合格体験記

合格体験記

簿記通信講座
合格体験記
「宅建」

簿記に合格した方々の間で、その次の資格としてよく選ばれているのが「宅地建物取引士」、いわゆる「宅建(宅建士)」です。簿記の合格者が宅建を持つことでどんなことが期待できるのでしょうか? 宅建は、かつては宅地建物取引主任者と呼ばれていました。これは、不動産の売買取引の場に立ち会って、その契約内容の説明を引き受ける資格です。宅建は、マンションや戸建て住宅の販売業において絶対に必要となる資格です。法律の保護が手厚いため人気が高いのです。簿記と宅建の間に直接の接点はないでしょう。しかしどちらも、資格を使って就職したい方の間で評判がとても良い資格です。合格率や難易度について、よく比較をされています。
※弊社サービス改定に伴い、旧コース/旧サービス内容の表現がございます。予めご了承ください。

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。

まずは実際の無料テキストを体験してください!