宅建士試験の独学での勉強時間は?スケジュール作成時の注意点も

宅建士試験の勉強時間の相場は、独学だと約300~500時間以上です。独学でも合格可能ですが、スケジュールやモチベーションの維持が課題になります。苦手分野を作らないように、計画的学習を進めてください。こうした取り組みは、難しい問題をこなすうえで大切です。

今回は宅建士資格の取得を目指す人のため、勉強時間に加え、学習計画の組み方を解説します。これを読めば、合格までの正しい道のりを想定できるでしょう。

目次

独学での宅建士試験合格の可能性は?

結論から述べると、宅建士試験に独学で合格する人もいます。ただしその場合はモチベーションの維持が課題です。独学は自分のペースでできるメリットもあります。一方で挫折しやすいデメリットに気をつけてください。

独学の場合、わからないことも一人で解決しなければいけません。テキストや過去問といったアイテムの調達も、一人でこなす必要があります。学習生活を見てくれる人がいないため、やめぐせがつかないように強い意志を持つことも大切です。

宅建士試験に限らず、独学では向き合わなければいけない問題があります。これらをこなさない限り、合格は難しいことに注意です。

初学者の勉強時間と合格までの期間

宅建士試験に臨む人には、そのジャンルにおける初学者もいます。ここではそうした人が独学する場合の勉強時間を見ていきましょう。合わせて合格までの期間も紹介するので、ぜひ確かめてください。

独学での勉強時間は約300~500時間は必要

宅建士試験に独学で臨む場合は、最低でも約300~500時間必要とされます。宅建士は、初学者にとって解きづらい問題が想定されるためです。難しい問題と格闘した結果、想定より勉強時間が長くなる可能性も考えてください。

試験問題では民法や宅建業法、都市計画法のような法律が大部分を占めます。法律はただ暗記するだけでは不十分です。シチュエーションに応じた法的解釈のような、体系的な理解も要します。

暗記と応用力強化のバランスを考えると、宅建士試験の独学では約300時間以上の勉強が必要です。

合格までの期間は早くて約3カ月半~5カ月半

宅建士試験を独学で合格するには、早くて約3カ月半~5カ月半は必要です。勉強時間相場は約300~500時間以上になります。1日3時間の勉強を続けた場合、100日~167日はかかる見通しです。

勉強の遅れを想定した予備日や、休息日などを設けた場合、約4カ月~6カ月半は見積もってください。余裕のあるスケジュールで、無理なく勉強をこなし、合格に近づけるのがポイントです。

想定外のことを見積もる意味でも、学習期間は長くて約6カ月半を考えてください。

通信講座受講なら約200時間で合格の可能性

通信講座受講であれば、宅建士試験を約200時間で合格できる可能性があります。講師からのアドバイスや、eラーニングによるサポートを見込めるためです。コンテンツの助けがあれば、効率的な学習ができます。

たとえば授業動画で講師の話を聞けるだけでなく、メールやコメントによって質問をして、答えを聞き出すことも可能です。eラーニングではゲーム感覚で臨めるテストや、短時間の授業動画などを利用できます。スマートフォンでデジタルテキストを見られるシステムにも期待です。

このように宅建士試験も、通信講座のサポートで効率的に学習できます。

予備知識がある人の勉強時間と合格までの期間

宅建士試験に臨む人には、法律や不動産の予備知識を備えたケースもあります。その場合は独学でも、初学者より短時間で合格できるかもしれません。予備知識がある人の独学期間について、詳細を解説します。

学習経験があれば初学者より勉強時間は短くなる可能性

不動産や法律の学習経験があれば、初学者より独学期間が短くなるかもしれません。初学者が臨む場合、最短勉強時間は約300~500時間です。予備知識の量にもよりますが、学習経験があれば300時間より短い独学でも、合格に近づけます。

これは不動産や法律の予備知識によって、無難に対応できる問題が想定されるからです。また宅建士試験で、惜しい点数で不合格になった人もいます。このような形での再チャレンジなら、以前より短時間での合格も目指せます。

学習経験の過信は禁物ですが、宅建士試験におけるアドバンテージとしては役立ちそうです。

合格までの期間は約3カ月半に近い

学習経験があれば宅建士試験の独学でも、約3カ月半に近い期間で合格を目指せます。宅建士試験の勉強時間相場は最短で約300時間です。1日平均3時間の勉強なら、約3カ月半で満たせます。

不動産や法律の学習経験があれば、最短期間での合格に近づけるかもしれません。予備知識だけでこなせる問題があれば、効率的に勉強を進められるからです。以上から学習経験によるアドバンテージは見逃せません。

不動産や法律の予備知識のおかげで、短時間での合格も目指せるでしょう。

予備知識があるからと油断しないことが大切

予備知識があれば、宅建士試験の独学でもアドバンテージがあると考える人がいるでしょう。しかし実際は、実力過信から油断しないことが重要です。予備知識があっても、学習計画は最低でも約300時間分を確保してください。想定外の難しい問題があると、対処に時間がかかるからです。

予備知識がある人には、仕事や育児で忙しい場合もあります。諸事情によって勉強できない日もあるでしょう。そうした場合のフォローも考え、できるだけ余裕のあるスケジュールで臨んでください。宅建士試験の予備知識があっても、一定の勉強時間の確保は不可欠です。

宅建士試験におけるおすすめの独学開始時期

宅建士試験での独学開始において、最適なタイミングを紹介します。試験本番は毎年10月が通例です。そこを考えると、初学者は4月からの独学開始が望ましいといえます。ただ予備知識があれば、6月あたりからでも間に合いそうです。独学開始時期について、詳細を以下にまとめました。

初学者は独学なら4月から始めるのがおすすめ

宅建士試験の初学者が独学で臨む場合、4月からの開始が推奨されます。宅建士試験は例年10月が本番です。そこから逆算すると、半年前から学習を始めるのが望ましいといえます。

宅建士試験の勉強時間は、独学なら約300~500時間は必要です。500時間かかる可能性を考えれば、約5カ月半は想定してください。休息日入りの余裕のあるスケジュールを組む場合は、約6カ月半は取っておきたいところです。

以上から初心者は、4月のような早めの学習開始によって、有意義に勉強を進められます。

予備知識があれば6月から独学でもよい

宅建士に関する予備知識があれば、6月からの独学でも間に合うかもしれません。これまでの学習や実務経験から、スムーズにこなせる問題が想定されるからです。このアドバンテージを活かして、短期間での合格も狙えます。

予備知識があれば、宅建士試験では約300時間で合格の可能性があるのです。3カ月半~4カ月で勉強時間を達成し、一定の知識をマスターできるでしょう。短い時間の勉強で済むとわかれば、安心して取り組める人もいます。

宅建士に関する予備知識があるなら、コンパクトなスケジュールでも独学合格を目指せるでしょう。

早期から勉強を始めるメリットを知ろう

宅建士試験の独学は、早くから始めるほどよいとされます。生活を見直すきっかけや、自分のペースで勉強を進められる可能性などがあるからです。早期の学習開始のメリットを以下にまとめました。

生活を見直すきっかけになる

宅建士試験の独学を早めに始めれば、そのときから生活を見直すきっかけになります。勉強という新習慣が加わることで、ライフスタイルが切り替わるからです。生活をガラリと変えれば、気分のリフレッシュにもつながります。

とくに4月から勉強を始めれば、新生活のサイクルに合わせて習慣化できます。起床時間や就寝時間だけでなく、食事や風呂のタイミングなども見直すチャンスです。勉強をきっかけとして、これまでより規則正しい生活ができるかもしれません。

宅建士の独学を早くから始めると、生活習慣を見直す余裕を作れます。

勉強に慣れるまでの期間を設けられる

早期独学のメリットとして、勉強に慣れるための期間設定も可能です。半年以上前から勉強を始めれば、学習の習慣化に向けた期間を設けられます。これを活かして、学習生活への適応を試せるでしょう。

資格試験の経験がない場合、勉強に対してうまくモチベーションを保てない人がいます。本番が迫っても勉強に身が入らない人もいるでしょう。しかしそうした人でも、早めの独学開始によって、勉強を習慣化するチャンスをつかめます。

資格試験の経験がない場合は、念のためとして、早めの学習開始を心がけてください。

自分のペースで勉強を進めやすくなる

宅建士試験の独学は、早めに始めるほど余裕が生まれます。そのぶん自分のペースで勉強を進めやすくなるのです。余裕のあるスケジュールなら、学習生活も無理なく進められます。独学期間中も心の余裕をキープできるでしょう。

宅建士試験合格には、独学で約300~500時間の勉強が必要です。1日2時間で300時間勉強するなら、約5カ月かかります。本番まで半年の段階から勉強を始めれば、1日2時間に加え、週1回程度の休息日も加えられます。

以上のような心に余裕を持てる学習生活が、独学合格のカギです。

宅建士試験の独学におけるスケジュールの立て方

宅建士試験に独学で挑む場合、スケジュールの立て方が重要です。科目別と時期別に時間配分をしておきましょう。

最初にやるべきは、科目別の勉強時間配分です。権利関係と宅建業法の配点が高いので、こちらに多めの時間を割いてください。科目別の学習予定時間が決まったら、時期に合わせて振り分けます。前半を基礎力養成機関とし、後半は過去問や模試を使った直前対策期としてください。

以上の取り組みによって、バランスのあるスケジュール構成になります。独学で合格を目指すなら、ぜひ実践してください。

科目別の時間配分

宅建士試験の独学について、まずは科目別の時間配分を解説します。権利関係と宅建業法を中心に、まんべんなく勉強してください。科目別に必要な勉強時間について、以下に詳細をまとめました。なお今回の勉強時間配分では、合計約300時間を想定しています。

民法等の権利関係は多めに取ろう

権利関係は基礎力養成に重要なので、勉強時間は約90時間が望ましいといえます。宅建士試験には4科目がありますが、権利関係はとくに重要です。以上から時間が許す限り、理解に努めてください。

この科目では民法の理解が欠かせません。判例を挙げた出題もあるので、暗記だけでなく体系的な理解が重要になります。最初は暗記をベースとした学習に努めてください。本番が近づいたら、過去問の解答を通し、応用力を鍛えましょう。

以上を考えると、権利関係の理解は複雑な作業になります。勉強時間も全科目のなかで、多めに割くのが理想です。

宅建業法も多めに取ろう

宅建業法も権利関係と同じ約90時間を取っておきましょう。宅建士試験において、例年20題と、全科目のなかで出題数が多いからです。一方で出題範囲が限定的なので、権利関係と同程度の勉強時間で問題ありません。

基本的に宅建業法では、テキストの読み切りにそれほど時間がかからないでしょう。一方で重要事項説明や免許欠格事由など、実務での重要項目も存在します。以上から各項目における丁寧な理解が必要です。

宅建業法は範囲が狭いのが特徴ですが、重要点が多いため、入念に取り組んでください。

法令上の制限は専門用語の理解に時間をかける

法令上の制限は、約80時間の勉強が重要です。問題数が少ないぶん、権利関係や宅建業法より少なめでも問題ありません。一方で複雑な専門用語を問われるため、その理解に時間がかかる見通しです。

このカテゴリーでは建ぺい率や第一種低層住居専用地域など、複雑な専門用語が多数あります。専門用語理解に努める時間も必要です。ここでの基礎力徹底が、問題の読解力や得点力の向上につながります。

法令上の制限は専門用語がネックです。しかし暗記の習慣化によって、問題を解きやすくなるでしょう。

税その他は短時間で効率的にマスター

税その他は約40時間の勉強で充分です。出題数が少なく、過去問から要点を押さえやすいといえます。短時間で効率的にマスターできれば、クリアが近づきます。

宅建士試験では、国土交通大臣認定の指定講習を受ければ一部問題の免除があります。それを前提にすれば約20時間でマスター可能です。問題の免除はアドバンテージになるため、チャンスがあれば指定講習も選択肢になります。

問題の免除がない場合は、税その他の要点について、効率的な理解に努めましょう。限られた勉強時間内で、素早くポイントをとらえてください。

時期別時間配分

次は学習時期に応じた独学時の時間配分です。前半は基礎力養成に専念してください。本番が近づいたら直前対策のモードに切り替えましょう。以上を前提としたスケジュールによって、効率的な独学が可能です。その詳細を以下にまとめました。

最初は基礎力養成に専念

宅建士試験の独学では、基礎力養成から入りましょう。とくに初学者は、基本的知識のインプットが重要です。それなしでいきなり難問に挑んでも、問題を理解できません。

学習期間が6カ月なら、最初の3~4カ月は基礎力養成に専念してください。テキストを読むだけでなく、過去問も解きながら要点を覚えていくのがおすすめです。

ただし試験範囲をひととおり勉強していない状態では、過去問の正解率も低いことが想定されます。間違えた問題の解説を読んだり、テキストとの照合を進めたりすることで、着実に知識を育てていきましょう。

テキストだけでなく時には過去問も交えながら、宅建士試験合格に必要な基礎力を身につけてください。

学習期間の終盤は直前対策期

本番までの2カ月~2カ月半前は、直前対策期です。ここでは復習と模試に専念してください。基礎力養成期で備わった知識の応用力を育てるためです。過去問や模試で、これまでの独学の成果を感じながら、本番に向けて欠点を解決していきましょう。

基礎力を学ぶ段階で覚えた知識を、繰り返し使うことが大切です。何度も復習を重ねることで、要点を忘れなくなります。宅建士試験の独学では、本番直前になったらこの繰り返しが大切です。

基礎力養成期では、暗記や理解といったインプットが大切です。一方で学習期間の終わりごろは、解答の練習を重ねることで、アウトプットを繰り返してください。

宅建士試験の独学スケジュール作成のポイント

宅建士試験に向けて独学の計画を作るには、さまざまなポイントがあります。何よりも科目と時期に合わせた時間配分が重要です。加えて学習範囲に対する優先順位の付与や、法律用語の暗記時間なども見逃せません。以下で詳細なポイントを紹介します。

科目と時期に合わせてスケジュールを作る

宅建士試験の独学では、科目と時期に応じた計画構成が大切です。ここでは権利関係と宅建業法の配点が多いため、それを中心とした学習計画を作ってください。配点が多い科目ほど重要度が高いからです。配点が少ない科目は、勉強時間を抑えながらも、効率的に要点を覚えてください。

時期に応じた学習モードの変化も大切です。学習期間の前半は基礎力養成として、後半は直前対策のモードに切り替えましょう。基本的なインプットだけでなく、復習期間も大切です。以上によって効率的な知識定着を進められます。

学習計画はやみくもに作るのではなく、基礎力養成と直前対策の時期に分けてください。それぞれにおいて、試験範囲をバランスよく学ぶことが大切です。

学習範囲に優先順位をつける

独学の計画が決まったら、学習範囲に優先順位をつけてください。合格の可能性を高めるには、要点理解を優先しましょう。以上の取り組みによって、スムーズに勉強がはかどるからです。

各科目とも頻出要点の理解を優先すれば、得点力向上につながります。あまり出ない問題がわからないときは、後回しでもかまいません。重要性が高い、またはわかりやすい問題の解答を優先すれば、確実に得点を稼げます。高得点を目指すなら、重要点を中心に上達を重ねていきましょう。

1週間のなかで全科目をバランスよく勉強する

宅建士試験に限らず、独学では1週間のなかで、全科目に対するバランスのとれた学習が大切です。これはすべての科目を、同じ時間だけ勉強するという意味ではありません。科目別の重要度に応じて、理想的な時間配分で学ぶことです。

宅建士試験の場合、1週間の勉強時間を21時間としましょう。権利関係と宅建業法を各7時間、法令上の制限を5時間、税その他は2時間程度が望ましいといえます。

一方で、特定期間にひとつの科目だけを勉強するのはおすすめできません。ほかの科目の勉強に気を取られると、前に学んだことを忘れてしまい、復習に手間取るからです。1週間のなかで、権利関係や宅建業法を中心としつつ、すべての科目に触れる機会を作ってください。こうしたところに細心の注意を払えば、バランスのよい学習が可能です。

法律用語の暗記時間を作る

宅建士試験の独学時間では、法律用語の暗記時間を設けましょう。英語に対する単語のように、法律用語の暗記は基礎中の基礎だからです。基礎の徹底によって、本番の応用問題もスムーズにこなせるでしょう。

問題によっては事例別の対応を問うものもあります。その場合は暗記だけでは解けません。しかし知識を活かすには、法解釈の記憶が大切です。基礎力養成段階で暗記をしてこそ、応用力を活かすきっかけになります。

以上から宅建士試験の独学において、暗記は欠かせない要素です。

宅建士試験の独学のポイント

宅建士試験の独学では、さまざまなポイントを心がけてください。まずは穴を作らない勉強です。加えて基礎の学習期では細かいことを気にせず、とにかく試験範囲を進めることに専念しましょう。必要に応じて合格者の体験談を見るのもおすすめです。独学のポイントを以下で紹介します。

穴を作らない勉強を心がける

宅建士試験の独学をするうえで、穴を作らない学習方法が大切です。 苦手分野がなるべく残らないように、要点を素早く覚えてください。苦手意識をなくすことで、宅建士試験の勉強に対して前向きになれます。

過去問や模試で苦手科目がわかったら、1週間のなかでその部分の学習時間を少し増やしてみませんか。とくに権利関係や宅建業法は配点が高いため、苦手意識があると致命的です。少し多めに時間をかけてでも、難問の解決に努めましょう。

このように宅建士試験の独学では、苦手分野を残さないことが、学習段階で重要です。

基礎学習で細かいところを気にしない

基礎学習では、細かい点を気にせず進めてください。学習期間における基礎力養成期では、物事をまんべんなく理解することが大切です。ベーシックな要素の理解に専念し、テキストの最後までたどり着くことを意識してください。

基礎学習の段階でわからないこともあるでしょう。その場合は科目や分野をメモしてから、あとで一度見返すのがおすすめです。勉強終了後やちょっとした空き時間に見返すことで、理解を深められます。以上から基礎学習では、わからないことがあってもつまづかず、最後まで通す意識が大切です。

合格者の体験談もチェック

インターネットやSNSで、合格者の体験談を見てみましょう。合格までの勉強法やモチベーションの保ち方を聞くことで、参考になるかもしれません。目当ての情報があれば、学習意欲の刺激にもつながります。

とくに宅建士試験の独学では、モチベーションをうまく保てない可能性に注意です。独学合格した人の体験談を確かめることで、勉強へ前向きになるコツがわかるでしょう。このような情報共有が、学習生活の助けになります。

何かあったときは、合格体験を読むなどして、心を落ち着かせましょう。

宅建士試験の独学合格には暗記が重要

宅建士試験を独学で合格するには、暗記が重要です。応用問題への対応力も、法律への理解がベースになります。また暗記に努める時間帯を適切に選べば、効率的な学習につながるでしょう。暗記のポイントを以下にまとめました。

暗記力をもとに応用問題への対応力をつける

宅建士試験の独学合格では、暗記を避けて通れません。基礎力を鍛える段階では、専門用語や法律の暗記がどうしても中心になります。一方で記憶の蓄積により、理解力を試す問題にもうまく対応できるのが特徴です。

暗記したことを応用できるように、過去問を解く習慣もつけてください。過去問から要点を覚えれば、頻出問題への対応力が上がるからです。適切な学習プロセスによって、暗記した知識を多方面で使いこなせるようになります。

暗記だけでは宅建士試験に合格できません。しかし知識の発展には、暗記が重要であることも忘れないでください。

暗記のゴールデンタイムは就寝前

暗記にふさわしい時間帯として、就寝前が挙げられます。寝ている間に記憶整理が進むからです。就寝前に覚えたことは、記憶整理を受けた結果、忘れにくくなります。この性質を活かして、学習時間を振り分けるとよいでしょう。

たとえば専門用語や頻出要点の暗記は、就寝前に集中するのがおすすめです。以上の実践により、そのあとの勉強も効率的に進められます。1日の勉強時間は人それぞれですが、就寝前は基本的に学習時間の確保をしやすいのが特徴です。このときに記憶力を刺激すれば、そのあとの学習でも有利になれます。

宅建士試験の独学では過去問に力を入れよう

宅建士試験の独学では、過去問が重要です。過去問で何度も問われていることは、次の本番でも取り上げられる可能性があります。知識定着のため、最低3回繰り返すのがおすすめです。ここでは過去問の重要性を解説します。

要点をつかみやすい

過去問を解く習慣によって、頻出要点をつかみやすくなります。過去問で複数回問われる題材は、宅建士試験の要点になりやすいからです。

宅建士試験は重要点を繰り返し問うケースがあります。一方で同じ題材でも、文章や事例を変えた出題に気をつけてください。しかし過去問を繰り返し解くことで、新しい問い方にも対応できるようになります。

過去問からたくさんの要点をつかむほど、応用問題にも落ち着いて取り組めるでしょう。

最低3回繰り返そう

過去問は最低3回繰り返してください。繰り返し解くことで、要点を忘れなくなるからです。問題ごとに適切な対処法がわかれば、試験本番でも手ごたえを感じやすくなります。

過去問の利用段階に応じて、使い方も変えてください。たとえば1回目は理解度にかかわらず、解いてみることを優先します。この段階では、問題ができなくても大丈夫です。出題方法を知ることで、得点を上げる戦略を考えるきっかけをつかんでください。

2回目は苦手分野を中心に、理解を進める段階です。解答を読むだけでなく、テキストを参照しながら答え合わせを進めることが大切です。

3回目は本番と同様の緊張感で臨み、実力を試してください。前の2回で間違えた問題について、正解する意識を高めるのです。このように段階に応じて過去問を使い分ければ、理解を深められます。

宅建士試験独学モチベーションを保つ方法

宅建士試験の独学では、モチベーションの維持が課題です。そこでネットやSNSで有益な情報を探してみましょう。どうしても気持ちが苦しいときは、1日だけ勉強から完全に離れることも選択肢です。モチベーション維持のポイントを、以下で紹介します。

インターネットやSNSで有益な情報を探す

独学のモチベーションを保つには、インターネットやSNSで有益な情報を調べてみましょう。モチベーションの保ち方や、わからない問題のヒントなどを探すのがおすすめです。

たとえば一度落ちた意欲を高めるには、仲間との情報共有をしてみましょう。そこで宅建士試験に臨む人たちによるコミュニティに参加してみませんか。苦しいのは自分だけではないと思うと、気が楽になるかもしれません。

わからない問題があったときは、ネット検索をするのがおすすめです。テキストと違ったわかりやすい解説によって、理解が進むでしょう。このようにインターネットやSNSで有益な情報を見つければ、気持ちを落ち着けられるかもしれません。

1日だけ勉強から完全に離れてもいい

どうしてもモチベーションが上がらないときは、休息日を設けましょう。気分転換につながるからです。

勉強をしない日が集中すると、計画が崩れるのでよくありません。しかし1日だけ気分転換の日を設け、その次の日から勉強をしてみることで、意欲が増す可能性があります。その結果として、前よりも学習がはかどるかもしれません。

気分のリフレッシュは、一度下がったモチベーションを高める方法として覚えておきましょう。

独学で学ぶより、通信講座フォーサイトで効率よく学ぼう

宅建士の知識は独学よりも、通信講座フォーサイトから学んでみませんか。2021年度において、フォーサイト受講者の宅建士試験合格率は82.0%で、全国平均の4.63倍だからです。

フォーサイトはeラーニング「ManaBun」を使って、ライフスタイルに応じた学習計画の実践が可能です。スケジュールの面からサポートしてくれるツールは、学習生活の味方になるでしょう。以上から宅建士試験でも、フォーサイトがあれば助かります。

まとめ

宅建士試験の勉強時間相場は、独学だと約300~500時間以上とされます。独学でも合格できますが、計画性が大切です。権利関係と宅建業法を中心に、バランスのとれた学習を進めてください。

就寝前の暗記や、過去問からの要点把握などのコツも重要です。このような実践により、効率的な学習ができます。

宅建士試験は専門的知識も問われるため、独学合格を目指すならモチベーションの維持が大切です。それだけでなく、要点を短期間で理解するための工夫もしましょう。