フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

先日、特許庁から連絡があり、14個目の特許が取れました。

以前、取得したものも入れると、合計16個目です。

今回の特許は、予定通りに勉強するとポイントが付与されますが、さぼると、その倍のポイントが没収されるというシステムに関するものです。

人は、何か報酬がもらえるより、何かを失うことを嫌がります。

それをベースに、きちんと勉強を続けてもらえるシステムを考えました。

これについても、なるべく早くシステムを完成させたいと思います。

ご期待ください!!



以前より、多くの方から受講生間の交流が図りたいというご要望をいただいておりました。

そこで、習慣化促進アプリ『みんチャレ』を提供するエーテンラボ株式会社と提携し、1 月 4 日より「みんチャレ」アプリ内でフォーサイト受講生限定「公式チャレンジ」の提供を開始しました。

コロナ禍により自宅での学習機会が増えており、With コロナ時代の学習スタイルとして、受講生同士で目標に向かって励ましあいながら学習が進められる当チャレンジを提供します。

これにより、さらにモチベーションを高め、ひとりでも多くの方に合格していただければ幸いです。



明けまして、おめでとうございます。

今年は昨年以上に飛躍したいと思います。

これまで準備していたサービスが昨年同様、続々と開始します!!

これによって、今まで以上に高い合格率を実現し、より満足度の高い通信講座を提供していきたいと考えています。

個人の目標として、コロナのため、1年半でなんと゜17キロも太ってしまったので、ダイエットしたいと思います。

また、今年は新しい社員研修システムについて研究したいと思います。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。



早いもので今年もあとわずかです。

昨年は、将来に向かっての種まきをたくさんしました。

今年は、それらが少しずつ実になった年でした。

まず、eラーニングシステムが「道場破り」から「manabun」に変更になりました。

今後、取得した特許に基づく機能を実装していきます。

これにより、来年はさらに進化します。

また、eライブスタディも開始しました。

通信講座だとどうしても刺激が足りません。そこで、講師によるライブ講義を開始しました。

来年はさらに新しい機能が追加されます。

さらに、バーチャル講師がデビューしました。

これは業界ではじめの試みです。

幸い、多くの方からご好評をいただいております。

来年はどんどん新講座を提供します。

来年、フォーサイトはさらに大きく飛躍します!!

ご期待ください。



コロナ感染拡大の中、やむをえず忘年会を中止しました。

やはり1年の締めくくりとして忘年会は何としてもやりたいと思いました。

ただ、ほとんどの企業が忘年会を自粛しています。

そこで、どのようにすれば、感染しないで忘年会を実施できるか、みんなで知恵を出しました。

そこで、出たアイデアが、まず、サイレント忘年会です。

食事だけ、黙ってみんなで食べる忘年会です。

しかし、1年最後の締めくくりとして、みんなでワイワイガヤガヤするのが忘年会なので、このアイデアは没となりました。

次に出た案が、グループ忘年会です。

全員一斉で実施すると感染リスクが高まります。

ならば、自分の好きなメンバー4名までで、同じ時間帯に、バラパラのお店で忘年会を実施するという案です。

でも、これって忘年会なの? ただの飲み会じゃん、という意見が出て、これも没となりました。

この結果、忘年会は中止となりました。仕方ないですね。

来年こそは忘年会ができるといいですね。



おかげ様で、フォーサイトも順調に成長しています。

そのため、教材の配送を行っている名古屋支店が手狭になっています。

そこで、これを現在の倍の大きさに拡張することを決定しました。

2021年8月に工事を着工し、2022年6月に竣工の予定です。

これにより、より早く、正確に、受講生の方に教材を送付することが可能になります。 ますますフォーサイトは躍進します!!



先日、特許庁から連絡があり、14個目の特許が取れました。

以前、取得したものも入れると、合計16個目です。

今回の特許は、自宅での学習を図書館での学習のようにレベルアップするシステムです。

自宅だとついつい勉強をさぼってしまいがちですが、図書館だと周りからやる気をもらって勉強がはかどったという経験がある方は多いと思います。

そこで、なぜ、図書館では勉強がはかどるかを分析し、それを自宅で再現するシステムを考えました。

これについても、なるべく早くシステムを完成させたいと思います。

ご期待ください!!



私が経営の参考にしている会社のひとつにニトリがあります。

ニトリに関する書籍はなるべく読むようにしています。

最近、刊行されたのが、大和書房刊「ニトリの働き方」似鳥昭雄著です。

今までニトリに関する書籍は似鳥社長が書いたものか、ライターによって書かれたものでした。

本書は、そのかなりの部分が、社員によって書かれています。

社員が書いた部分を読むと、ひとりひとりの社員が本当によく経営理念を理解し、それを自ら考え、実践していることがわかりました。

素晴らしい企業は、ひとりひとりの素晴らしい社員によって構成されているのだとつくづく感じました。

少しでも、ニトリに近づけるように、フォーサイトも頑張らなければと思いました。



フォーサイトには、社長会というイベントがあります。

社長会というのは、社長の私が作った昼食を社員の方にふるまうという企画です。

この社長会は多いときで週2回ほど実施していました、

しかし、3月からコロナ対策のため、社長会は中止していました。

ただ、再開して欲しいという声が寄せられていたので、十分にコロナ対策をした上で、10月下旬より、再開しました。

食事は、カニ鍋、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、カレーなどです。

ただ、以前は、1回10人程度で実施していましたが、スタッフが急増しているため、今回から1回16人で実施しています。

16人分の料理を作るとなるとそれなりに大変です。

実施する日は、朝8時に会社に来て、準備しています。

大変ですが、期待している社員もたくさんいるので、続けられるだけ続けたいと思います。



最近の若い方と話していると、生きるベースのような考え方がないと感じます。

だから、「人生、こんな風に考えて生きるといいよ」という内容が書いてある本がないか探していました。

昔の本なら、いろいろあります。

ただ、昔の本なので、今の若い方に薦めてもピンと来ないのではと悩んでいました。

そんな時、探し当てたのが、渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」です。

かなり前に一度、読んだことがありましたが、再度、読んでもすばらしい本だと思いました。

上から目線ではなく、ひとつひとつ丁寧に生き方について書かれた本です。

今月、フォーサイトでは、この本を全スタッフに配布し、読んでもらっています。

少しでも、この本から何かを吸収していただきたいと思います。



1 / 3912345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。