フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

在宅勤務を推進しています。

会議はマイクロソフトのTEAMSを使用しています。

ブレストミーティングのような意見を活発に出して、まとめてゆくような会議は、やはり会って会議するのが効率的です。

しかし、報告が目的の会議なら、WEB会議で十分です。

だから、会社で一番大きい会議室をなくし、事務スペースに改装しました。

今、事務所スペースを縮小する企業が増えています。

これによって、ムダな経費が削減され、より働きやすくなるといいと思います。



今回はフォーサイトのコロナ対策をご紹介したいと思います。

まず、出入り口で、全スタッフ、朝の出社時とお昼に検温しています。自動的に検温するシステムを各フロアーに設置しています。

また、手の消毒も徹底しています。

当たり前ですが、勤務中はマスク着用です。

机の上は、正面も両サイドもアクリル板が設置してあります。だから、勤務中に感染する確率は極めて低いと思います。

もちろん、講義を収録するスタジオも同様です。

食事もなるべく一人で食べることを推奨しています。

月2回、会社で無料で弁当を配布しています。

誰かと会食する場合は、5人以下とし、かつ、誰と会食したかの記録をつけています。

在宅勤務をきちんとこなしていただくために、ノートパソコンはもちろん、希望者には机・椅子・照明・プリンターも支給しています。

これから、いろいろな国家試験の時期です。

コロナ感染者を出すことなく、受講生のサポートを全力で行っていきたいと思います。



これから、宅建試験をはじめとするさまざまな国家試験が実施されます。

滞りなく試験が終わり、一人でも多くの方が合格されることをお祈りしています。

今年はコロナのため、さまざまな困難があったと思います。

「果たして、試験は実施されるのか、もし、実施されなかったら、これまでの勉強はどうなるのか?」

「会社の状況がよくないので、不安だ」

いろいろな不安があったと思います。

そのようなさまざまな不安に打ち勝って、勉強を続けられたことは本当に立派だと敬服します。

ひとりでも多くの方が、無事、合格されることを、本当に、本当に、お祈りしています。



この1か月ほど、いろいろな社内の業務について、マニュアルを作成しています。

おかげさまで、毎年、スタッフ数が増えています。

少人数なら、口頭で教えることで足りますが、一定人数になると、どうしても文書化が必要です。

最初はなかなかやる気が起きませんでしたが、教材を執筆するのと同じだということがわかり、最近では、マニュアル作成が楽しくなってきました。

わかりにくいものをわかりやすくまとめることが昔から得意でした。

だから、マニュアル執筆も楽しいのだと思います。

これから半年かけて、社内の主要な業務について、すべてマニュアルを執筆する予定です。

これによって、少しでも業務の質がアップし、より質の高いサービスを提供できればと考えています。



コロナ感染予防のため、スポーツ・ジムを休会して半年。

その間、自宅で筋トレをしたり、散歩をしたり、努力しましたが、なんと体重は15キロ増。笑

このまま太り続けるより、しっかり感染予防をして、スポーツ・ジムに戻った方がいいと判断し、久しぶりにトレーニングを再開しました。

やはり、体を動かすことは、本当に気持ちがいいものです。

マスクをしながらのランニングマシーンはきついですが、これも仕方ないと思ってやっています。

日々の運動は本当に大切だと痛感しました。



以前、半沢直樹がやっていた時は見ることができませんでした。

今回、視聴率が高いので、見ることにしました。

最初に見たときの正直な印象は、「なんだ、このオーバーなドラマ」というものでした。

オーバーなセリフ、オーバーなリアクション、ありえないシナリオ。

違和感の連続でした。

しかし、2回目に見たときに、これは「銀行版、水戸黄門なのだ」と変に納得してから、面白く感じるようになりました。

今では、毎週日曜日21時が楽しみです。



バーチャル講師がデビューして、はや1ヶ月。

デビュー前は、「もし、評判が悪かったらどうしよう」という不安もありましたが、ほとんどが良好なご意見ばかりで、感謝しています。

この2年間、いろいろ苦労しましたが、この企画をやってみて良かったと思いました。

2年前に、「アバターを講師にして教えたい」と言うと、ほとんどの方から、「一体、何を考えているの」という反応をされました。

しかし、この2年間で、多くのアバターが活躍するようになり、認知度も上がってきました。

そのような環境の変化も大きかったのだと思います。

リアル講師を抜くバーチャル講師を育てる。

この目標に向かって、努力します。



まずは、どのように始めたらいいのか、まったくわからなかったので、キズナアイのプロデューサーの方にアポを取り、いろいろ教えもらいました。

これで、どのようにすればいいのか、イメージをつかむことができました。

次に、Vチューバーのデザインを誰に発注すればいいのか、いろいろお話を聞きました。

値段も本当にピンキリでした。

ただ、作るなら、キズナアイと同じレベルにしたいと思い、有名なデザイナーさんに発注することになりました。

一番、大変だったのが、撮影システムの選定です。

たくさんの機材・システムがあり、ほとんどがアメリカのものです。

それをどのように組み合わせるのか、選定にも時間がかかりました。

一番大変だったのが、これまで、Vチューバーが講義をするというのがなかったので、その観点での機材選定でした。

本格的に準備を開始して、早2年。

たくさんの失敗、回り道をしてきましたが、やっと講義をリリースできそうです。

まずは、宅建講座を8月に開講しました。

お楽しみに!!



現在は、講師はやっていませんが、その前、30年間講師をやっていました。

その際、毎年、自分の講義アンケートで指摘されていたことがあります。

それは。

「講師は若い女性がいい」というものでした。

私にも高校時代に経験があります。

高校2年生の時の英語の先生は、本当に若くて、綺麗な先生でした。

だから、英語を一生懸命、勉強しました。

この経験から、なんとか若くて、綺麗な女性講師を採用できないかと思い、これまでいろいろ努力してきました。

ただ、資格の講師業は、中年男性ばかりで、予習・受講生への質問対応など、意外に長時間労働。しかも、そんなに報酬も高くありません。だから、若くて、綺麗に女性にとって

魅力的な職場ではありません。

だから、これまで、採用はできていませんでした。

3年前、たまたま、キズナアイを知りました。

そして、Vチューバーを講師にすることを思いつきました。

そして、それから、格闘が始まりました。



料理の腕がメキメキ上達するのし同時に、体重もメキメキ増えています。

ほとんどのレシピが2~3人分のためです。

そして、できた料理を一度に食べているからです。

食いしん坊なので、残して、次の日に食べるということができない性格です。

困ったものです。

今、どのように体重増加をストップさせるべきか、悩み中です。笑



1 / 3812345...102030...最後 »

山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。