーズに学習を進められる講義が特徴です。

eラーニングでスキマ時間を生かす

フォーサイトではeラーニング「ManaBun」の利便性にも注目です。これがあれば、いつでもどこでも学習可能です。通勤時間や仕事の休憩時間などに役立つでしょう。

パソコンやスマートフォンでManaBunにアクセスさえできれば、時間帯を問わずに学べます。早朝の1時間勉強に役立ててもよいですし、15分程度のちょっとしたスキマ時間でも学習を進められるでしょう。このような利便性は、マンション管理士試験の勉強でも役に立つでしょう。

ManaBunはフォーサイト独自開発のeラーニングコンテンツです。時間が許す限り使い、マンション管理士試験の知識を深めましょう。

まとめ

マンション管理士試験の合格率の相場は、10%に達していません。国家試験として難易度が高いといえます。特に法令系や設備系が難しいので、これらは重点的に勉強しましょう。

勉強時間相場も約600時間以上あるため、準備段階から難しいといえます。ただし管理業務主任者のような関連資格に合格すれば、管理士試験で5問免除を受けられます。予備知識の獲得にもつながるので、アドバンテージになるでしょう。

過去問理解やフォーサイトの活用によって、高難易度を乗り越えられる可能性があります。便利なツールを活用し、要点理解中心の学習に努めましょう。以上を積み重ねていけば、マンション管理士試験の合格が見えてきます。