フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

フォーサイトも在宅勤務を積極的に進めています。

まず、社員のみならず、アルバイト・派遣の方にも、自宅用のパソコンを配布しました。

また、自宅に机がない、椅子がない場合、会社の負担で購入しました。

そして、WEB会議システムなど、在宅勤務に必要な物は徐々に導入しました。

目標は、会社より居心地のいい在宅勤務を実現することです。

在宅勤務には、通勤時間がいらなくなる、家族との時間が増えるという利点があります。

もちろん、モチベーションをどう維持するのか、管理職はどのようにスタッフを指導するのかという問題もあります。

これらの問題もひとつひとつ丁寧につぶして、コロナ収束後も、在宅勤務を定着させたいと考えています。



4月下旬から、昔見たTBSの「JIN-仁-」が再放送されています。

初回放送の際も、家族で毎週、熱心に見ていました。

今回も、毎週、楽しみに見ています。

何度見ても、素晴らしいドラマだと感心しています。

そして、見るときによって、感じ方がずいぶん違うものだと感じています。

人は誰かのために生きるべきだとつくづく感じています。

コロナの影響で、再放送が多くなっていますが、名作を再度見られる機会ができ、これはこれで満足しています。



11

2020/05

散歩

プライベート

コロナの前までは、毎日、スポーツクラブに行って、汗を流し、サウナに入るのが日課てじた。

しかし、スポーツクラブに行けなくなったので、生活パターンを変えました。

まず、筋トレは、道具を買って、自宅でやるようになりました。

そして、ランニングは自宅の周辺を散歩するようになりました。

今のマンションに転居して、1年半経ちますが、これまで周辺を散歩することはあまりありませんでした。

散歩していると、毎日、いろいろな発見があり、土地に対する愛着がわいてきました。

実は、今年の10月でマンションの契約の更新です。

今まで、次はどこに転居しようかと考えていましたが、しばらくはここに住んでみようかなと考えています。



04

2020/05

手術

プライベート

4月初旬、白内障の手術をしました。

やはり歳には勝てません。笑

おかげ様で術後の経過は順調です。

まず、左眼の手術をして、1週間後に右眼の手術をしました。

術後は眼を使ってはいけないので、寝るしかありません。

テレビも見てはダメです。

終日、ただ寝ているだけというのは、これまで経験がないものでした。

これまでの睡眠不足を一気に解消することができました。

また、2週間、頭を洗ってはいけませんでした。お風呂もダメでした。

そこで、2回ほど美容院に行って、シャンプーをしてもらいました。

2週間ぶりのお風呂は最高でした!!

健康って、大事ですね。



今までのフォーサイトのeラーニングシテスム「道場破り」は、徐々に新システム「ManaBun」に移行しています。

この新システム「ManaBun」は構想に3年、そして、開発完了は今後3年かかると予想しています。
完成すれば、世界トップレベルのeラーニングシステムであると自負しています。
このために、新たに取得した特許は、現時点で計12個、そして、現在、審査中のものと今後、申請する予定のものを含めると計20個もの特許からなる巨大シテスムです。
開発費も総額3億円を超えます。

特許申請もある程度、落ち着いてきたので、現在、社内用の設計書を書いています。
特許申請書は一般の方が読んでも、なかなか理解できません。システムの方にわかってもらうには、システムの用の設計書が必要だからです。

新しく公開された「ManaBun」は、現時点では、今までの「道場破り」と見た目はほとんど変わりません。
ただ、中身は最新のコードで書かれ、データベースも全く異なります。
そして、今後3年間をかけて、新機能を一つずつ実装、公開していきます。
これにより、合格率が徐々にアップしていくものと期待しています。
今後も、フォーサイトにご期待ください。



毎日、スポーツクラフに行っていましたが、コロナの影響で、1か月以上、行くのをやめています。
経営者である以上、なるべくかからないようにすべきだと考えているからです。

自宅でなるべくトレーニングをやろうと、ダンベルや腹筋台を購入しましたが、今、ひとつやれていません。

それにもかかわらず、今までよりたくさん食べています。
自宅で自炊する機会が増えたためです。
どうしても、食材を買って作ると、量が多くなるためです。

だから、体重もおかげさまでかなり成長しています。笑

早く、コロナが収束し、毎日、スポーツクラブに行きたいものです。



「商品開発マニュアル」が完成しました。
次は、「経営計画書」をまとめました。

今まで、経営に関して、考えていること、計画など、たくさん書いて、社内で配布してきました。
かなりの分量になったので、これを1冊の本にまとめてみることにしました。

過去に書いていたものを全部、再度、読みなおし、現在の考えを反映するという作業をしました。

以前書いた経営計画書を読んでみると、経営者として未熟だったと思う反面、昔の方が今より情熱があったかもとも思い、反省しました。

その時、その時、自分の考えをまとめるということは、自分の成長がわかり、大切だと感じました。
出来上がり次第、全スタッフに配布する予定です。



実は、ドラマ・映画が大好きです。
最近では、アカデミー賞を受賞した「パラサイト 半地下の家族」も見ました。
韓国映画らしい、驚きの展開でした。

ドラマも、
火曜日の夜は、「恋は続くよどこまでも」
金曜日の夜は「病室で念仏を唱えないでください」
日曜日の夜は、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」と「テセウスの船」を見ていました。

しかし、このうち、「麒麟がくる」以外は、3月の中旬ですべて最終回になってしまいました。
残念です。
特に、「テセウスの船」は最高でした。

これらのドラマは、仕事のモチベーションアップのために見ています。
今日はここまで仕事したら、夜はご褒美としてドラマ!!
こんな感じです。

4月からどんなドラマが始まるのか、楽しみです。



橋下徹著 SB新書刊 「異端のすすめ 強みを武器にする生き方」を読みました。

以前から、テレビなどで橋下氏の行動、言動を見て感心していました。
常に、自分の意見を持ち、非難されても強い意志で行動する姿を見て、尊敬していました。
だから、橋下氏の著書を読んでみたいと考えていました。

●「自由」「権利」の裏側には、「責任」「義務」がある。それを表裏一体として仕事をする。
このご時世、自分の「責任」「義務」を全く果たしていないのに、
自分の「自由」「権利」ばかりを主張することが多いすぎると思います。
まず、自分の「責任」「義務」を果たした上で主張することはとても大切なことだと思います。

●自分の中に「持論工場」を持て
ネットによって情報量は飛躍的に増大しています。
だから、情報を鵜呑みにする方が増えていると感じています。
大切なことは、たくさんの情報を知ることではなく、情報は少なくてもいいから、
その情報から自分の考えを確立することだと思います。
自分の考えをしっかり確立し、ぶれない自分の軸を持つように努力したいと思います。

●心から納得できる人生を生きる。一切後悔しない行動力
人生、納得できるかどうかは、お金持ちになったどうか、成功したかどうか、結果を出したかどうか、
目標を達成したかどうかではなく、自分のエネルギーをすべて出し切って完全燃焼したかどうかで決まります。
素晴らしい考えだと思いました。

ぜひ、ご一読ください。



フォーサイトにも評価制度がありますが、その内容は今一つのものでした。
いろいろ聞いてみると、サラリーマンのほとんどの方が
自分の会社の評価制度に不満をもっていることがわかりました。

その理由は、評価基準が抽象的過ぎて、きちんと判断できない、
だから、評価にすごく時間がかかる。
にもかかわらず、それが業務に役立っているようには思えない、というものです。
私も同感でした。

ならば、自分で新しい人事制度を作ろうと考えました。
まずは、現在、刊行されている主だった人事制度の書籍を買い、
それをすべて精読しました。かなり分厚い書籍を15冊ほど読みました。

そして、フォーサイトに合った人事制度はどのようなものかを考えました。
そして、それを資料としてまとめました。

16日間、ほとんどこればかりやり、なんとか資料にまとめてみました。
これにより、評価制度がどのようなものかきちんと理解できました。

そして、自分としては満足できる制度が出来上がったと思っています。
あとは、この運用を通じて、一人ひとりが成長してもらえればと考えています。



1 / 3612345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。