宅建の過去問は過去20年分を18回繰り返しました

性別女性
年代40代
試験年度2019年(令和元年度)
エリア兵庫県
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業無職,主婦
勉強法過去問
商品DVD,テキスト,道場破り
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私は中国人の方で日本人の主婦です。宅建試験は初めでです。私が購入したのは宅地建物取引士基礎+過去問試験対策DVDセットです。ちょうど一年前から勉強を始めました。購入したセットが届いてから真剣に勉強が始まりました。最初はすごく不安でした。日本語の意味は分からなかったらどうしようか、過去問がうまく行かないとどうしようかをいろいろ考えました。まず毎日3時間の勉強を設定しました。道場破りでスケジュールを作りました。テキストをいつまで終わりする、講義はいつまで終わりする、確認テストはいつまで終わりする、過去問はいつまで終わりする、一つ一つちゃんと実施できるようにスケジュールを作ってその通りにしました。月曜日から金曜日までは勉強して土曜日と日曜日はいろいろ活動があるので時間がある時に勉強すること決めました。

最初は早いスピードでテキストを読むと道場破りの講義を見ました。1回目の時はさっぱり分からないことばかりでした。2回目から一つ一つテーマをゆっくりで読みながら色ペンでポイントのところを書いたり、メモしたりしました。3回目は細かいところをノートに書いたりしました。その後過去問を入りました。過去問は1回目時の点数は半分しか取れていないです。時間も2時間ぎりぎりかかりました。少し心配でした。やっばり覚えることは時間が必要だと思いました。過去問は過去20年の分を18回ぐらい繰り返してやりました。毎回間違えたところはメモしたり、テキストを読んだりクリアしました。それでも次の時にまだ間違えた時もよくありました。試験直前1ヵ月前の時は、過去問で自分が弱いところを整理して、もう一回テキストを読んだりし、ノートを書いたりしました。その間に自然で覚えるようになりました。試験の当日は平日の準備がちゃんとやっているのでそんな不安があまりなかったです。問題をよく読んで解答しました。最後30分時間を残して全問の答えをチャックしました。



一年間の勉強は楽しかった。窪田先生のお陰で合格しました。自分の努力の上で合格したので本当に嬉しいと思います。有り難うございました。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る