フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

私が経営の参考にしている会社のひとつにニトリがあります。

ニトリに関する書籍はなるべく読むようにしています。

最近、刊行されたのが、大和書房刊「ニトリの働き方」似鳥昭雄著です。

今までニトリに関する書籍は似鳥社長が書いたものか、ライターによって書かれたものでした。

本書は、そのかなりの部分が、社員によって書かれています。

社員が書いた部分を読むと、ひとりひとりの社員が本当によく経営理念を理解し、それを自ら考え、実践していることがわかりました。

素晴らしい企業は、ひとりひとりの素晴らしい社員によって構成されているのだとつくづく感じました。

少しでも、ニトリに近づけるように、フォーサイトも頑張らなければと思いました。



フォーサイトには、社長会というイベントがあります。

社長会というのは、社長の私が作った昼食を社員の方にふるまうという企画です。

この社長会は多いときで週2回ほど実施していました、

しかし、3月からコロナ対策のため、社長会は中止していました。

ただ、再開して欲しいという声が寄せられていたので、十分にコロナ対策をした上で、10月下旬より、再開しました。

食事は、カニ鍋、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、カレーなどです。

ただ、以前は、1回10人程度で実施していましたが、スタッフが急増しているため、今回から1回16人で実施しています。

16人分の料理を作るとなるとそれなりに大変です。

実施する日は、朝8時に会社に来て、準備しています。

大変ですが、期待している社員もたくさんいるので、続けられるだけ続けたいと思います。



最近の若い方と話していると、生きるベースのような考え方がないと感じます。

だから、「人生、こんな風に考えて生きるといいよ」という内容が書いてある本がないか探していました。

昔の本なら、いろいろあります。

ただ、昔の本なので、今の若い方に薦めてもピンと来ないのではと悩んでいました。

そんな時、探し当てたのが、渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」です。

かなり前に一度、読んだことがありましたが、再度、読んでもすばらしい本だと思いました。

上から目線ではなく、ひとつひとつ丁寧に生き方について書かれた本です。

今月、フォーサイトでは、この本を全スタッフに配布し、読んでもらっています。

少しでも、この本から何かを吸収していただきたいと思います。



10月下旬、社員旅行で1泊2日札幌に行ってきました。

今年は、コロナ感染予防の観点から全員で行う社員旅行はできないので、5人までのグループで、社員旅行を行うという形態にしました。もちろん、GoToキャンペーンも利用しています。

初日は、新千歳空港について札幌味噌ラーメンを食べ、夜はカニ。

次の日は、昼はジンギスカン、夜はお寿司。

食べて、食べて、食べての旅行でした。

今年はコロナのため、全く遊んでいませんでした。

久々にいい気分転換になりました。



27

2020/10

説教

会社について

●スタッフが落ち込んでいる時

「人生100%良いこともなければ、100%悪いこともない」

ある韓流ドラマで、主役が言っていた言葉です。ボクの好きな言葉です。

たとえば、病気になることは一般的には悪いことですが、それによって、健康のありがたみを理解できるという良い点もあります。

このように、どんなことでも、100%良いこともなければ、100%悪いこともありません。

だから、どんな時でも、良い点と悪い点を認識することが大切です。

●食事を残そうとした時

「アフリカではね、今日も食べるものがなくて、たくさんの子供たちがなくなっているのだよ」

今は、自分で食事を注文しながら、残す方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、それは食事を作ってくれた方にも失礼だし、食べ物がもったいないと思います。

●スタッフが仕事が大変だとぼやいている時

「今から3000年前、エジプトの人々は、現在のような機械もなく、ピラミッドを建設しました。君の仕事とピラミッドの建設はどっちが大変?」

仕事が大変、大変とぼやいているスタッフがたくさんいます。

でも、昔に比べたら、今の仕事は冷暖房完備の環境で、キーボードをたたいているだけです。

この3つの説教をいつもしているので、スタッフはほとんどグチを言いません。笑



在宅勤務を推進しています。

会議はマイクロソフトのTEAMSを使用しています。

ブレストミーティングのような意見を活発に出して、まとめてゆくような会議は、やはり会って会議するのが効率的です。

しかし、報告が目的の会議なら、WEB会議で十分です。

だから、会社で一番大きい会議室をなくし、事務スペースに改装しました。

今、事務所スペースを縮小する企業が増えています。

これによって、ムダな経費が削減され、より働きやすくなるといいと思います。



今回はフォーサイトのコロナ対策をご紹介したいと思います。

まず、出入り口で、全スタッフ、朝の出社時とお昼に検温しています。自動的に検温するシステムを各フロアーに設置しています。

また、手の消毒も徹底しています。

当たり前ですが、勤務中はマスク着用です。

机の上は、正面も両サイドもアクリル板が設置してあります。だから、勤務中に感染する確率は極めて低いと思います。

もちろん、講義を収録するスタジオも同様です。

食事もなるべく一人で食べることを推奨しています。

月2回、会社で無料で弁当を配布しています。

誰かと会食する場合は、5人以下とし、かつ、誰と会食したかの記録をつけています。

在宅勤務をきちんとこなしていただくために、ノートパソコンはもちろん、希望者には机・椅子・照明・プリンターも支給しています。

これから、いろいろな国家試験の時期です。

コロナ感染者を出すことなく、受講生のサポートを全力で行っていきたいと思います。



これから、宅建試験をはじめとするさまざまな国家試験が実施されます。

滞りなく試験が終わり、一人でも多くの方が合格されることをお祈りしています。

今年はコロナのため、さまざまな困難があったと思います。

「果たして、試験は実施されるのか、もし、実施されなかったら、これまでの勉強はどうなるのか?」

「会社の状況がよくないので、不安だ」

いろいろな不安があったと思います。

そのようなさまざまな不安に打ち勝って、勉強を続けられたことは本当に立派だと敬服します。

ひとりでも多くの方が、無事、合格されることを、本当に、本当に、お祈りしています。



この1か月ほど、いろいろな社内の業務について、マニュアルを作成しています。

おかげさまで、毎年、スタッフ数が増えています。

少人数なら、口頭で教えることで足りますが、一定人数になると、どうしても文書化が必要です。

最初はなかなかやる気が起きませんでしたが、教材を執筆するのと同じだということがわかり、最近では、マニュアル作成が楽しくなってきました。

わかりにくいものをわかりやすくまとめることが昔から得意でした。

だから、マニュアル執筆も楽しいのだと思います。

これから半年かけて、社内の主要な業務について、すべてマニュアルを執筆する予定です。

これによって、少しでも業務の質がアップし、より質の高いサービスを提供できればと考えています。



コロナ感染予防のため、スポーツ・ジムを休会して半年。

その間、自宅で筋トレをしたり、散歩をしたり、努力しましたが、なんと体重は15キロ増。笑

このまま太り続けるより、しっかり感染予防をして、スポーツ・ジムに戻った方がいいと判断し、久しぶりにトレーニングを再開しました。

やはり、体を動かすことは、本当に気持ちがいいものです。

マスクをしながらのランニングマシーンはきついですが、これも仕方ないと思ってやっています。

日々の運動は本当に大切だと痛感しました。



1 / 3812345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。